記事一覧

年末⇒年始⇒真剣勝負⇒サクラサク

本日は年内最後の授業となります。
2016年も残すところあと2日です。
この冬、誰よりも「年末年始」という節目を意識して「いない」のは受験生のみなさんではないでしょうか。

昨日は夏以来久しぶりにism誉田の中3授業に入りました。
ぱっと見た限りでも髪型が違っていたり、身長が違っていたり、夏とは異なる姿がありました。
しかし、一番「違う」と感じたのは授業中の「姿勢」です。
夏はまだ体が斜めになっていたり、手遊びをしていたりしている様子が少々見受けられました。
しかし、昨日の授業ではそんな様子は全く見られず、全員が真剣に話を聞き、真剣に問題にあたっていました。
若干の驚きとうれしさを感じながらの授業でした。

実際の授業で生徒に配ったもの、伝えたことは3つです。
①入試直前最終確認プリント
②このお正月休みにすべきこと
③過去問の取り組み方
と、このようにお正月にすべきこと、国語で意識することなどを伝えていたら…。
「お正月って全く実感できない!」という叫びがありました。
すばらしい。
年末、年始など関係ない。
いつも通りにやるべきことをやる。
目標に向かって邁進する。
それが受験生のあるべき姿ということですね。
年明けも楽しみです!!

(教務 森山)