記事一覧

おじゃましました…

中学生の私立前期入試が進んでいる。発表も出そろう時期。発表が出るとは、合否がはっきりするということ(あ・た・り・ま・え)。

すでに進学校が決まった生徒さん。合格を勝ち取った生徒さん。残念ながら思うような結果が出せなかった生徒さん。様々だ。

教室に入ってみると、受かった生徒さんも落ちた生徒さんも、そして進学校が決まった生徒さんも真剣そのもの! 写真撮影おじゃましました… ひょっとして気にならなかったかな? みんな一生懸命。

ファイル 1804-1.jpg 

さて、難関高の入試。みんなに合格してほしい、と思う… でも、そうはいかない。それが難関高の入試です。悔しい思いをする生徒さんがいる。

本気で目指してきたからこそ悔しい。本当に悔しい。でもその悔しい思いが、成長につながる。次のスタートにつながる。ただ、「受かっちゃった」よりも、「がんばって受かった」が大事。そして、妙な言い方になるが、「がんばったけど落ちてしまった」経験もとても大事。その経験が次のスタートにつながるように、私たちは努力しなければならない。

「受験を通して 本人が成長する 成果を残す そして未来へ」

私立の後期入試、公立前期、公立後期と入試は続きます。
「反省しろ。後悔するな。」(松岡修造さんのことばですね)
受験生のみなさん、前を向いて進んでいきましょう。

田村