counter

記事一覧

特別講座最終日

県立千葉中対策特別講座TOP(トップ)も、はや10年になりました。きょうは10年目のTOPの最終日。もちろん、一次検査を突破すると二次検査対策が続きますが、いったん今日が区切りになります。

ファイル 2072-1.jpg

適性検査型の問題って、実に素晴らしい勉強だと思います。数日前の新聞に、国立大の入試改革として「高度な記述式」をめざすとありました。

ファイル 2072-2.jpg

高度な記述のイメージとして「複数の素材を編集・操作し、自らの考えを立論し、さらにそれを表現するプロセスを評価できる問題」と説明されていましたが、まさに適性検査で求められていることと同じです。

2日後に一次検査に臨むわけですが、これまでやってきた勉強は、その日一日のためだけにあるのではありません。
資料などの情報を自分なりに解釈し、理由を考えたり問題点や解決法を考えたりする、そういう勉強をたくさん積んできました。他人の考えや意図を理解しようとすること、自分の考えを伝えようとすること、そういう練習も積んできましたが、それは、将来どのような道に進むとしても欠かせないことです。

生徒諸君、ここでできないと・・・と深刻に考える必要はありません。入試というのは、失うか失わないかというものではなく、手に入るか入らないかというものです。
崖っぷちに立っていて失敗すると転落してしまう、というわけではなく、いま山のふもとにいて頂上に登りきれるかどうかというようなものです。あさって登りきれなかったとしても、転落するわけでもないし、山がなくなるわけでもない。また次のステージで、頂上目指して挑戦するわけだ。

特別な日と考えず、教わったことを思い出しながら、自分の力を全部出し、精一杯チャレンジしてくれば、それでいい。応援しているよ!

中学受験事業部長 福田