counter

記事一覧

ここが正念場

今日は、中3にとって大切なお話が教室長からありました。

ファイル 1985-1.jpg
燃える夏期講習が終わって学校が始まり、9月のこの時期は、実はたるみやすい時期。
過去の受験生が振り返って「あの時もっとやっておけば…」と悔やむのも、この時期なのです。

なぜかというと、秋はイベントが目白押し。
期末試験、体育祭、合唱コンクール、文化祭…など、受験生の気持ちを邪魔するものがたくさんあります。

しかししかし、頭がそちらにいってしまうと大変なことに?!?!
今は、とーっても大切な時期なんですよ。

私立入試が始まるのは1月、公立入試は2月3月。
「まだまだ時間はある。」そう思うかもしれませんが、じゃあ受験校を決めるのはいつ??
学校の三者面談は11月、塾の受験面談は10月。そこで受験校を決めます。

当然受かる見込みが全くないのに受けるわけにはいきませんから、模試のデータを参考にします。
10月に手元にあるデータ。それは9月の模試です!!

9月の模試で結果を出さなければ、志望校に受かるどころか、受けることもできなくなってしまうのです。

これを聞いて受験生たちは大焦り。
「やばい、どうしよう!」「定期試験勉強なんてやってる場合じゃない~!」
「そんな急に成績上げろって言われても、何やっていいかわかりません!」
という声が聞こえてきました。

でも大丈夫。
やるべきことは、すべて「完成への道」に書いてあります。

それでも不安な人は、先生のところにおいで。いつでも相談に乗るからね。

(ism誉田副教室長 佛坂)