counter

記事一覧

新たなスタート

きょう3月1日からいよいよ新年度。

さっそく新中3は座席決定テストが行われました。

いままで遅刻が多かったあの子が、今日は張り切って1時間前に来たりして・・・。(開始時間まちがえた?)

新中3は新入生も加わって20名でのスタートです。

昨年度の中2の最後の授業は2/22で、たった1週間しかたっていないのに、なぜかちょっと雰囲気が違って見えて・・・、顔つきも話しぶりも、なんだか歩き方も少し大人びて見えて・・・、いよいよ受験学年ということで意識が少し変わったかな?

「よしよし」と口元が緩んでいたら、

数学のテストが始まる前の休み時間に、「先生コンパス貸してくださ~い」って、「君たちね~、あれほど言ったのに~」

「しょうがないから今日は貸すけど、もう中3なんだからしっかりしてくれよ。模試や入試の本番でコンパスが無いなんてことじゃ困るぞ。」

やっぱりすぐに立派な受験生になるのはちょっと難しいか・・・。
まあ、焦らずやっていきましょう。

さて、生徒が帰ったあとは、スタッフで来週の新年度ガイダンスに向けて、テキストのセッティングをしました。

新しいテキストに触れる時って、緊張するけどなぜかわくわくしますよね。今まで苦手だった数学も、なぜか新しいテキストを手に取ると「今年は気合を入れて頑張っちゃおうかな?」なんて気になる。

来週は、新小4から新中3まで全ての生徒が塾に来てガイダンスを受けます。そして3/7(金)からいよいよ新年度の授業がスタート。

いや~、昨日中3が卒業したと思ったら、またすぐに新年度。当たり前ですが休む暇なし、ちょっとクタクタ。

でもね、新たなスタートに胸の中はワクワクなんです。

(ism誉田教室長 鴇田)

祝卒業! ~ism大網より~

2/28は最後の入試の日であり、中3生が卒業する日でもありました。

ファイル 1206-1.jpg
卒業パーティーから帰ってきて最後に集合写真をパシャリ。
誉田進学塾35期生ism大網21名、無事卒業しました。
ism大網がオープンしたのは、彼らが中学1年生になったときでした。その意味では彼らが本当のism大網1期生と言えるかもしれません。
後に合流した仲間も彼らに負けずに教室を盛り上げてくれました。この塾がなければおそらくは出会わなかったであろうことを考えると感慨深いものがあります。

失敗を覚悟の上でのチャレンジとはいえ最後の入試でうまくいかなかった生徒、合格はしたけれど入塾した時に思い描いていた学校ではなかった生徒、全員が入試の結果に本当に満足とはいかなかったと思います。そこはまだまだ私たちの力が足りず、本当に申し訳ありません。ですが誉田進学塾で最後まであきらめずに立ち向かったたこと、誉田進学塾で素晴らしい仲間に出会えたこと、そのことは彼らの人生にとって大きな財産となるのでないでしょうか。この誇りを胸に、堂々と次のステージへ進んでほしいと思います。

最後までがんばってくれてありがとう!!

ファイル 1206-2.jpg
※黒○ゲ危機一髪(卒業パーティーでUくんがゲットした戦利品)で遊んでなかなか帰らない人たち…。

(ism大網教室長 森賀)