記事一覧

アンケートありがとうございます

アンケートへのご協力をお願いしているところですが、
「リトルのほかに取り組んだ方がよいことはありますか?」
という質問をお寄せいただきました。ありがとうございます。

リトル担当の福田よりお返事します。これまでの指導経験と、我が家の家庭学習経験(中2と小5の子どもがいます)に基づいて書きますが、もちろん意見は様々だと思いますので、参考にできる部分だけつまんでいただければ幸いです。


基本的には、リトルの学習で十分だと思います。毎日20分程度の授業を・・・と思ってスタートしたのですが、やってみるともう少し長くなりました。日にもよりますが、毎日30分~60分の学習になっていると思います。9月から12月まで毎日取り組んでいくと、それなりの量になると思います。
「毎日」であることの効果もきっと高いはずです。我が家でも3年生のときに取り組んだのですが、「はなまるリトル」は子どもだけで進めるのは難しかったので、親が隣に座れるときにまとめていくつか進めるというような状態になってしまいました。我が家は3年生まで公文に通っていたので机に向かう習慣化はできましたが、結局「はなまるリトル」は終わり切りませんでした(その反省がリトル開設のもとになっています)。


習い事でどんどん先取りを進めたり、最高水準○○のような問題集に親子で取り組んでバリバリ進めている子どもも世の中にはたくさんいるので、上を見ればキリがないという部分はありますが、標準以上の学習を積んでおいて、来年以降の本格的な学習につなげると考えれば、リトルで十分だと思います。


リトルで十分だと思いますが、もし、やる気満々でもっと考えるならば、以下をどうぞ参考にしてください。

①計算力を高める

計算力はあればあるほどお得です。「ゆっくり正確に計算できる」生徒と、「速く計算できる」生徒は、圧倒的に後者の方が伸びます。速いと先を見通すことができて問題の正答率が上がりますし、
早く終わった分だけ別のことに取り組んでいきますので、差はどんどん開いていきます。計算は速ければ速いほどいい。
最終的には複雑な分数の計算問題を素早く解けるとよいですが、3年生の時点では、整数同士の暗算練習が効果的だと思います。百マス計算のようなものがよいでしょう。手軽に作れるし、取り組みやすいし、効果が見込めます。裏紙にでも問題を作ってあげればOKです。
なるべく急いでやって欲しいので、たとえば、1分勝負で25マス取り組んでみて、クリアしたら25マス、36マス、49マス、64マスと増やしていくのはどうでしょう。縦1桁+横1桁、縦2桁+横1桁、縦2桁+横2桁のように難度調節もできますね。
(いま隣にいるうちの子5年生で実験してみたところ、2桁+2桁を25マスで36秒でした。3年生だと2桁+2桁の25マスを1分でやるのを目標にするとちょうどかと。)
いけそうならば、2桁×1桁 に挑戦してみましょう。2桁×1桁が暗算できるようになると、割り算のスピードも上がるので計算がグンと速くなります。が、塾の4年生を見ていると難しいかな。無理しないようにしてください。

大切なのは、親が関わってあげることです。問題集を買い与えてやりなさいということでは、なかなかうまくいかないと思います。途中で止まってしまったり、わからなくて嫌気がさしてしまったりして、怒る原因を生み出すだけになりかねません。百マス計算であれば、問題を書いてあげて、タイマーを持って横で応援してあげて、丸付けしてあげて、誉めたり一緒に悔しがってあげたり、関わることが大切です。子どもは25マス、親は36マスのハンデ戦で勝負なんてのもおすすめですね。

②国語は精読!

国語を伸ばすには、ある程度は量を積む必要があります。そもそも文章が無ければ練習できないので。でも難しいのは、材料が少ないということです。書店には問題集がいくつか並んでいますが、正直言って設問や選択肢がイマイチなものが多い。当たり前すぎる答えの問題があったり、どれくらい答えればよいのか不明確な問題があったりと。しっかりしているものを選ぶと、子どもには難しいものになってしまいます。でもまだ3年生ですから、精読する材料になればよいと割り切ってしまってもいいかなと思います(つまり何でもよい。文章の長さで選ぶ?)。
算数と同じく、必要に応じて親が読んであげることが大切です(リトルの授業でやっているように)。
子どもが自分でやってみて丸付けということでもよいですが、読むのが苦手な子であれば、読んであげてから問題を解く方がよいでしょう。
横に座る親は、「教える」という気持ちはあまりなくても大丈夫です。場面を読み取ったり、気持ちを読み取ったり、「やっていることを見せる」ことが子どもの精読力のもとになっていきます。途中で子どもが知らなさそうな言葉や言い回しが出てきたら、ぜひ教えてあげてください。「知っている?わかる?」と子どもを試さないように。だいたい知りませんから(笑)。試さずに教えてあげてください。
語彙力がなくて文章が読めなかったり、設問の意味がわからずに間違えたりするのは、子どもには結構多いことです。「もっとも適当なものを選びなさい」に対して、文字通り「てきとう」に選ぶのは、うちの子もやっていた、低学年のあるあるです。

 
 
親が・・・と書きましたので、「親が見なきゃいけないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、低学年のあいだは必要なことだと思います。まずい状況になってから手を出すことになると、喧嘩になる上にもう改善は難しくうまくいきません。うまく走り出せるように助走段階に付き合ってあげた方が、結果的にうまくいきます。自転車に乗る練習をするのと同じです。


まっ、とりあえずリトルの毎日受講を優先してください。十分伸びるものになっていると考えています。横に座ったり遠めに見守ったりしながら毎日受講することを最優先にしてください。
福田

アンケートにご協力ください

リトルが始まってちょうど2週間が経ちました。
私たちにとっても初めての取り組みで手探り状態。みなさまの感触やご意見、ご感想をいただいて今後に生かしたく、アンケートへのご協力をお願いいたします。

https://forms.gle/HV1gT4ufScSFxTxy5

無記名方式ですので、どうぞ忌憚のないご意見をお寄せください。1ヶ月先くらいまで配信準備が進んでいるので、すぐに反映できないかもしれませんが、参考にして秋の授業につなげていきます。

ファイル 10-1.png

よろしくお願いいたします。

間違いを恐れずに

本日からスタートしました。
国語担当の柏原です。
ファイル 9-1.jpg
映像授業の中でも伝えていることですが

間違った問題にしっかり×をつけること

これは大切です。

現在塾で教えているsiriusの生徒たちは学校では優秀。
間違う経験をこれまでしたことがない生徒たちが多く、そうして塾に入ってくるのです。
塾ではこれまでと違い、正解しない問題が山ほどでてきます。
入塾して早い段階で、生徒たちに間違いについて伝えます。

間違うこと自体は全く問題ない。
大切なのはそのあと。
一番よくないのは間違っていないことにすること。

間違った答えは消しゴムで消さないようにしましょう。
しっかり×をつける。間違った問題をしっかり直すこと。
間違いこそ力を伸ばすためのカギなのです。
消してしまうということは伸びるための種をつぶしてしまったと同じ。

保護者の方にもお願いがあります。
間違えたことに対して責めたり、怒ったりしてはいけません。
間違いで怒られるから、間違いを隠そうとするわけです。
その間違いに向き合って、直しをしている姿勢をほめてあげてください。

力を伸ばすためにはある程度の負荷が必要です。
難易度やスピードは結構高めに設定しています。
時間内に終わり切らないことや、間違えたとしても何度も繰り返し学習します。
もちろん正解することが素晴らしいですが、たくさん間違ってこそ成長があります。
みなさんの成長を応援します。

(柏原)

興味を持って

今日から登場している算数担当の濵川です。
皆さん、よろしくお願いいたします。

『勉強をする』って一体どういうことなのでしょうか?
例えば、大相撲の力士の名前を覚えている子がいます。その力士がどの部屋所属であるかも、出身地まで覚えていたりします。

大相撲に全く興味を持っていない人が覚えなければならない環境になってしまったら…これは勉強するしかないわけです。

なかなか覚えられないなあ…と、感じる人が多いと思いますが…その子はどのように勉強して大相撲の力士を覚えることができたのでしょうか?
それは…大相撲が好きだから覚えることができたのです。簡単な答えです。
勉強するものを好きになることが一番の近道です。
また、そのレベルになると『覚えている』のではなく『知っている』というレベルになります。
『覚えている』ものは忘れてしまうけれども『知っている』ものは忘れません。

どのような授業をすれば、子供たちが勉強を好きになってくれるか?…担当全員が、毎回考え抜いて収録しています。
ビデオカメラなんかずっと持ったことがなかったけれど、今は恋人です♡
ファイル 8-1.jpg

これからも、皆さんが興味を持ってくれるように頑張っていきます!
だから皆さんも頑張ってください!
『頑張る』か『超頑張る』かの2択でお願いします!
(濵川)

楽しく学ぶ

毎日進んでますでしょうか?
国語担当の柏原です。
そろそろ私の担当した授業も始まると思います。
よろしくお願いします。
塾では鬼の柏原、略してオニワバラと呼ばれることもあります。

このリトルの授業に向けて、改めて勉強し直していることがあります。
それは「書き順」です。
確認しながら進めていると、結構間違って覚えていますね。
当たり前に書いていた漢字も一から疑って全部調べることに・・・。

大きくなってからでは習慣を変えるのは大変です。
染みついてしまってますから。
だからこそ、これからの皆さんには良い習慣を身に着けてほしいと思っています。

「勉強を楽しむ」

塾で教えていると感心するのが、勉強を心から楽しんでいる生徒たちがいること。
誉田進学塾で教えていて、私自身の勉強のイメージが崩れました。
私が小学生のころは、無理やり塾に行かされて楽しんで勉強できた経験はほとんどありません。
しかし、ここで学ぶ生徒たちはなんとキラキラした目をしていることか。
学びが楽しいのか、楽しいから学ぶのか。
いずれにしろ、結果的に力はどんどん伸びていきます。
生徒たちを尊敬する点であり、誇りに思うところです。

そんな私でも今は楽しく学んでいます。
学びが「生きた知識」になったときは楽しいですよ。

旅行に行くといろいろ感じます。
静岡のPAではお茶を無料で飲めるのですが、
「さすが、静岡。お茶がおいしい(気のせい?)。」と感じたり
四日市は「本当にコンビナートがあるんだなあ。」とか
千葉の梅雨って結構涼しいですよね。(実家の宮崎では、梅雨の時期じめじめ暑いんです。)
停滞前線の上側と下側で生活したからこそ気づきます。

とりとめのない文章になってしまいましたが、楽しく学べるようこのリトルでがんばって参りますので、よろしくお願いします。
(柏原)

毎日継続してください

受講始まってもうすぐ1週間。
毎日取り組むことはできているでしょうか。

リトルを開講するにあたり、意図していることがいくつかあります。
(1)「毎日取り組んで習慣化すること」
(2)「問題文を読解(把握)すること」
(3)「習ったことを活用する力を磨くこと」
(4)「スピード基準を上げること」です。

上学年の子どもたちの指導をしてきた経験上、上から順に重要だと考えています。つまり、毎日取り組むことが最重要。

他にもオンライン講座がいくつかありますよね。たとえば「はなまるリトル」を作成している四谷大塚も、オンライン小学校と銘打って講座を配信しています。コロナ休講に対応してすぐに年度末まで無料との方針を打ち出し、万単位で申し込みがあるなど注目を集めたようですが、でも講座は3日に1回くらいなんですよね。
これだと習慣化することにつながりません。習慣化するには、1週間でこれくらい、ではなく、毎日これくらい、という取り組みが必要です。数日分まとめて歯磨きするのではだめなのと同じです。毎日ちょっとずつ。
ちなみに、歯磨きと同じなのは、やる気の問題ではないということもあります。毎日少しずつ勉強することがうまくいかなかったとき、「うちの子はやる気が続かなくて・・・」と言うケースがよくありますが、それはちがうと思っています。だって、歯磨きするのにやる気いりますか?「あなたの歯でしょ、やる気出しなさい!」なんて言わないですよね。やる気があったって無くたって歯は磨くんです。それと同じように毎日当たり前のように机に向かうことができるようになると、数か月後にはすごい力になっているわけです。

子どもだけでは習慣化することは難しいと思いますので、数ヵ月は保護者の方が付き合ってあげて下さい。うっかり溜まってしまったたら「毎日やりなさいって言ったでしょ」って怒っちゃだめですよ。「うわぁー、ごめん、今週は声かけるの忘れてたー」って子どもに謝ってあげてくださいね。



なお、本日8/6は算数無しで国語だけです。国語が読解問題の日は、国語だけで進むようにカリキュラムを組んでいます。じっくり取り組んでくださいね
※開講前の『リトルでの学びについて』という動画に、カリキュラム表を添付してありますのでご参照ください。
ファイル 6-1.png 緑色のボタンでPDFが開きます


最初のあげた大事なこと(2)~(4)については、またおいおい書いていきます。毎日の継続、よろしくお願いします!

福田

授業どうですか?

こんにちは、国語担当の加藤です。
受講生の皆さん、授業はみていただけましたか?
単なる解説ではなく、なるべく本当に授業を受けている感じで受けてもらえたらな~と思って撮影しています。
動画を見ながら、画面にむかって話しかけてくれているようだったらうれしいです。

もうしばらく私の授業が続きますが、そのあとに私よりちょっとイケメンの柏原先生が登場しますのでお楽しみに。

あっ、ちなみに、以前のブログで「エンジェルふくだ」などと名乗っている人がいましたが、あの写真を見てわかるとおり、本当は「デビルふくだ」です。
本当のエンジェルは私ですよ♪
なぜかって?
それは誕生日が10月4日だから。
10月4日は「てんしの日」ですからね~

(加藤)

「毎日」が最も大切です

きょうから算数が始まります。

『はなまるリトル』は3年生の小学校教科書の単元に沿いつつ、応用的な内容まで学習していきます。
“先取りはしない”というのがなかなかいいところだと思っています。まだ習っていないことを勉強するのはもちろん難しいものですが、リトルでは、習った中でその活用度合いで難易度を上げていきます。だからこそ、思考力のトレーニングになるというわけ。

小学3年生の最初の単元から勉強し直していくわけですから、はじめのうちは易しく感じるかもしれませんが、冬までの5ヶ月間でどんどん応用になっていき、ぐんぐん伸びていきます。
とにかく、毎日欠かさず取り組むことが重要です。子どもだけでは「当たり前のように毎日やる」ことは難しいと思います。自主性に任せた結果、「毎日やるって言ったじゃない!!」と叱るようになってしまっては親の負け。習慣化するまでは親のサポートが欠かせないものと思って、毎日欠かさず取り組むようにしてください。
 
 
 
きょうから一気に暑くなりますね。
ファイル 4-1.jpg
体調にも気を付けつつ、リトルに燃えてください!!

福田

本日より開講です!

いよいよ本日から講座を始めます。
ログイン後の画面について補足いたします。

ログインすると最初にこのような画面になります。
ファイル 3-1.png
登録されている動画がすべて表示され、なんだかちょっと整理されていない感じでわかりにくい。
そこで右上の『動画カテゴリ一覧』ボタンを押してください。きょうの日付に絞り込むと…
ファイル 3-2.png
ほら、すっきり爽やかになりました♪
 
 
そして動画を見るときは・・・
ファイル 3-3.png
小さい画面だとちょっと見づらいな...
そんな時は右下の拡大表示ボタン(矢印マーク)を押してください。
ファイル 3-4.png
ほら、大きく見やすくなりました♪♪
  
 
 
初日は国語だけですが、明日から算数も始まります。
最初の週は、わたくし、ふくだ が担当します。
誉田進学塾で最もやさしいので、『エンジェルフクダ』と呼ばれています。たまに間違えて『デビル』と呼ぶ生徒がいますが、そういう間違いはやめて欲しいです!
ファイル 3-5.jpg

福田

いよいよスタート&はじめまして!

こんにちは!
いよいよ小3のオンライン通信講座リトルがスタートします。
私、国語の授業を担当します、siriusユーカリが丘教室長の加藤です。
ファイル 2-1.png
塾生などに聞くと国語が好きな子ってあんまりいないんですよね~
そんな「国語が苦手」「国語が嫌い」という人にも楽しく国語を学んでもらえるように頑張っていきますので、よろしくお願いします!

講座をとってくださった皆さんはもう「リトルの学びについて」動画は見ていただけたでしょうか。
受講を進める前の注意点などを座談会形式でお伝えしていますので、ぜひご覧ください。
また、お子様向けに担当講師陣の紹介動画もアップしています。
「なんだか面白そうなおじさんたちが授業を担当するのね」と温かい目で見ていただけたら幸いです。

注意点は先行動画にあげましたが、その他いくつかお願いしたい点を付け加えておきます。

・動画は配信側の不具合などがあっても受講が遅れないように、前もって2日分を公開します(たとえば今日は8/1と8/2が公開されています)。あくまで毎日の受講が基本ですから、公開されているからといって先走って見る必要はありません。

・毎日カリキュラムに沿って進みます(カリキュラムは「リトルの学びについて」動画に添付しています)。国語だけの日、算数だけの日もありますので「なんで今日は国語しかないのっ!」とならないようにご注意ください(ちなみに8/1は国語のみです)。

さあ、いよいよスタートです!
あらためてよろしくお願いします!

(加藤)

ページ移動