記事一覧

観光シーズン

12月も近づき、セントルシアは観光客でにぎわい始めました。
カストリーズの港には毎日見上げるような
豪華客船が止まっています。

ビーチにはハネムーンで来たカップルや
バカンスに来た仲良しの老夫婦が寝そべっています。
海の上には何艘もヨットが浮かび、
丸一日海の上で何をしているんだろうと思います。

ただ、ここに住んでいる私からすると
なかなか豪華なホテルやレストランに行く機会はありません。

が、今回観光客が行くようなレストランに行けたので紹介します。
それは世界遺産のピトン火山がよ~く見えるレストラン。
『マンゴー・ツリー』
ファイル 147-1.jpg

観光地であるスフレという町を少し抜けた丘の途中にあります。
宿泊できるバンガロー、スパ、そしてレストランが
同じ敷地内にあり、のんびり過ごせます。

テラス席からは海が一望でき、
料理を待つ間も海風がとても気持ち良い場所です。
ファイル 147-2.jpg

きっとバカンスに来ている方々はこんな所で
素敵な時間を過ごしているんだろうな~と
数時間だけ観光客気分に浸ったのでした。
ファイル 147-3.jpg

さて、現実へ戻ろう…

川口 恵

始めたいよ~

中学校でのコンポスト活動を始められることになってから
だいぶ時間が経ちました。

JICAに経費の申請をし、
申請が承認されたので、そのお金で
木材、釘、ビニルシート、ロープ、温度計を購入。
ファイル 146-1.jpg

そして日曜大工。
コンポストをためていく枠を作ります。

って、書くのは簡単なんですが、やるのは…
まず買い物の時。
木材を運んでもらうために学校のスタッフに車をお願いしました。
が、当日になってブレーキ故障。
半日くらいで直るかな~と昼まで待っていましたが、ダメ。
結局3日後に無事にお店に行けました。

そして大工仕事。
予定していた日に学校に行くと、
買った材料を入れてある倉庫のカギがなく、作業できず。
道具は揃ってるのにな~
ファイル 146-2.jpg
また別日に来ることになりました。

なかなか一筋縄ではいかないんですね~。
早く始めたいよ~~~~

ちなみに、コンポスト設置場所の草刈りをお願いしてあるのですが
2週間経っても何も変化がありません…。

川口 恵

カヤック

先日行ったマングローブ林。
ここは保護区なので気軽に遊びに行ける所ではありません。
が、意外にも早く2回目の訪問が叶いました。

というのも、ナショナル・トラストが保護区周辺の
観光促進プロモーションビデオを撮るということで、
そのモデルとしてアクティビティをすることになったのです。
(モデルと言っても、外国人がツアーを楽しむ様子が
ほしいという事で1日だけ観光客になりきったという話ですが…)

トレッキングやマウンテンバイク、乗馬のシーンなどを
手分けして順番に撮影していきました。
全部できるのかと思ったけど、私がやったのはトレッキング。
馬に乗りたかったな~

でも、メインはカヤック@マングローブ林!!!
撮影を始めようとすると雲行が怪しくなってきました。
でも私は父親の影響でシーカヤックの経験があったので、
行けることに。他の人は船から見学。
ファイル 145-1.jpg

アクティブな家族に生まれてよかった!
ファイル 145-2.jpg

こんなにも近くでマングローブを見るのは初めて。
水中の根っこもよく見えました。
ファイル 145-3.jpg

でも一人乗りのカヤックだった上に、強風。
すぐに腕が痛くなってしまいました。
明日は筋肉痛かしら…

川口 恵

遊んで学ぶ

現在訪問している小学校のうち、
小規模な方はバラタ小学校と言います。
今日はここでの2回目の授業。
ファイル 144-1.jpg

授業の最初は毎回日本語を少し教えようと思っています。
今回は数。1から5まで言えるようになりました。
ちなみに漢字も教えました。
指の鉛筆で空中に練習。
みんなで「シュッ、シュッ」って言いながら。
侍が刀を振るような恰好になって面白かった。

本題は「海の動物とゴミ」について。
この写真を見せて、絵で伝言ゲームをやりました。
ファイル 144-2.jpg

その後はこのゴミがどこから見つかったかというクイズ。
ファイル 144-3.jpg

自分たちが捨てるゴミが動物を苦しめていることが自然とわかります。
でも、私が伝えたいのはそのもう一歩先。
苦しんでいるのは動物だけでしょうか?

「ゴミを食べた魚を食べるのは誰?」

それを聞いての子どもたちは息をのんでいました。
そう、その気づきが大切なんです。
私はその反応を待っていたんです。

伝言ゲームやらクイズやら。
楽しい遊びの中にも自発的な気づきができる授業。
これからもそんな授業をしていきたいと思います。
ファイル 144-4.jpg

2枚目の写真の答えは
1頭のクジラのお腹から見つかったゴミでした。

川口 恵

マングローブ

セントルシアには東カリブで一番広いという
マングローブ林があります。
それは島の南西に広がるマコテという地域です。

今週はそこでマングローブの植林活動をしているということで、
同期隊員と一緒に訪ねてきました。
ファイル 143-1.jpg

マングローブは海水と真水の交わる場所に生息する植物で、
水の中で根を張ります。
その根の影は動物たちの隠れ家になるため、
マングローブ林は動物たちの命を守る大切な役目を果たしています。
ファイル 143-2.jpg

ところが、マングローブの木は燃やすと良い炭になるので、
セントルシアでは昔から多くが伐採されてきました。
これを見直そうというプロジェクトが30年ほど前から始まり、
森林省を始め、ナショナル・トラストなどが
調査や植林、イベントなどを行っています。

テレビの取材も来ていました。
多くの人々へこの活動が広がり、
自然への意識が高まれば嬉しいです。
ファイル 143-3.jpg

川口 恵

私ができること

今まで先輩が企画していた毎月のクリーンアップ活動。
その先輩が日本に帰国したので、
今月からは私が引き継ぐことになりました。

ゴミ拾いをしていて思ったこと。
それは、綺麗になるとやはり気持ちが良いということでした。

今回は自分の勤務地の近くを掃除したということもあり、
いつも見ているゴミのある道が綺麗になる過程は、
とてもすがすがしいものでした。
ファイル 142-1.jpg

ゴミを見て嬉しい人はいないでしょう。
でもゴミがない状態を喜べる人も少ないかもしれない。
なぜならそれが当然たと思ってしまうから。
つまり、ゴミがないというのは誰かの努力によって成り立つ
という事を知らなければ綺麗な状態に感動し、
感謝することはできないのではないでしょうか。

ゴミを捨てないという努力。
ゴミを拾うという努力。

そんなことに気づいてくれたら…
私たちがゴミ拾いをしている所を少しでも見てくれたら…
まずはそんな思いでこの活動を引き継いでいこうと思います。
ファイル 142-2.jpg

川口 恵

2校目の訪問

今週から行くことになった小学校は
火曜日に行った一学年一クラス小規模なところと、
全校生徒が1000近くいるマンモス校。
対照的な2校なので、違う楽しみ方ができて面白そうです。

さて、今日はそのマンモス校へ。
6年生5クラス、それぞれで授業をさせてもらいます。
ただ、中学入試のテスト(模試?)が月曜に控えているらしく
その為の授業が午前中はビッシリという話。

朝の朝礼からお邪魔していましたが、
私が授業をできたのは午後に3クラスのみでした。
ファイル 141-1.jpg
(朝礼ではお祈りと歌、ダンスをしていました。)

例の5つの挨拶をみんなで覚え、
日本について何を知っているか聞いたていたら
あっという間に30分経ってしまい、終了。

一コマ30分というのは、小学校でも中学校でも共通。
移動時間(休憩時間)はないので遅れるのは当たり前。
でもお昼時間と下校時間は変わらないので、減るのは授業時間。
ファイル 141-2.jpg

短時間で何をやるのか、しっかり考えなければ。

川口 恵

Maria Island

セントルシア本島の南にある島、マリア・アイランド。
浜辺からはよく見ていましたが、
実際に行くにはナショナル・トラストの許可が必要です。
いつか行きたいな~と思っていましたが、
その機会は案外早くやってきました。

例のネズミ駆除の仕掛けを見に行ったのです。
セントルシアに属する小さな島々の中では一番大きな島。
上陸して、道なき道を歩き、その大きさを実感しました。

この島の特徴はGekkoがたくさんいること。
Gekkoとはヤモリのことです。
ネズミようの仕掛けの中にも2匹ずつはいました。
体長は5~7cmでしょうか。
ファイル 140-1.jpg

今回の調査ではこのヤモリの子どもを捕獲し、
他の小島に移すというプロジェクトもあり、
一緒に行った職員が素手で捕まえていました。
ファイル 140-2.jpg

ヤブの中をかき分けて進むので足は傷だらけになりましたが、
青空の下、島の頂点から見る青い海は最高にきれいでした。

調査後は浜辺でランチ。
日本が寒いだなんて信じられません。
ファイル 140-3.jpg

川口 恵

かぶと

前回のブログで授業内容を書かなかったので、
今日は1時間の中で何をしたか簡単に書こうと思います。

内容はオゾン層破壊について。
小学生向けなので、原因について詳しく話す…
というようなことはしていません。

まずは10分間のアニメーションで
その原因のメカニズム、紫外線の怖さ、予防などを学びます。

アニメの力はすごい。
みんなホワイトボードに移るオゾン君に釘付け。

その後、ビデオの内容をおさらいするためにクイズタイム。
「オゾン層って見えるの?」みたいなことから
「オゾン層を破壊している化学物質の名前は?」なんて
少し難しいものまで全部で10問程度。

みんな沢山手を挙げてくれるので誰を指そうか困っちゃいました。
先生が手伝ってくれたのでスムーズにできましたが。
ファイル 139-1.jpg

そしてメインイベント。
新聞紙で帽子を作ろうのコーナー。
(帽子は紫外線から身を守るための必需品として紹介したのです。)

で、せっかくなら日本ぽいものを、と思い
新聞紙でかぶとを作ることにしました。
みんな私の説明に遅れないように必死に折ります。
あちこちから「Ms!」「Meg!」と呼ぶ声が。
そう、みんな私にこれであっているのか聞きたいんです。
呼ばれる嬉しさもありますが、40人分チェックするのは大変。

でもみんな無事に完成しましたよ。
ファイル 139-2.jpg

初日の授業みんな楽しんでくれたかな?
また来週会おうね!
MATANE!!!!

川口 恵

初授業

先週の訪問でゲットした授業の機会。
今日はその一回目でした。
パソコン室に5,6年生を集めてもらい、
以前企画だけして流れたオゾン層破壊についての授業。

でもその前に…
授業の前には日本語の挨拶5つを覚えてもらいました。
①おはよう
②こんにちは
③ありがとう
④さようなら
⑤またね

みんなで大声で練習。
すぐに覚えてしまいました。
ファイル 138-1.jpg

ここで女の子から質問が。
「Be quiet.ってなんて言うの?」

理由は、はしゃぎすぎてクラスがうるさくなっていたんです。
「静かに、だよ」と教えると
今度はみんなで「静かに」の連呼。
結局クラスは静かにならず、担任の先生が助けてくれました。

クラスがコントロールできていないのは私の責任。
次回は何か策を考えなければ、と反省しました。

川口 恵