記事一覧

バナナの花

植物園などで見たことがある人もいると思いますが、
これです、バナナの花。
ファイル 254-1.jpg

コンポストのすぐ近くにバナナの木が立っています。
そこで見つけたのが紫の花でした。

初めて近くで見る…。
しかも料理隊員いわく食べられるらしい。
そこで家に持って帰り、茹でて食べてみました。

皮を剥いて…
ファイル 254-2.jpg
剥いて、剥いて…
ファイル 254-3.jpg
花びらごとに小さな花があるんですね。

輪切りにすると、ネトーっと糸が伸びました。
それを茹でていると黒い煮汁が出てきました。
ん?これ大丈夫?
ファイル 254-4.jpg

予想通りあまり美味しいとは言えませんでした。
何が違ったんだろう…

また機会があれば挑戦しようと思います。

川口 恵

NYで感じたこと

人種のるつぼ。
言葉では聞いたことがある人も、
それを肌で感じたことがある人は少ないのでは?
私はこのニューヨーク旅で強く感じてきました。

セントルシアは黒人の国です。
白人を見かけたとすればその大半は観光客。
残りの数パーセントはここでビジネスをしている人。
アジア人は中華料理店を営む中国人か、
ボランティアに来ている台湾人と日本人。
だから、町を歩いていて視線を感じないことはありません。
中には「チンチョン(中国人)」と馬鹿にしてくる人もいます。

でも!
ニューヨークは違いました。
道路でもメトロでも、パン屋だって、
白人、黒人、黄色人種とごちゃまぜ。
しかもそれぞれに誇りを持って、自信たっぷり歩いていました。
どんな髪型だって、服装だって、全てが自立していました。
ファイル 253-2.jpg
(タイムズ・スクエア)

みんな個性的でしたが、変な視線を向ける人はいません。
「ここに私はいて良いんだ」と感じました。

日本で外国人が歩いていたら、
きっと彼らは視線を感じるでしょう。
直接"Hello!"と声を掛けてくるでもなく、
「わあ!ブロンドの髪だ!」と日本人は話している。
でも彼らには何を言っているのかわからず、
不快に感じるかもしれません。

肌の違い、文化の違い、考え方の違い。
違って当たり前なのに、大多数の中に一人混じると
まるで「異種、もしくは悪」のように扱われてしまう。
悲しいことですが、それが事実です。

でもニューヨークはそんな事を微塵も感じませんでした。
どんな人も自然になじめる場所でした。
どの国、地域のどんな人も
差別なく過ごせる世界になってほしいと願います。
ファイル 253-1.jpg
(ナイアガラの滝にて)

川口 恵

新たな出逢い

毎月のクリーンアップ活動、今月は
他の団体が企画していたアースデイ・クリーンアップに
参加してきました。

4/22はアース・デイ。
日本でも様々な環境イベントが開催されていました。
皆さんは参加しましたか?

クリーンアップはクリケットスタジアムの周辺で行われました。
朝6:30開始でしたが、大人も子どもも来ていました。
大きなゴミ袋をもらい、チームで作業開始。
ファイル 252-1.jpg

途中でたまたま通りかかったという男性二人も加わり、
袋はすぐにいっぱいになりました。

スタート地点に戻るとゴミ袋の山が!
3,40人で1.5時間ほどの作業でしたが、こんなに集まるとは…
ファイル 252-2.jpg

ゴミ拾いの後は家庭でできるコンポストの紹介。
日本でJICA研修を受けたというこの男性は、
「日本は本当に素敵な場所だ!」と言ってました。
私の活動にも協力してくれる、とも言ってくれました!
ファイル 252-3.jpg

最後にはルシアンの伝統的な朝食である
ココティーとベイク(揚げパン)も頂きましたよ。

環境問題に関心のある人と出逢えた
貴重な時間となりました。
最近、人のつながりは大切だと改めて思っています。
この繋がりを利用ぢて、新しいことに挑戦していきたいな。
ファイル 252-4.jpg

川口 恵

クリストフィン

人の名前ではありません。
野菜の名前です。
ファイル 251-1.jpg

最近新しい食材に挑戦していなかったので、
スーパーで買ってみました。
レシピはHPで調べようと思っていたのですが、
帰ってから気づいたんです。

コイツの名前がわからない!
つまり検索できない!

そこで大家さんに聞いたところ、
「Cristphine」だということがわかりました。
大家さん曰く、生で食べるとのこと。
キュウリと同じよ~、と。

早速その日の夕飯のおかずに。
ファイル 251-2.jpg
輪切りにして、サニーレタス、トマト一緒に頂きました。
(あ、写真撮るの忘れた)

味はあまりないのですが、
シャキシャキとした歯ごたえがたまらない!
次の日はサイコロ状に切って、浅漬けで。

見た目は可愛らしくないのですが、
キュウリよりも好きかも。
クリストフィン、ハマりそうです。
ファイル 251-3.jpg

川口 恵

戻ってきて

ニューヨークで美味しいものを沢山食べてきました。
セントルシアはどこでも同じような濃い味付けで、
またその生活に戻るのか~、と思っていました。

でも!
学校がまだ休暇中の料理隊員が
本格ジャパニーズカレーを作ってくれました。
もちろん、ただ作ってくれるだけでなく、
作り方を教えてもらいながら。

ロブスターの殻と鶏の骨をじっくり煮て、出汁をとり、
具材を入れて、小麦粉で作ったルーを入れ、
グツグツ煮込みます。

作り始めた頃、外は大雨でしたが、
食べるころには晴れて、港の豪華客船が綺麗に見えました。
ディズニーの船なんて初めて見たぞ!
きっと、客船内も夢あふれる景色なんだろうな…

都会で、何でも手に入るニューヨークから
また緑あふれるセントルシアに帰ってきましたが、
私はこっちの方が好きかもな~、と
美味しいカレーを食べながら思ったのでした。
ファイル 248-1.jpg

川口 恵

お知らせ

写真展のお知らせです。

千葉そごうにて、千葉県出身の協力隊から届いた
写真が1週間展示されます。

パネル2枚ほどの小規模な展示ですが、
私の写真の数枚あります。

ブログで見てるよー、と言う人もいると思いますが、
他の国に派遣されている隊員の様子も見られる
貴重な機会だと思います。

是非、お買い物のついでに足を運んでみてください。

*********************************

期間︰2017年4月18日(火)〜24日(月)16:00まで。
場所︰千葉そごう地下一階
   ジュンヌ館連絡通路

*********************************

川口 恵

乗り物

今回はメトロ以外の乗り物を紹介。

①Yello Cab
ニューヨークと言えば、イエローキャブ!
アメリカ各地で使われている黄色いタクシーの会社のことです。
日本ではニューヨークで走るタクシー自体を指しているかな。
ファイル 250-1.jpg

②バス
地下鉄と同じメトロカードで乗れるバス。
これも地下鉄と同じくらい沢山ラインがあります。
でも今回はメトロの方をよく使いました。
ファイル 250-2.jpg

③Citi Bike
レンタル自転車です。
ニューヨーク各地にステーションがあり、
どこに返却してもOKです。
ファイル 250-3.jpg

④スクーター
少し前に日本でも流行りましたね。
でもここでは、大人が通勤に利用していました。
ファイル 250-4.jpg

⑤馬
警察が馬に乗って違反駐車の切符を切っていました。
カッコいい!
ファイル 250-5.jpg

あと、スケートボードで道を駆け抜ける人も沢山いました。
日本のように「遊び」ではなく「移動手段」として。

みなさんはどの交通手段を使って
ニューヨークを楽しんでみたいですか?

川口 恵

メトロに乗って

ニューヨークでの事を、忘れる前に記録しておきます。

まずは地下鉄(メトロ)のこと。
ニューヨークはメトロが発展していて、とても便利。

まずはメトロカードと言われる切符を買います。
これはSuicaやPasmoと同じでお金をチャージして使うカードです。
ファイル 249-1.jpg

運賃はどこまで乗っても1回2.75ドル。
新規でカードを買うと1ドルかかります。
チャージは5.5ドル、10ドル、20ドル…
とかいう単位であったと思います。

一週間乗り放題で31ドルというのもあります。
ローカルバスも一緒に使えるので、5日以上の観光なら
こっちを買う方がお得だな、と最終日に思いました。←遅い

5ストリートずつくらいに駅があるので、駅間は1,2分です。
そして駅名はストリート名になっていることがほとんど。

ファイル 249-2.jpg
ストリートはほぼ番号なので、これは96streetという意味。
ちなみに泊まったホテルの近くなのでここはよく使いました。

駅は少し暗いです。
線路でネズミを見たことも数回。
楽器の演奏をして小遣い稼ぎをしている人も見ました。
ファイル 249-3.jpg

最終日までメトロの地図は手放せませんでしたが、
どこまで行っても均一料金というのは魅力的でした。
ファイル 249-4.jpg
そして、最大でも10分しか待たなくて良いという点も♪
セントルシアでは1時間でも普通ですからね…

川口 恵

イースター休暇

イースターとはイエス・キリストの復活を祝うお祭りのこと。
キリストが十字架にかけられたのが金曜日。
(暦的にはGood Fridayと呼ばれる日です。)
その3日後の日曜の朝に蘇った(Easter Monday)ことを
祝う、キリスト教徒にとってはとても大事な行事です。

ということで、キリスト教徒が8割以上のセントルシアも
金曜から月曜までは4連休。
学校は2週間の春休みに入ります。

そこで、その休暇を利用してニューヨークへ旅行をしてきました。
アメリカ東海岸は初めて!!
しかも大都会ニューヨーク!

ハラハラドキドキのニューヨーク旅について、
順を追ってブログを更新していこうと思いますので、
お楽しみに!

ちなみに、イースターに欠かせない模様の入った卵は、
「復活」や「生命」を象徴するもの、として用いられています。
一緒にウサギが用いられるのをよく目にしますが、
ウサギは昔から「繁栄」「多産」の象徴とされていることから
イースターに欠かせない存在となっているようです。
ファイル 246-1.jpg

日本にはあまりなじみのない日ですが、
今日では、卵やウサギの形をしたチョコレートが店頭に
沢山並べられるなど、お菓子会社の一つの戦略として
使われているのが事実なようです。
バレンタインデーと似ていますね。

何事も原点に戻って、その歴史を見ると、
行事の本当の意味や面白さがわかるような気がします。
ファイル 246-2.jpg

みんなは日本の行事、その由来を
海外の人に説明できるかな?

川口 恵

オムライス

見てください!
ファイル 245-1.jpg

これ、日本語教室の生徒が作ったんですよ。

イースター休暇に入る前の最後の日本語教室で、
日本料理を作ろう!という企画をし、
料理隊員にお願いしてオムライスを教えてもらいました。

デモンストレーションを真剣に見る生徒たち。
ファイル 245-2.jpg

そして3人グループに分かれて調理開始!
危なっかしい手つきで鶏肉を切り、
ケチャップライスを作ります。
ファイル 245-5.jpg

そして薄く卵を焼き、
ご飯をのせて皿にぱかっとひっくり返す。
ファイル 245-3.jpg

どのグループもなかなかの仕上がり。
見比べて、どれが良いか投票した後、
みんなでeatingタイム!

美味しそうにパクパク食べていました。
ファイル 245-4.jpg

食べ物は無条件に人を幸せにしますね。
みんな、また来学期に!

川口 恵