記事一覧

言葉は壁か

週末、不思議な体験をしました。

セントルシアの隣の国(島)は昔フランス領だったマルティニーク。
マルティニークの人々はフランス語を話します。
セントルシアまでは飛行機で1時間ほど。
なのでよく休暇などで遊びに来たりしています。

土曜に、そのマルティニークから来た家族と
半日一緒に過ごすことになりました。

従妹などを含めた総勢12名。
そこに私と同期隊員、そして同期の友達のセントルシア人。
みんなで小規模なバスツアーをしました。

家族は全員フランス語しか話せません。
そして私と同期はフランス語が話せません。
仲介役は同期の友達のみ。
しかし12人相手では通訳も間に合わない。

よってしばしば言語のないコミュニケーションが行われました。
いや、しばしばどころじゃないか。ずっとですね。

もちろん何を言っているのか完全にはわかりません。
わからな過ぎてお互い笑い出してしまうことも。
でも不思議ととても居心地が良い空間でした。

とにかくフランス語で話しかけてくるおじいさん。
言葉がなくたって一緒に遊べる子どもたち。
頑張って英語で話そうとする同年代の青年。
「サバ(大丈夫?)」と何度も聞いてくれるお母さん。

夕飯は彼らの宿泊先のお宅でやるBBQに招待されました。
たった半日しか一緒にいなくて、
しかも大半の会話が成立していなかったにも関わらず、
別れ際は何度も握手をして別れを惜しみました。

言葉って絶対に必要なものじゃないのかもしれません。
それよりも大切なものがあるんじゃないでしょうか。
そんな風に感じた週末でした。

ファイル 137-1.jpg
↑お土産屋さんで見つけた人形

川口 恵

仕事ゲットだぜ!

今日は先々週くらいからアポを取っていた学校へ訪問。
校長先生に授業をやらせてもらえないか交渉に行きました。

青年海外協力隊はその名の通りボランティア。
仕事が与えられるわけではなく、
自分でやることを探さなければいけません。

特に私は学校や病院などのように
やることがはっきりしている職種ではないので
今まで何もできないでいる自分にモヤモヤしていました。

そんなことを母親に相談すると
「とにかく自分で動いてみなさい」と助言をもらいました。
で、動いてみたわけです。

訪れたのは職場の近くにある小学校2校。
どちらの校長先生も親切な方ですぐに授業をさせてもらえることに!
しかも毎週30分から1時間、授業時間内に枠をもらえました。
なんて恵まれているんだ!!!

という事で早速来週から授業開始!
環境問題と日本について教えます。

ううう~~!
ついに始まるぞ!

一つの学校ではお昼ご飯を頂けました。
先生の手作りだそう。ご馳走さまでした。
ファイル 136-1.jpg

川口 恵

日本語教室2

第2回目の日本語教室。
今回は前回来てくれた女子生徒3人
プラスその親友が参加してくれました。

生徒同士で新しく覚えた単語をテストしたり、
ファイル 135-1.jpg

教科書を使うのではなく、実物を使ってみたり
ファイル 135-2.jpg


手ぬぐいで目隠しをして、手の感触だけでそれが何かをあてるゲーム。
今回は筆記用具に関する単語を覚えたので
鉛筆や消しゴム、はさみなどをキャーキャー言いながら
相手に渡していました。

誉田進学塾で学んだ「生徒自身に学ばせる」手法は
万国共通で、生徒を楽しませることができます。

授業をどんな風に盛り上げるか、
生徒にどうやって新しい発見を楽しんでもらうか、
そうやって次の授業を考えるのは楽しい時間です。

川口 恵

きっかけ

今日は一日雨が降ったり止んだり。
オフィスではなく家で書類を作ったり、
メールをしたりしていました。

ふと、友人の誕生日を忘れていたことを思い出し、
日本時間では真夜中でしたが連絡しました。
頻繁に会っている人ではなかったのですが、
誕生日が数年振りに話すチャンスをくれました。

近しい人だったら誕生日プレゼントを用意して
ケーキにろうそくを立ててお祝いする…
なんていうのが私の考える誕生日ですが、
地球の反対側にいるとそんなこともできません。

しかもその友人とは大学時代に会ったきりで
それ以降は連絡をとっていませんでした。
もちろん驚いてはいましたが、私が元気にやっていることを
喜んでくれたようでした。

きっかけがなければわざわざ連絡はしていなかったでしょう。
年に一度来る誕生日は疎遠になっていた人とのつながりを
もう一度つなぎ合わせる日にもなりえるのだなと
雨で少し落ちていた気分が、明るくなりました。
ファイル 134-1.jpg

川口 恵

習い事

私と一緒にセントルシアに来た同期隊員は
とても意欲的な人で、いつも刺激を受けています。
その一つに彼女はこちらに来てから習い事を始めました。
今日はピアノのレッスンに一緒に行かせてもらいました。

教室に着くと小学生から中学生くらいの子どもたちがいました。
ピアノを弾いたり、ドラムをたたいたり…
小さな島ですが、こんな機会に恵まれているなんてよかったね!
ファイル 133-1.jpg

今日はオーラルのテストだったようで、
私も一緒の部屋にいさせてもらいました。

先生の弾くリズムが何拍子か、
曲の強弱はどうなっているか、
そして先生の弾くリズムを歌うなどのテスト。

テスト中は頑張って静かにしていた生徒たちですが
それが終わって、楽器を弾いていいよと言われてからは
みんな楽しそうに夢中で楽器を演奏していました。
ファイル 133-2.jpg

自分の楽しいと思えること、
好きなことをできる時間って幸せですよね。
そこに子どもとか大人っていう隔たりはないんだと思います。

私も少しだけピアノを触らせてもらいました。
楽しかった~♪

ちなみに同期隊員は新しい料理にも挑戦していて、
遊びに行くと毎回美味しいものを出してくれます。
いつもありがとう。これからもよろしくね!
ファイル 133-3.jpg

川口 恵

待ち時間の楽しみ方

初期からブログにも書いているように、
セントルシアで「待つ」という状況はよく起こります。
たとえ、こちらに来て4か月が経ち
ルシアンタイムを見越して1時間遅く行っても
「待ち」を避けられないことがあります。

今回もそれでした。
日曜日、同期隊員がいるヴューフォートにて
ビールの祭典があるとラジオで聞き、
日本人ボランティア3人で行くことにしました。

開始時間の1時間後に会場に到着。
しかしまだブースを準備している段階。
「ま~、そうだよね~」と3人でベンチで待つことに。

お互いの近況などを話しながら待っていると
近くで何やら始まりました。
ファイル 132-1.jpg

どうやらぬかるみにタイヤがはまってしまい、抜け出せない様子。
大きな体の男性陣がやってきて試行錯誤していましたが
ビールを沢山積んだトラックはびくともしません。
ファイル 132-2.jpg

大変そうな様子なのですが、
会場に音楽が流れだすと体が勝手に動いてしまうのか
トラックの上で踊り出す人も…
ファイル 132-3.jpg

なんでも楽しんでしまうルシアンを見ていたら
イベントが始まるのを待っていることを忘れていました。
楽しい時間をありがとう!
ファイル 132-4.jpg

ちなみに翌日の夕方見るとトラックはまだその場所にありました。
どうするんだろ…

川口 恵

ダシーン2

以前茹でて食べたダシーン。
意外にもそれをアレンジして食べる日は早くやってきました。

芋類と大きくくくって、
ジャガイモレシピを探していると私の大好物に行き当たりました。
それはおつまみでも美味しいジャガイモ餅。

マッシュしたポテトに片栗粉を混ぜて焼くだけという
「こんなに簡単だったのか!」
と驚くほど、手のかからない一品です。

以前の残りのダシーンを使ってこんな風に出来上がりました。
ファイル 131-1.jpg

味は…
自分の知っている味とは一味違うものになりましたが、
モチモチしていて、なかなかいける!!

さて、次は大家さんから大量にもらった
バナナ類をどうにかしなければ…
ファイル 131-2.jpg

川口 恵

日本語教室

少しずつ活動が始まりつつあります。
勤務4か月目にしって、やっとか!って感じですが、
私的には動き出している感覚に喜びを感じています。

昨日、Castries Comprehensive Secondary School(CCSS)で
コンポスト活動を行う正式な了承を頂きました。
やった~~~~!!!

そしてもう一つ、同じ学校で放課後、
日本語教室第1回目を行いました。
やった~~~~!!!

たまたまコンポストのことで学校に来ていた時
話し掛けてきた先生と日本語教室の話になったのです。
偶然ってすごい!

記念すべき第1回目の生徒は5人。
日本のアニメや漫画が好きな子たち。
『進撃の巨人』の話で盛り上がっていました。

私の授業のルールは一つだけ。
「楽しくやろう!」
大声でじゃんけんしたり、教室内で色鬼をしたり。
楽しんでもらえたかな~?

毎週木曜日が楽しみになりそう♪
ファイル 130-1.jpg
授業中の写真撮るの忘れた…

川口 恵

ことばの意味

こちらに来てから周りの人に感謝することが本当に多いです。
温かい人々に囲まれて幸せな毎日。

そこで何度が出会った言葉。
"You're welcome."
「どういたしまして」という意味ですよね。
英語の授業を受けたことがない人だって、
"Thank you."と言われれば、そう答えるでしょう。

こんな当たり前の言葉でも、ハッとしたんです。
"You are most welcome."と言われた時に。
同じく「どういたしまして」ですが、
直訳すると「あなたなら最上級に歓迎しますよ」ってなります。
(日本語的におかしいのは置いておいてください。)

とても特別な言葉に聞こえませんか?

「ユアウェルカム」
日本語で書いてしまうと何もわかりませんが、
英語それ自体に注目すると意味がわかる。

これって単語や連語、構文を覚えるときも同じだと思います。
中学生は毎週の単語テストで大量の英単語を覚えていると思います。
こんなに覚えらんないよ~、覚えるの苦手だよ~という人、
息抜きに元の意味を考えてみるっていうのはどうですか?
なにか新しい発見があるかもしれませんよ?

もし見つけたら、他の人にも教えてあげてください。
そして英語の面白さ、言葉の奥深さを広めていってください。
ファイル 129-1.jpg

川口 恵

小島への旅

先週のトカゲ島に引き続き、再び島へ。
今回は私が住んでいる場所にとても近い島です。
いつも通勤で寄り道する海岸から見えているRat Islandという島。
ファイル 128-1.jpg

これまた船でほんの3分くらいで到着。
実は前回、船から浅瀬へ降りるときに失敗して
尻もちをついたんです。
つまり海の中へボチャンってこと。

なので今回はしっかり気持ちの準備をしてから
海へ足を踏み込みました。
成功!
今回はボチャンしなくて済みました。
一緒に行ったナショナル・トラストの女性も
「私もよくやるわ」と言っていたので、少し安心しました。
2年間でマスターしてやるっ!
ファイル 128-2.jpg

さて、島の話ですが、前回と違う点が沢山。
まずトカゲは少ない。
ヤドカリも少ない。
ネズミトラップは蟻に食べられた跡がよく見られました。
ファイル 128-3.jpg

島は島でもその生態は全く違うんですね。
面白い。
今月末は最南端にある一番大きな島に行くとのこと。
そこはどんな島なのかな~

川口 恵