記事一覧

勇姿

盲目・弱視の人を支援する協会で働くシニア隊員がいます。
彼はセントルシア隊員のお父さん的存在で、
いつも私たちを笑顔にしてくれます。

活動について相談にのってくれたり、
毎月のクリーンアップに欠かさず来てくれたり。
本当に優しいお父さんです。

さて、彼の働く協会は経済危機に直面しており、
プロジェクトや眼科検診はもちろん、
協会の存続自体危ぶまれている状態です。

そんな状況をしったあるメディアが
6時間にもわたる生放送のTV番組を企画してくれました。
番組で寄付金を募り、視聴者が番組に電話をかけて
寄付を約束するというような内容です。
ファイル 373-1.jpg

電話の受ける手伝いに行ったのですが、
数が十分だったので、私はスタジオの端で
我らがお父さんの初のTV生出演を見守っていました。

初めは英語が不安だから…と渋っていた彼でしたが、
活動に掛ける情熱が彼を饒舌にしていました。
日本での例やかれの進める企画について話す彼は、
とても熱心で力強い眼差しをしていました。
ファイル 373-2.jpg

何かに情熱をかけている人は
本当にかっこよく見えるものですね。
私も常にそんな人でありたいと思いました。

川口 恵