記事一覧

直撃!

小学校の朝礼に直撃!!!
校長先生がとても心の拾い方で、
前日にいきなり電話をしたにも関わらず、
全校朝礼の中で、話す時間をくれました。

今月はBabonneau(バボノー)という
少し山の方の地域でクリーンアップを計画中。
地域のコミュニティーグループと連絡を取り、
現地の人たちが多く参加してもらえるようにと話しています。
ファイル 371-1.jpg

そこで、掃除場所の近くにある学校に
声をかけようとなったのですが、
それが、この直撃訪問だったのです。

みなさんは「ゴミ」の定義、ご存知ですか?
英語ではgarbageを使っています。

朝礼で生徒に辞書を引いてもらいました。
Garbage: Household rubbish 家庭のrubbish

じゃあ、rubbishとは?
Rubbish: Things that are worthless or not wanted
価値のないものや欲しいとされないもの。
(by Oxford Mini School Dictionary)

つまり、人間による評価によって
ある物がゴミかそうでないか決まるわけです。
もっと言えば、ある人にとってはゴミではなくても
別の人にはゴミだということもあり得るのです。

なんとも人間勝手な基準でしょう。
これなら、簡単にゴミが増えるのも理解できますね。

さっきまで大事に飲んでいた冷たいコーラも、
飲み終わって道に捨てたとたんにゴミになる。

そんなことを一瞬でも子ども達が考えてくれ、
しかもクリーンアップに参加してくれたら
この直撃訪問は成功だったのではと思います。
ファイル 371-2.jpg

次回はもう少し余裕をもって訪問します←反省。

川口 恵