記事一覧

旅行記⑦

パナマ4日目。
今日からサン・ブラス諸島へ。
パナマ北東部に350以上も浮かぶ島のうちの一つが
これから3日間過ごす場所です。

タクシーでパナマを北上し、
船着き場から小舟で海へ出て小一時間もすると
到着したのは、ココナッツの木と小屋しかない小さな島。
ファイル 339-1.jpg

島は先住民族のクナ族が人々が宿を経営しています。
到着後すぐのオリエンテーションでは、
1、ココナッツの落下に注意
2、落ちているココナッツはみんなのもの
3、隣の宿(違う経営者)のトイレは使用禁止
4、朝、昼、夕ご飯は貝の笛が合図
5、電気は夜(5:00-22:00)の点灯
と言われました。

セントルシア(南国のパラダイス)のイメージとは違い、
サバイバルな気配!ドキドキ!!ワクワク!!!

泊まる部屋(小屋)はというと、
写真の通り。
ファイル 339-2.jpg

壁は葦か何かの茎、
屋根はココナッツの葉でできていて、
中には直にベッドが置かれているだけ!

食事までの時間はビーチでのんびり過ごし、
魚とご飯と野菜のワンプレートのご飯を食べたら、
またビーチでのんびりする…
ファイル 339-3.jpg

なんとも極楽なそしてシンプルな生活の始まりです。
初日は雨だったのが残念でしたが、
夜は晴れて、22時の消灯後は天の川の下、
同期隊員と訓練所での思い出話で盛り上がりました。
ファイル 339-4.jpg

川口 恵