記事一覧

8か月目

セントルシアに来てから8か月目に入りました。
あっという間に半年を越えてしまった…
これで協力隊生活の1/4が過ぎたことになるんですね。
Time flies!!

今学期からの学校授業、2巡目の今週、
新しくコンポストを始めたい学校での導入授業をしてきました。
家庭ゴミの中で、生ゴミが半分以上を占めることを話しました。

ゴミが埋立地に行っていること、
その埋立地が生徒たちが二十歳になることには
許容量を超えてしまうことを話しました。

そうなったらどうする!?
子ども達から出てきたの答えは
「埋立地を別の場所に移す」
「船で運んで海に埋める」などなど。

もちろん、アイディアを出してくれたこと自体は悪くないけど、
そうした場合に起こることってなんだろう?

以前の授業で見せた魚がゴミを食べる写真を思い出して
ハッとしてくれる子もいたので少し安心。

淡路島ほどしかないこの国で
増え続けるゴミの処理方法は大きな問題です。

日本ではどうしているの?と質問され
燃やしているんだよというと驚いていました。

世界の色々な例を紹介するのも良い方法かも、
とヒントを得たのでした。
ファイル 207-1.jpg

川口 恵