記事一覧

なぜここで日本語を?

「セントルシアで日本語を教えていて、
どんなことに面白いと感じますか?」

これは日本語教室の生徒からの質問です。

私は「今までとは違った角度から自分の言語を
見つめることができることが、面白いと思います。」
と答えました。
ファイル 310-1.jpg

たとえば、「う」の書き方を教えていたら、生徒が
上の点はアクセント記号ですか?と聞いてきたり。

たとえば、「X(エックス)」はどう書くのですかと聞かれ、
日本語は一つの音に一つの文字があるのだな、と知ったり。

たとえば、英語には敬語はないのに、
なぜ日本語には存在するのかな、と不思議に思ったり。
ファイル 310-2.jpg

私にとっての「普通・通常」は
ここでは「何か違う・異常」になる。

日本にいたら感じられなかったことです。

居心地に良い場所にいるのは簡単で安全です。
でも殻を破って外の世界に触れることで、
新しい発見があり、それは全て自分の糧となる。
ファイル 310-3.jpg

それなら、なぜそこにとどまっている必要があるのでしょう。

止まっていたら、知らない世界なんてありすぎて、
時間が足りなくなっちゃいますよ?

川口 恵