記事一覧

湿地の日

2月2日は「国際湿地の日」でした。
私の実家の目の前はラムサール条約の登録地だったのですが、
こんな日があることを今まで知らずにいました。

さて、セントルシアではこの日に何があったかというと、
その週末にマングローブ林の清掃イベントがありました。

以前マングローブ林へ行った時は、
長靴を持っていなかったために中までは入れませんでした。
そこで今回は大家さんに長靴を貸してもらい、
しっかりと準備をして臨みました。
ファイル 209-1.jpg

早朝からにも関わらず沢山人が集まっていました。
でも長靴を持ってきていた人は10名程度。
そこで長靴部隊『ブーツ・クルー』が誕生。
私もそのクルーの一人としてマングローブ最前線へ。

人が立ち入ることがないマングローブ。
でも潮の流れがゴミを運んできます。

長く海を漂っていたであろうコケの生えたペットボトル。
波にさらわれて持ち主の元へ帰れなかったサンダル。
浜辺で宴を楽しんだ後、忘れられたワインボトル。
ファイル 209-2.jpg

渡されたゴミ袋はすぐにいっぱいになりました。
気が付くと長靴もズボンも顔も泥だらけ。
でも私たちブーツ・クルーはそれに誇りを持っていました。

たった半日だけ一緒だったグループですが、
一体感ができた素敵なメンバーでした。
ファイル 209-3.jpg

川口 恵