counter

記事一覧

目標に向かって走りだそう!

今週末の4/28(日)に
第2回4月センター試験本番レベル模試
を実施します。

特に受験生は、次回の模試をとてもよく意識しており、
「今後の模試の英語で〇〇点以上とる!」
と力が入っています。

志はとても大切ですが、目標を達成するために
具体的にどのように行動するのか、計画を立てることも
とても大切です。
成績を伸ばすために、結局は学習に取り組むことが大切ですから。

生徒に
「残りあと3日で、できることは何ですか?」
と問うと、生徒たちは、
「3日間で現実的にできることは何だろうか」
考えてくれます。

受験生ともなると、今での経験も踏まえて
何ができるのか、何をやったら自分が伸びるのかが
ある程度は理解できているので、後は
「では残り3間、自分で決めたことに取り組んでごらん」
と背中を押します。

中には、自分の理解が不十分なところを埋めるために、
授業を通して理解を深めますという生徒もいます。
ファイル 2003-1.jpg ファイル 2003-2.jpg

また、時間配分をしっかり決めて、中には本番でイメージ通りに
問題を解けるように、予行練習として過去の模試の問題を
解き直しますという生徒もいます。
ファイル 2003-3.jpg ファイル 2003-4.jpg

「これをやったら自分はできる」とプラスのイメージを
描けた瞬間から生徒は走り始めます。

第一志望校合格という目標に向けて、
まずは目の前の目標を達成すべく、
今できることを、精一杯取り組んで頂きたいと思います。
そのように私たちスタッフも全力でサポート致します。

(大網白里校 轟)

4月もあと少し

ファイル 2002-1.jpg

本日は高1生のホームルームの日。
五井駅前校の高1生全員登校しました。

だいぶ学校にも慣れ、部活も決まった生徒も多くなってきました。
すでに遅くまで部活をやり大忙しの生徒も。

しかし、五井駅前校では、高1生全員がカリキュラム通り学習を進められています。
今日も学習計画を立てましたが、4月はみな順調です。
むしろ、GW期間も使い、さらに先取をし、きたる5月の定期試験勉強の時間をしっかりとれるよう、学習を進めていく予定です。

塾の学習計画帳、Willもしっかりと使いこなせるようになってきました。

これからますます忙しくなってきます。
それだけ充実した高校生活になるということです。
学業もそれ以外も全力投球できるように、しっかりサポートして行きます。

(五井駅前校 竹内)

並行して続けるということ

私たちが塾生に取り組むようにと熱心に指導しているものに
高速基礎マスターがあります。

基礎、センター、上級とレベルごとに英単語英熟語をトレーニングします。
それぞれを完全修得するためには修了判定テストで95点以上を
2回連続で獲得しなくてはいけません。
この修了判定テストのハードルが高く、多くの生徒を悩ませています。

ある先輩がこういう風に言っていました。

「高速マスターだけをやっている間はつまらないけど、
 受講やほかの勉強も一緒に進めていくと、高速マスターの効果を実感する。」

勉強は相乗効果です。
時間がないから、受講だけ、高速マスターだけ、学校の課題だけ、といった
"○○だけ"の勉強は結果的に非効率になることがあります。

私たちの最大の目標は、志望校合格。
合格するためには、確実な知識を培うことが必要です。
なんとなくわかっている。だから大丈夫という考え方では
倍率がたかく、競争の激しい大学入試では命取りになってしまいます。

いま自分は何をやるべきか。
短期的な目標を明確に、学習バランスを適正にして
日々の学習を進めていきましょう。
そのためには学校のない日曜日も受験生は朝9時登校!
まずは、ここから始めましょう。

ファイル 2001-1.jpg

(大学受験部 呉屋)

部活動を頑張る受験生の皆さまへ

毎日厳しい練習に耐えて明日の栄光をつかもうと努力する
皆さんも気がつけば受験生。

まだ受験なんてピンと来ないし、有終の美を飾るために
今は大会に向けて集中したい・・・。
部活動が厳しくて自由になる時間がそれほど無い・・・。

特に厳しい練習が組まれる運動部、吹奏楽部、合唱部などは
塾に通ってじっくり勉強するのも今は難しいかもしれません。

ですが、そのような忙しい高3部活生でも
1科目1講座なら何とかなるのではないでしょうか。

premium高校部では4月21日(日)~7月31日(水)の期間で
部活生特別招待講習を実施いたします。
お申し込みは本日より7月20日(土)までとなっております。

この機会に志望校現役合格の秘訣をその目で確認しませんか。

(土気駅北口校 根田)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
詳細はこちら
http://www.jasmec.co.jp/toshin/event/syoutaikousyuu/syoutaikousyuu_b_2019.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

prmium高校部でのイベント!

みなさん、こんにちは。鎌取駅南口校の出山です。
桜の花も盛りを過ぎ、吹く風も暖かく感じられる季節となりました。
誉田進学塾prmium高校部でも新年度の学習を早期スタートし
校舎では日々将来の高き目標に向けて生徒たち一人ひとりが
勉強に励んでいます。
今日は、今後誉田進学塾premium高校部で開催中又は開催予定の
イベントについて紹介していきます。


ファイル 1999-1.jpg ファイル 1999-2.jpg


まずは、今年度から新たに実施される「定期テスト対策特別招待講習」について
お知らせ致します。
新年度の学習がスタートし、授業が進んでいく中で多くの方が感じているのでは
ないかと思いますが、学年が上がると学ぶ内容は格段に高度になります。
そして、これからの学習は将来を左右する大学受験に直結してきます。
難関大に現役合格した多くの先輩たちは、早期スタートで受験勉強と充実した
高校生活を両立していました。
ぜひ、新学年最初の中間テストでクラストップを目指し
より充実した高校生活と未来への一歩を踏み出すために
この「定期テスト対策特別招待講習」を活用していただければと思います。

次に紹介するイベントは、6/9(日)に開催される「全国統一高校生テスト」です。
6月9日(日)、東進主催の『全国統一高校生テスト』(高1生~高3生対象)が行われます。
今年度も受験生部門、高2生部門、高1生部門の3部門での開催となります。
受験生部門では、センター試験本番レベルのテストで全国のライバルと競い合うことができます。総合評価による志望校の合格可能性判定に加え、目標得点に対する到達度を図る『絶対評価』により合格までどの分野であと何点必要かを明らかにします。
また、高2生部門と高1生部門では、大学入学共通テストに準拠した問題を入試本番同様の緊張感の中で体験することができます。「知識・技能」だけではなく大学入学共通テストで求められる「思考力・判断力・表現力」を問う問題を今から体験することで
今後の学習方針が明確になります。
志高い誉田進学塾の塾生と一緒に切磋琢磨して、お互いの学力を高め合っていきましょう!
詳細については下記ホームページをご参照してください。
(鎌取駅南口校 出山)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
https://www.jasmec.co.jp/toshin/index.htm
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分を知ること

みなさん、こんばんは。
五井駅前校の事務の長谷部です。

最近は暖かくなりとても過ごしやすくなりましたね。
新学年のみなさんは学校に慣れましたか?
部活や勉強と忙しい日が続いていると思いますが、
無理せずに頑張っていきましょう!

そして本日4月16日(火)は
クラーク博士が日本から旅立つ際に教え子に言った
「少年よ、大志を抱け」という言葉が生まれた日です。

若者は大きな志をもつことによって,
大きな夢を達成できるという意味です。

目標をもつことによって自分の目指すべき道がはっきりし
頑張ろうという気持ちになりますよね。

ただ単に数学が苦手だから頑張ろうということではなく、
自分が数学のどこが苦手でいつまでに克服するのか、
いつまでに点数を上げるのか?
大きな目標に向けてスモールステップを踏んでいかなければ
なりません。

まずは自分がどこが苦手なのか自分を知ることからはじめ、
スモールステップを決めていきましょう!


何をどうやったらいいのか分からない方もいると思うので
その場合は先生にどんどん聞いてみましょう。
そのままにしないことが大切です!

誉田進学塾premium高校部では
1コマ(90分)から体験授業を行うことができます。

授業や校舎はどんな感じなんだろう?
などなど気になる方はお気軽にお申込みください!
お待ちしております。

(五井駅前校 長谷部)

「定期テスト対策特別招待講習」受付開始!

進級おめでとうございます。気持ちを新たに、新学年を迎えていることと思います。

学年が上がると学ぶ内容は格段に高度になります。そして、これからの学習は君の将来を左右する大学受験に直結します。難関大に現役合格した多くの先輩たちは、早期スタートで受験勉強と充実した高校生活を両立していました。

これまでも勉強に取り組んできた君は、さらに頑張る励みにしてほしい。これから挽回を目指す君は、勉強をスタートするきっかけにしてほしい。そんな思いで、まずは定期テストで大成功できるよう、「定期テスト対策特別招待講習」に君を招待します。

『A good beginning makes a good ending“始め良ければ終わり良し”』という言葉があります。高1の始めに学ぶことは大学入試の第一歩となり、しっかり理解することはとても大切です。そこで、最初の定期テストで高得点を目指しましょう。「定期テストでクラストップ」も決して無理な目標ではありません。
ファイル 1997-1.png

ぜひ、誉田進学塾premium高校部で新学年最初の中間テストでクラストップを目指し、より充実した高校生活と未来への一歩を踏み出してください。

(ユーカリが丘校 松浦)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「定期テスト対策特別招待講習」実施要項

□受講講座
数学、英語、理科全44講座の中から君にぴったりの2講座を受講できます。
1講座は90分授業×5回です。(一部回数の異なる講座もあります)
加えて、圧倒的な演習量で数学の苦手を解消する高速マスター基礎力養成講座(数学計算演習)も受講できます。

□申込期間
4/10(水)から5/17(金)まで

□受講資格
意欲がある高1生、高2生(塾生でない方)

□受講期間
5/24(金)まで
受講できる期間は4/12(金)から5/24(金)まで。ITを活用した授業なので、一人ひとりのレベルや予定に合わせて、個別に時間割を作成します。

□受講料
無料招待

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

新しい始まり

高校1年生は入学式が終わり、
高校生活の第1週目が終わりました。

新しい生活で疲れていたりしないかと
少し気にしていましたが、
学校がお休みの公立高校の生徒も、
学校のある私立高校の生徒も、
今日も変わらず元気に登校して学習に取り組み始めました。
ファイル 1996-1.jpg

数学の授業は学校の先取り学習になるため、
内容が難しいと感じることもありますが、
わからないままにせず、すぐに質問して理解をして、
頑張って高校の学習に取り組み始めています。
ファイル 1996-2.jpg

高校生になると、新しく学校で電子辞書を購入する生徒も多く、
まるで新しいおもちゃで遊ぶ子供のように
新しい電子辞書を使って楽しそうに英語の学習に取り組む生徒もいます。
ファイル 1996-3.jpg

ついこの前まで中学生だった高校1年生が、
高校生活をスタートしました。

塾では1年生たちが部活選びの話題です。
学習面は塾で取り組めば大丈夫ですから、
部活や自分のやりたいことを
思いっきり謳歌して頂きたいと思います。

(大網白里校 轟)

将来へ向けて

新学年がスタートし
3年生は大学受験が一気に近づいたと感じる生徒も多いのではないでしょうか。
また、1年生は
新しい高校生活に早く慣れようと頑張っていることと思います。

1年生は春休み中に高校生の学習をスタートさせているので
学習面については少し余裕があると思います。
これから先意欲的に学習を進めていくためには
自分の将来についても少しずつ考える必要があります。

先日、新紙幣に関するニュースがありました。
1万円札は渋沢栄一、5千円札は津田梅子、そして千円札は北里柴三郎の肖像となる予定です。
知っている人も多いと思いますが、
3名とも大学と縁のある方で
渋沢栄一は一橋大学の設立に携わり
津田梅子は津田塾大学の創立者です。
そして北里柴三郎は北里大学の母体を作っただけでなく
慶應義塾大学医学部を創設した人です。
教育というのがいかに大切なものであるかわかると思います。

1年生にとっては大学受験までまだ時間がありますが
こういったニュースからでも
目指す大学や将来について考えるきっかけになります。
生徒ひとり一人といろいろな話題を通して
一緒に将来を真剣に考えていきたいと思います。
(五井駅前校 矢部)

受験に向けて生徒と伴に

昨日は高1についてお話しましたが、今日は受験学年、高3について。

誉田進学塾premium高校部では、高3のこの時期は「志望校レベルの学習の完了」を目指して学習しています。

第一志望に向けての学習ステップを大きく分けると、
①本番で必要な得点を取れるか[結果を出す]
②そのために必要なレベルの問題練習を十分行えているか[基礎の定着、応用力の強化]
③そのために必要な知識や理解を十分身につけているか[必要なことの把握、基礎の確認]
このようにゴールから遡って考えています。
このステップを、ひとり一人の進捗を見ながら適切なペースで行えるよう、指導をしています。

今日は春期講習が明けて初めてのHRでした。
再度、「いつまでに」「何を」「どのように」学習していけばよいか、確認をしました。
遅れが生じていたり進め方に心配がある生徒とは個人面談し、
問題点を解決するための学習方法について話し合いました。

大学受験勉強は、目標も状況もやるべきことも生徒によって変わってきます。
受験生としての新学年が始まったばかりのこの時期。
最後まで伴に走り続ける者として、生徒に寄り添っていきます。

(おゆみ野駅前校 小林)

ページ移動