counter

記事一覧

新高1ホームルーム

こんにちは、大網白里校の浅野です。
寒い日が再来していますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、本日は新高1生のHRがありました。
ここ大網では、11人がism大網、2人が土気教室出身です。

これから3年間、共に学んでいくことになるので、
出身教室は関係なく、まずは自己紹介から。
(時間の関係上、本日は3人が自己紹介)

3人とも、先陣を切って自己紹介をしてくれました。
この大網を引っ張って行ってくれる存在になってくれることを
期待しています。

非常に盛り上がりました!
これから1年間、活気ある校舎にしていきましょう。
よろしくお願いします!!
充実した高校生活になるよう、
スタッフ一同、全力でサポートします。

(大網白里校 浅野)

新高1春期講習開始!!

こんにちは。
おゆみ野駅前校事務の堀内です。

3年生が卒業し、校舎が少し寂しく感じていたのも束の間でした。
今日から新高1生が登校し、春期講習が始まりました!!

まずはガイダンスから・・・
充実した高校生活を送るために、どのように過ごしたらいいのか、学習はどのように進めていけばいいのかなどをお伝えしています。
ファイル 1420-1.jpg
みなさん真剣に聞いていますね!!

続いて高速基礎マスターを受講してもらいます。
ファイル 1420-2.jpg
みなさん黙々と進めています。

高速マスターは単語や熟語の暗記トレーニング用の講座です。
長文を読むうえで、語彙力はとても大事です。
基礎の基礎ですから早めにしっかりマスターしていきましょう!!

実際の授業は27日(月)から受講開始となります。
高校生の勉強は一筋縄ではいかないことも多くあると思います。
そんな時は遠慮せず、校舎の先生を頼ってください!
全力でみなさんをサポートします!!

勉強以外の悩みや困ったことがあれば私も相談に乗りますので、声をかけてくださいね♪

(おゆみ野駅前校事務 堀内)

成長・進化

こんにちは、おゆみ野駅前校の富田です!

最近はだいぶ暖かくなってきましたね。
季節の変わり目で風邪など皆さん引いていませんか?
体調管理には常に気を配りましょう。

さて、今日は「塾の成長」というタイトルでブログを書かせて
いただきます。

3月ももう半ばを過ぎ、高校3年生の皆さんは卒業を迎え、塾か
らも卒業をしていきました。まだ最後まで頑張り続けている生
徒もいます。合格の吉報も校舎には日々届いています。

校舎では合格の報告をもらうと、頑張った皆さんを合格掲示と
して貼り出しをさせていただいております。

今ではもうこんなに壁いっぱいにびっしりと!

ファイル 1419-1.jpg

もちろん、大学受験という厳しい戦いを勝ち抜いた皆さんを讃
えるという趣旨もありますが、実はこれは塾が成長・進化をし
ている証でもあると思うのです。

生徒の皆さんが頑張る、それを塾のスタッフ全員が精一杯サポ
ートする。それが形となって「合格」という輝かしい栄誉とし
て現れる。これによって私たちpremium高校部は常に成長をして
いるのだと思います。

そして合格掲示を見た後輩の皆さんが、「私もあの大学に受か
りたい!」「来年は自分の名前を絶対あそこに載せてやるんだ!」
どういった気持ちを持ってくれます。

それによってスタッフも刺激され、より一層生徒に対する指導
の熱が入るというものです。

新しい年度はまだ始まったばかり、ですが時間は過ぎることを
止めてはくれません。

夢に向かって、共に成長していきましょう!

(おゆみ野駅前校 富田)

春期講習に向けて

誉田進学塾premium高校部では
3月25日(土)から春期講習が始まります。
受験生が卒業を迎え、寂しくなったのも束の間で
新高3生、新高2生に加えて新高1生も
高校生活のスタートに向けて仲間に加わります。
校舎に新しい風が吹き、より活気づいてくることでしょう。

新高3生は受験生としての意識が芽生え始めてきたのか、
土日などの朝9:00から校舎が開校しているときには
自然と朝から校舎に来て学習をするようになりました。
中には朝9:00に登校し閉校時まで黙々と
学習する新受験生の姿も見受けられました。
部活で忙しいなかでも合間を縫って何とか
学習時間を確保しようと頑張っています。

新高2生も同様に先日行われた高校レベル記述模試の受験を
きっかけに基礎力向上の大切さを痛感したようです。
授業と高速マスターにさらなるペースアップが期待できそうです。

新学年に向けて何かと忙しい時期ではありますが
きちんと学習が継続できるように、
また受験への集中力を切らさないように、
春期講習に向けてしっかり準備をいたします。

これまで以上に校舎でのサポートにも
力を入れていきたいと思います。

(五井駅前校 島)

もうすぐ春休み

最近、朝晩は冷えるものの
日中はだいぶ暖かくなってきましたね。

春の訪れを感じます。

それに合わせてか、
ユーカリが丘校も校舎への問い合わせが増えております。

体験授業、招待講習、入塾…etc
どこかで噂を聞いてか口コミで来てくれています。

まったく紹介とかなく校舎に直接問い合わせに
来てくれた方も、校舎に来ると「おう!」と
知り合いや友人がいたりして
地元の塾、って感じが一層出てきたように感じます。

予備校だけど塾みたいな雰囲気が
まさに目指すところであるので
勉強ももちろん頑張るけど、みんなと切磋琢磨して頑張る
みたいな環境を提供できればと思います。

ファイル 1417-1.jpg

新年度招待講習は
3/27(月)で1講座受講可能締切日となります。
premium高校部各校舎とも3/22~24は休校日となりますので
お早目にお問い合わせください。

(ユーカリが丘校 内藤)

きっかけ

ついこの前まで塾で学習していた受験生が卒業し、
2年生たちは「もう自分たちが受験する番なんだ」
という気持ちが強くなってきています。

また、1年生たちは
「もう2年生になるのだから、今までの学習の取り組み方
 ではいけないな」
と感じ始めている様です。

今日は、「最近気持ちがダレて、学習に取り組めていない」
と言うOくんと話をしました。

話を聞くと、
「これから学習をしていく中で、
 本当に成績が上がっていくのだろうか?」
という不安を抱いている様でした。

結果が出ていない状況で自身を持つことは
難しいことだと思います。

しかし、卒業していった先輩たちも、
学習し始めた頃は、まだ十分な成績ではなかったけれど、
このように学習していったことで、
ちゃんと成績が伸びていったという話をすると、
「自分だってやれる」と気持ちを切り替えてくれました。

Oくんのように「自分にもできる」と思えたその瞬間が
目標に向かって走り始めるスタートだと思います。

塾で学習をすると、走り始める「きっかけ」が
たくさんあります。
生徒同士、お互いに刺激し合えることもありますし、
先輩の成功談が励みになることもあります。

是非、学習を始める「きっかけ」とつかんで
みなさんそれぞれの目標に向かって走り始めてもらえたら
と思います。

(大網白里校 轟)

卒業

卒業パーティ!

本日、鎌取駅南口校で
卒業パーティーが行われました。
ファイル 1415-1.jpg
国公立大学の後期入試の発表を控えている生徒もいれば
国公立大学前期入試で合格が決まった生徒
私立大学で合格が決まった生徒
来年に向けてすでに学習を始めている生徒
ファイル 1415-2.jpg
生徒の状況はさまざまですが、多くの受験生が塾にやってきてくれ
皆で楽しい時間を過ごすことができました。

ただ、これがゴールではありません。
ここからがまた新たなスタートです。
皆別々の道を進みますが、
もしこれから先立ち止まりそうになったときは
ここで頑張ってきたことを思い出してください。
きっと心の支えになると思います。
みんな卒業おめでとう!
また会える日を楽しみにしています。
(鎌取駅南口校 北野)

次は君たち!

今年の受験生たちの大学入試結果がひとつずつ決まっていく中、
高校で新学年を迎える後輩たちの勉強も、節目を迎えています。

学年末の定期試験が忙しい中、校舎に掲示されている合格速報を見た生徒が、
「あ、○○先輩受かったんですね!」と嬉しそうに言っていました。
高校は違っても、中学時代からの知り合いだそうです。
おゆみ野駅前校は近所から通っている生徒が多く、
熟で会った人が小中学校のころ知り合いだったという関係が少なくありません。

定期試験対策をやりながらも、模試や受講など、自分たちの受験勉強に取り組んでいる生徒たちの目には、
目の前で頑張り続けてきた先輩たちの姿が映っていました。
同じ塾に通いながら、今度は自分が受験生になるという思いの中、
先輩の合格を素直に喜べる気持ちは、とても尊いと思います。

受験は団体戦といいますが、ともに頑張る同じ学年だけでなく、
先輩から後輩へと受け継がれるものも、大きな力です。
今年の卒業生たちの力が次の受験生たちに伝わるよう、話をしていこうとおもいます。

(おゆみ野駅前校 小林)

また会おう!

国公立大前期の発表が出揃いました。
この時期になると、受験は正直だなと実感します。
準備できた分だけ、身にできた分だけ、結果が出ます。
どんなに努力しても、足りなければ結果には繋がらない。

やはり、考えうる全ての勉強をやりきって、
自信を持って挑む受験生は強い。


A君の合否確認を電話で行った時のことです。

第一志望の国立大は残念ながら不合格。
進学先を確認し、要件を話終えて、電話を切ろうとした時、
A君が

「あ、先生、今までありがとうございました」

A君は毎日、朝から晩まで校舎にこもって勉強していました。
ショックも大きいだろうこの時に、
御礼を言えるA君の強さに感動しました。

きっとこの先、
素晴らしい男性に成長してくれると確信しました。
受験は通過点と、よく言われます。
勝負には、勝たないと意味がないという人もいます。
それでも、この経験から得た強さは
一生の糧になると私は信じています。

数年後、成長したA君と再び会って話をしてみたいな…と
心から願った瞬間でした。

(土気駅北口校校長 呉屋)

最後まで応援します

こんにちは。ユーカリが丘校の片岡です。

国立大学前期入試の発表が一通り終わり、
ユーカリが丘校でも色々な報告がありました。

第一志望合格を果たした生徒、
後期入試で再チャレンジする生徒、
来年に向けて動き出している生徒、
結果も違えば、このあとの過ごし方も人それぞれです。

ユーカリが丘校の受験生は、全員が自分の大学受験に向けて頑張っていました。
例え入試結果で思うような結果が出なくても、その「努力」はなくなりません。
生徒には、その努力した体験を次に生かしてほしいと思います。

とは言っても、やはり「結果」も大事ですよね。
明日は国立後期入試。
もし、まだ今年できることがあるなら、生徒には最後までがんばってほしいと思います。
もちろん私たちも最後まで応援します。

(ユーカリが丘校 片岡)

~追記~
本日、昨年の卒業生が報告に来てくれました。
現役生のときは惜しくも志望校合格を逃しましたが、今年は頑張って某有名大学に合格できたとのことです。
この1年間の話や大学でやりたいことを話してくれました。
卒業生が来てくれるのはやっぱりうれしいですね。
これからも生徒の心に残る校舎になるよう努力していきます。

ページ移動