counter

記事一覧

演習の復習を

本日の昼間は、先日、中1生が受けた英語演習No.3の答案を分析していました。

ファイル 2489-1.jpg

担当している約80人の答案をみていて思ったことを書きます。
大人からすると、予測がつかないところでミスをしているので、注意深く生徒の答案を見ることは、大変意義があるのです。

予想していたような
大文字小文字のミス、ピリオド、クエスチョンマーク忘れ、疑問文の語順などの定番のものから、

No, I am.
I am a not teacher.
I're ← 短縮形の混同

など、ルールがぼんやりとしか見えていないこの時期だからこそ、出てくるさまざまなタイプのミスがありました。
一つ一つ、何と混同しているのか、何ができていないのかを注目していくことが必要です。今後の中1の授業では、新しい単元に入る前に、演習の復習に時間を割いて、しっかりと身につけさせたいと考えています。
(白鳥)

どんどん発表

4年生も塾で勉強し始めて早くも一か月以上経ちました。
最初は緊張した様子で勉強していた生徒たちも、だんだん本性を現してきました。
授業中の発言も積極的になってきました。良いですね。一番最初の授業でも言いましたが、とにかく参加することが大事です。発言、質問をすることはとても大事です。
ファイル 2488-1.jpg
例えば、国語の記述問題は同じような内容を書いていても文末の形が違ったり、主語がなかったり生徒によっていろいろです。でも、最初は内容がそれっぽければ○にしてしまうんですね。そんなとき、発表すれば自分の間違いに気づく機会にもなるし、同じような間違いをした生徒の気づく機会にもなります。ですから、あっているかなと疑問に思ってもどんどん発表してください。
よく授業の後に記述の質問をする生徒がいますが、授業中に質問してくれれば自分もすぐに直せるし、他の生徒の参考にもなりますよね。全員が参加してくれれば、それだけ成長する機会が増えます。
全員で積極的に参加して、どんどん成長したいですね。

ちなみに、本日は土気教室で初めての漢字テストだったのですが見事全員合格でした。好発進です。次回はぜひ全員満点を!

(教務 伊藤)

されど漢字。

本日は、土気教室で3年生の授業でした。
国語の授業の最初に漢字のテストを行います。なんだか取り組みや点数を見ていると漢字を甘く見ている生徒が多い気がします。
入試で必要とされる漢字は2000以上。これは直前になって慌てて取り組んでどうにかなる数ではないです。
しかも、配点は結構高い。入試は最後は1点、2点の勝負になります。難しい問題でとっても、漢字でとっても2点は同じ2点です。漢字は練習すれば必ずできるようになります。そう考えれば、漢字分の得点はただでもらえるようなものです。
ファイル 2487-1.jpg
毎回のテストに向けて練習してできなかったものを身につけてと繰り返していけば入試までに必ず必要な漢字力はつきます。漢字を制する者は受験を制するとは言い切れませんが、漢字を制さないものは受験を制することはできません。
たかが漢字と侮らずに今からコツコツと取り組んでいってほしいと思います。

(教務 伊藤)

1か月が経ち…

本日は豊学塾/ism本納からお送りします。

豊学塾/ism本納が開校して、1か月が経ちました。
開校当初は新年度スタートもあり、バタバタとしておりましたが、
現在は落ち着いた雰囲気になっております。

先日塾を探しにお越しくださった方から

「勉強に集中できる、とてもいい環境ですね」

と言っていただけました。
そうなんです。
「塾に来たら勉強に集中する」ということが、ごく自然にできる環境にあるんです。

それは教室の形や雰囲気も要因となっていますが、
通っている生徒たち自身がそうさせているともいえます。
やるときにはしっかりやるという、メリハリのある姿勢を心がけています。

そんな生徒たちとも、春期講習を通して、かなり距離を詰められたと感じています。
来週から学校でも新年度が始まり、いよいよ本格的に一年がスタートすることになります。
生徒たちには、新しくスタートする学校と両立してもらいながら、この後の塾の勉強も頑張ってもらいます。

[宣伝コーナー]
誉田進学塾では入塾試験でのご入塾をお願いしておりますが、
豊学塾/ism本納では、入塾のご相談や学習相談などは随時承っております。
ファイル 2486-1.jpg

どうぞお気軽にお越し下さい!!

【豊学塾/ism本納教室長 辻】

「わからない」を楽しもう

春期講習も終わって、通常授業も2日目です。
私たちもそうですが、生徒もリズムを取り戻すのにちょっと苦労。
学校が始まったこともあるかもしれませんね。

今日は中学2年生。いつも元気なクラスも、前半はとても疲れた様子。(不思議なことに、前半と後半だと、ほとんどの場合は後半の方が元気なんです。)
始まった瞬間に息抜きのクイズを要求されます。(春期講習ではあえてクイズを多用しています。)
ですが、もう講習は終わっていますし、いつもやっていると効果(有難味?)が薄れます。ここは毅然とした態度で却下。

今回は式の計算のまとめ。少し難しめの問題。
その中から1問。
「x+y+z=0のとき、x/z+x/y+y/z+y/x+(x+z)/x+(y+z)/yの値を求めよ」
(読みにくいですよね。すみません。)
大人からするとどうってことない問題。でも中2にとっては…。

ノーヒントでできたのは1人か2人。
ちょっとヒントもらってちらほら。
かな~りヒントもらって2/3ぐらい。
他はヒントもらっても???
わかった人は「おぉーっ」と歓声を上げていましたが、その声の大きさはヒントもらった度合と反比例していました。
やはり、自分で頭を使って解けた時の爽快感は格別。
これが数学の醍醐味だと思います。だからほんとはヒントあげたくないのです。

その爽快感・達成感をどれだけ生徒に与えられるか、それが私の目標です。なかなか難しい…。

数学難問だと嫌な顔をする生徒がまだまだ多いです。でも、そんな生徒もクイズで悩んでいるときの表情はとても生き生きとしています。クイズも数学も同じなんだよ、とこれからも常に言い続けていくつもりです。

(鎌取教室 森賀)

通常授業再スタート!

通常授業再スタート!
春期講習も終わり、通常授業再スタートです。
塾としての新年度は3月からすでに始まっていますが、学校では新年度がスタートする時期です。
区切りの時期として、ありがたいことに、この時期に入塾してくださる生徒さんがいらっしゃいます。
今日の授業、
ファイル 2483-1.jpg
最初にそのことに触れると、「先生、一人ずつ自己紹介しましょう!」との声。
……さすがに授業中にそれをやるのは時間がかかりすぎるのでだめですが、休み時間に話してみてね、としました。
同じクラスであるということは、単に同じ教室で勉強しているということだけではなく、同じ場所でともに学び、切磋琢磨していく仲間だということを意味します。
新しく入塾してくださる生徒さんも、はじめは慣れないことが多くとも、みなさん徐々に馴染み、仲間になっていきます。

おまけ

ファイル 2483-2.jpg

4年生、3月に入塾したばかりなのに、すでに休み時間とても楽しそうです。写真は授業前のじゃんけん勝負です。

(教務 河澄)

卒業生がきてくれました

卒業生が近況報告に来てくれました。

ファイル 2484-1.jpg

5年前にsiriusを卒業した2人で、なんでも、SAKURA Tempesta という国際ロボット競技会チームに入り、FRCという高校生向けのロボティクス大会を目指して活動中とのこと。

FRCは日本のロボコンを大きくしたもので、なんと、世界27ヵ国、3647チームが出場。優秀な成績だとアメリカではそれで就職できるという高水準だそうな。

そして、すごい報告が。ハワイで開催された地区大会で Rookie All Star Award (最も優れた初回参加チームに与えられる賞)を受賞し、4月26日から28日にデトロイトで開催されるFIRST Championship (世界大会) への参加権を手に入れたとのこと。FIRST Championship参加は日本初の快挙だそうです。
 
 
学業もやって(最難関国立大を狙っているらしい)、部活もやって(部長の任を全うしたとのこと)、そして下校後に協力してくれことになった大学にメンバーが集まってロボット制作。追い込み時期は終電で帰ることもあったそうです。
でもいいですね。熱心に何かに打ち込んでいる姿を見て、とても元気をもらえました。

チームは目下のところ、世界大会に向けて最終調整中で、資金調達にも奔走しているとのこと。写真左の女の子は広報担当で、企業をまわって支援を依頼したりしているそうです。なんと、自動車部品の世界シェア1位、BOSCHをスポンサーに獲得しているのだそうな。
ぜひ活動サイトをのぞいてみてください。
https://sakura-tempesta.org/
クラウドファンディングも活用しているそうです。
 
 
 
精一杯打ち込んでいる姿を見ると、正解大会後には大学受験にも目一杯打ち込むんだろうなぁ。がんばれ卒業生!!

福田

良いスタート!

春期講習最終日。
ファイル 2482-1.jpg
毎日よくがんばりました!

春期講習の授業カリキュラムは、どの学年もしっかりと時間をかけるべき重要単元ばかり。
密度の濃い時間ではありましたが、みんな見事に乗り越え、新年度に向けて良いスタートが切れました。

特に中学1年生は、新しい環境でのスタートになります。最初ですべてが決まるといっても過言ではありません。
ファイル 2482-2.jpg

心配はいりません、誉田進学塾中1生は一足お先に中学生になっています。
中学校での新生活、勉強に部活にとても楽しみだね。

また、小学生は、普段よりも時間がたっぷり(90分×2)。
ファイル 2482-3.jpg
オンとオフの使い分けを保ち、気持ちを出来るだけ高い状態にするためにも、授業の中で頭の切り替えをする時間を!
算数ではヒラメキクイズ、
ファイル 2482-4.jpg
国語では漢字クイズを出すなど、勉強でリフレッシュすることを各教室、各スタッフが全力で!
ファイル 2482-5.jpg

その効果は…
この顔を見れば明らかです。

4月からも楽しく真剣に!
楽しみです。

(高校受験部事業部長 神田)

中学生になって初!!

こんにちは、清水です。

今日は中1の生徒たちが中学生になって初めての模試になります。
小学生の時の月例テストと違い、
中学生の模試では志望校を書いて判定してもらいます。
「どの高校書こうかな?」
とどの生徒も楽しそうに選んでいました。

模試が始まるとみんな真剣
ファイル 2481-1.jpg

13:00~16:50までの長丁場だったので最後のほうは少し疲れ気味でした。
それでもみんなよく頑張っていたと思います。

そして生徒たちには伝えていますが、
模試で大切なのは「模試を受けた後何をするかです。」

模試は自分が出来ないところを教えてくれる機会です。
受けっぱなしにして、分からないところをそのままにしておくのはもったいないですね。
ぜひ、模試の直しをすることで
「できないところをできるようにする」
そんな勉強をしてみてください。

(ismおゆみ野副教室長 清水)

4月になりました。

塾では一足先に新年度が始まっていますが、学校でももうすぐ新しい学年がスタートしますね。
6年生だった人は中学生になりますが、中学校はどんなところかな?部活は何に入ろうかな?勉強は難しいのかな?
など、新しい環境に色々な気持ちを抱いている人もいるのではないでしょうか。
何か困ったことや悩み事、それ以外のことでも、先生方や事務の人でも気軽にお話ししてください。いつでも待ってます。

さて、ismちはら台では本日、中1は初めての統一テストがありました。
今日塾に来て「テスト嫌だー」と言っていた生徒さんも、いざテストが始まるとしっかり集中してテストに向かっていました。
ファイル 2480-1.jpg
さすが中学生ですね!テスト後の自己採点と直しもきちんとやりましょう。
この調子で頑張っていきましょう。応援しています。
(事務 西山)