counter

記事一覧

冬期講習始まります

いよいよ、12/23(金)より冬期講習が始まります。

実は少し前から教務スタッフも事務スタッフも、冬期講習に向けて準備を進めていました。

今日も塾生のみなさんが快適に冬期講習に臨めるよう、準備を進めましたよ!

冬期講習準備のうちの1つがこちら、ほうじ茶セットの用意です。

ファイル 2083-1.jpg

冬期講習中は、あったかいほうじ茶をいつでも飲めるようにセットしてあります。

疲れたときはあったかいほうじ茶を飲んで体を休めてくださいね。

こうした準備1つ1つが、少しでもみなさんの塾での過ごしやすさにつながればいいなと思います。

そして、冬期講習からは新たに誉田進学塾で勉強してくれる仲間が増えますね。
みなさんをむかえる準備ももちろんできています!

冬期講習、一緒に頑張りましょう!

12/22(木)は鎌取教室以外の校舎が開いていませんので、ご注意ください。

(事務 市川)

風邪ニモマケズ

最近、すごく寒くなったり、そうでもなかったり安定しない天気が続いています。マスクをしている生徒が多いです。大丈夫かな…。
ファイル 2082-1.jpg
今日は鎌取の自習室の様子を一枚。
よしよし、静かに勉強しているな。感心感心。
近くに友達がいると、ついつい気が緩むもの。自習室を見張りに行こうかと思いましたがその必要はなさそうです。流石です。

話を戻して体調管理。皆さん大丈夫ですか。人が多く集まるところはどうしても風邪がうつりやすいです。各自しっかり対策しましょう。
私なりの風邪対策はストレスをためないこと。イライラしたら運動したり、おいしいもの食べたり、音楽を聴いたり…。短時間でスッキリできます。
自分なりのストレスケアを見つけましょう。
病は気から。心のケアも重要ですよ。

(教務 伊藤)

人に話してみる

みんな真剣な表情で何かに取り組んでいます。ファイル 2081-1.jpg

写真の子たちは、ismちはら台の中1の生徒たちです。
邪魔しないように部屋の外からドア越しにこっそり撮らせて頂きました。

これは追試に取り組んでいる様子なのですが、なんだかいつにも増して気合いが入っているような…
真剣に取り組んでいる様子が伝わってきます。

その理由は、来週の12月23日から冬期講習が始まるため、本日は中学1年生にとって冬期講習前最後の追試の日なのです。
水を飲みに部屋から出てきた生徒と少し話していたのですが、部屋に戻る前に「今日までにあと3つは終わらせる!」と宣言してくれました。

その意気です!!
私は自分に甘くなってるな、なんかやる気が出ないなと思った時には、自分で決めた目標を人に話すようにしていました。
人に話しておくと、言ったからにはやるぞという気持ちに自然となれるため、最後までやり遂げることができました。
人によるかもしれませんが、これも一つの有効なやり方かもしれませんね。
ぜひ一度試してみてください。

(事務 永池)

教室のお花が替わりました

今日塾に来たみんなは、気づいてくれたかな?

本日ismユーカリが丘では、お花の植え替えをいたしました!

今まではインパチェンスというお花がキレイに咲いてくれていましたが、冬は黄色いパンジーがユーカリの校舎を見守ってくれます。

ファイル 2080-1.jpg

先生たちが頑張ってとってもキレイに植え替えてくれました!

教室によって植えてあるお花がちがいますので、
これから入塾ガイダンスや入塾試験のお申込等で塾にいらしていただける際は、ぜひお花にも目を向けていただけたらと思います。

開校前に毎回水遣り、お手入れをしていますので、
しばらくはキレイな状態で咲いていてくれるはずです!

キレイなお花とキレイな校舎で、皆様をお待ちしております。

(事務 市川)

祈願

すみません。2か月ぶりの指名で嬉しくて2日分書いてしまいました。

本日、受験生の成功を祈って祈願しました。
ファイル 2079-1.jpg

ファイル 2079-2.jpg
なんか手が映り込んじゃっていますね…。あらら。
じゃなくて、これは、写真を撮っている清水先生が祈っている手です。

そんなことしなくても、次は清水先生の番ね。
ファイル 2079-3.jpg

ところで、受験生の「成功」って何でしょうか?
成功=合格??

では、「ここなら落ちないでしょ。」というところを受けて「合格」が手に入れば?それでも成功?

私は、受験生が「受験を通して成長すること」だと考えます。

目標に向けて努力することの大切さを学ぶこと。

自分が努力することで、どれだけ周りを勇気づけられるか気づくこと。

今まで気づかなかった周囲のサポートに気づき、感謝できるようになること。

誘惑に打ち勝ち、己を律することができるようになること。

プレッシャーに負けない強いハートを手に入れること。

受験生は受験を通して人として成長していきます。
合格はその結果としてついてくるものです。
受験生の成長を祈って、厳しいことも言いますが、最後までしっかりサポートしていく覚悟です。

(ism誉田副教室長 佛坂)

Vもぎ 今年も圧勝!

「先生、この人たち何ー?偉いのー?」

ファイル 2078-1.jpg

4年生たちが指さす先には、「Honda Shingakujuku NEWS」というポスター。
Vもぎで千葉県1位を獲った誉田進学塾の先輩たちの写真が載っています。
今年は9月、10月、11月と3連覇。圧勝です!
もちろんすごいのは1位を獲った生徒だけではありません。
毎回千葉県ベスト100に20名近く誉田進学塾の塾生がランクインしています。

「みんなも5年後にはこうなるんだよ。」

小学生も、目指すところは高校入試。
楽しみながら「土台作り」をしていきます。

(ism誉田副教室長 佛坂)

入試

誉田進学塾では、シリウスの小学6年生の入試が、12月1日(木)最初に行われ、今年度の入試シーズンが到来しました。そして、先週12月10日(土)は千葉中の一次検査。1年間、TOPで準備をしてきた小学6年生たちが挑戦しました。

気付けば、中学3年生も、あと1ヶ月ほどで入試が始まります。今の状態で、本当に入試に間に合うのだろうか、と毎年同じことを不安に感じます。ところがその日がやってくるとしっかり準備し、晴々とした表情で入試会場に現れる中学3年生たちがいます。

来週から行われる冬期講習では、1日に5教科[英数国理社]の模擬試験を2セット(500点×2回=1,000点)。それを6日間連続で実施します。12回実施することで、中1~中3までの全範囲をもう一度総復習します。ここで間違えた問題が最も重要です。当然、教科書や参考書に戻って、理解できていない単元(範囲)を復習し、穴を補完します。
その後、年明けに公立高校の入試問題を実施し、合否判定を行い、どこまで力が伸びているのか最終確認。

冬期講習を挟んでのこの1ヵ月間で、彼らは本当に成長します。多少の不安はあっても、自分の足で歩み始めます。私たちスタッフもお膳立てはしますが、それ以外にできることはほとんどありません。
今年も彼らに任せる時期が近づいてきました。
あとは彼らの成長を信じて見守るだけです。

 (土気教室 教室長:石﨑)

お花と同じ

先週、植物が増えました。
カランコエというお花です。
鎌取教室だけでなく、他の教室にも受付周りにあるかと思います。

ファイル 2076-1.jpg

今はまだ、つぼみの状態です。
カランコエは、白やピンク、オレンジ、黄色の花が咲きます。
どんな色のお花が咲くのか楽しみにしながら、毎日お手入れしたりお水をあげたりしています。

花が咲くのは、冬~春にかけてのようです。
その頃には、受験生のみなさんも、それぞれ素敵な花を咲かせていることでしょう。
辛いこともあるかもしれませんが、厳しい冬を乗り越えてこそ、綺麗な花を咲かせることができるのだと思います。

ファイル 2076-2.jpg

どんな花を咲かせるのか楽しみです。

(事務 西山)

チューター冬期研修

本日鎌取教室にてチューター冬期研修を行いました。
塾ではもうすぐ冬期講習が始まりますが、その中で中3は冬期演習を朝からお昼過ぎまで6日間連続で行います。
昼過ぎまで実施したテストですが、それが返却されるのはテストが終わったわずか2時間後。
そんな早業を成し遂げてくれるのが、チューターさんたちです。

ファイル 2075-1.jpg

本日はその中3冬期演習についての業務確認と、通常業務においての改善点や提案について話し合いました。

ファイル 2075-2.jpg

ファイル 2075-3.jpg

思った以上に意見や改善点が出てきて、「よく周りを見て行動してくれているなあ」とチューター管理ながら感謝をしています。

チューターは全員誉田進学塾の卒業生。この冬期演習を乗り越えてきました。

冬期講習が終わると受験まで2週間ほどとなります。最後の追い込みをチューター一同も応援しています!!

(チューター管理担当 中島)

県立千葉中適性検査

本日は県立千葉中の一次検査がありました。

ファイル 2074-1.jpg

木枯らしが少し強めに吹いていましたが、雲一つない晴天の下、検査当日を迎えることができました。

小6になってからの8か月間、この日に向かって本当に頑張ってきました。
大人の私達が見てもたじろいてしまう問題に果敢に挑み、作文にダメ出しを食らっても何度も書いてきました。
小学6年生と言えば、友達とゲームをして遊んだり、習い事に打ち込んだりした年頃です。正直、千葉中を受検しない生徒のほうが千葉県内では多数派ですし、千葉中に行かなくても地元の公立中学に進学できます。
しかし、彼らはやりたいことが制限されてまでも千葉中という高い目標に向かって取り組んできたのです。

ファイル 2074-2.jpg

応援は門の前までしか行けないので、正門の前にスタッフ一同陣取り、最後の激励を行いました。
県立千葉の正門前は坂道になっているのですが、その坂道を上って来るみんなの姿はとても頼もしく見えました。

本音を言えば、私は当日まで緊張していました。「ちゃんとみんな寝れたかな…?」「緊張してないかな…」と不安だったのですが、
坂を上ってきたみんなの顔を見たときにそんな不安と緊張は吹っ飛んでしまいました。みんなの方がよっぽど心が強かったですね。

このブログを読んでいる時は、検査が終わって一息ついている頃だと思います。
試験は楽しめましたか? 皆さんにとって、初めての「入試」でした。

大事なことは「入試を全力で楽しめたか」ということ。合格不合格はあくまで結果です。
私たちは、入試を通して勉強のやり方や、人としての態度などを学んでほしい、ということを第一に授業をしています。
後悔しない入試ができたなら、私たちはとても満足です。

今日は1日頑張りましたね。まだ一次検査が終わっても二次検査があるのでこれで終わり、というわけではありませんが、
今日くらいは自分の好きなことをしてリフレッシュしてください。

(教務 中島)