counter

記事一覧

定期試験期間開始!

中3も小学生も頑張っていますが、
もちろん、中1・中2も負けじと頑張っています!

ismユーカリが丘では、
一昨日から定期試験期間に入りました。

定期試験が近くなってきた学校の生徒は、
授業を一旦ストップし、塾で試験勉強をするのです。

ファイル 2729-1.jpg ファイル 2729-2.jpg

写真を取りに教室に入りましたが、
入るのが申し訳なくなるくらいみんなよく集中していました。

先生たちは、試験期間に入る前から
「この子は前回こうだったから、
今回はこう勉強したらもっと良くなるのではないか」
「この子にはこういう声かけをしたらいいのではないか」
と、みんなで話し合っていました。

先生とタッグを組んで作戦を立てて
学年最後の定期試験、頑張りましょう!

(事務 市川)

*************************************************************

<春期定例入塾試験③のお知らせ>

現在、窓口申込受付中です。
ファイル 2729-3.png
※誉田進学塾ismは火曜日~土曜日の受付です。

詳細は下記ホームページをご覧ください。
URL:http://www.jasmec.co.jp/

新年度スタートも間近!一緒に学ぶ仲間を待っています!
(冬期定例入塾試験、春期定例入塾試験①②を受験された方も再受験が可能です。)

*************************************************************

頭の使い方

中3は入試真っ只中ですが、小学生も負けじと難問にチャレンジしています。

ファイル 2728-1.jpg
ファイル 2728-2.jpg
ファイル 2728-3.jpg

平均点が50~60点のテストですからね。
作った私たちが言うのもなんですが、すごいですよね・・・

テストを受ける目的はいろいろあると思います。

☆本番と同じ緊張感を体験すること
☆定着している問題とそうでない問題を明確にすること
☆仲間と競争することでより高いところを目指すこと

でも、このテストの一番の目的は「思考力を鍛えること」です。

思考力は難しい問題に直面した時「こういうことかな?」「こっちがダメなら…」と、自分なりに試行錯誤することで鍛えることがでます。
そういう頭の使い方を学ぶためのテストです。
将来、社会に出たとき学力だけが高くても何にもならない。
だって、機械が計算や記録は全部やってくれますから。

どんな困難な状況でも、道を探すことをあきらめない人。
その道しるべとなるのは、それまでの経験です。

だから、小学生のうちにたくさん学んで、たくさん間違えてほしい。
そのための一つである今回のテスト。
どうだったかな!?

さあて、採点はじめますか~~。

(糸日谷)

**********************************************************

<春期定例入塾試験③のお知らせ>

現在、窓口申込受付中です。
ファイル 2728-4.png
※誉田進学塾ismは火曜日~土曜日の受付です。

詳細は下記ホームページをご覧ください。
URL:http://www.jasmec.co.jp/

新年度スタートも間近!一緒に学ぶ仲間を待っています!
(冬期定例入塾試験、春期定例入塾試験①②を受験された方も再受験が可能です。)

**********************************************************

卒業生が来ました!

先週、ism大網に卒業生が来てくれました!

ファイル 2727-1.jpg

受験が近づいてくると、前年卒業した生徒が受験生の激励に足を運んでくれることが度々あります。
「自分は直前にこんな勉強をしていた」「本番ではこんな失敗をしてしまったのでみんなは気を付けて!」など
様々な言葉で受験生を励ましてくれます。

ファイル 2727-2.jpg
1つ年上の、自分の校舎の先輩の話ということもあり、皆真剣に聞いています。
私たちスタッフが話すのとはまた違った刺激があります。

このような先輩の姿が目に焼き付いているので、次の年になると「自分も先輩のように激励したい!」と思い塾に足を運んでくれるのです。
こうして思いは受け継がれていきます。本当に素晴らしいことです。
誉田進学塾生は卒業しても誉田進学塾生なのだなと感じる瞬間です。

いろんな人が応援しています。
その愛を一身に受けて、受験に向かって行こう!

(ism大網副教室長 大坂)

*************************************************************

<春期定例入塾試験③のお知らせ>

現在、窓口申込受付中です。
ファイル 2727-3.png
※誉田進学塾ismは火曜日~土曜日の受付です。

詳細は下記ホームページをご覧ください。
URL:http://www.jasmec.co.jp/

新年度スタートも間近!一緒に学ぶ仲間を待っています!
(冬期定例入塾試験、春期定例入塾試験①②を受験された方も再受験が可能です。)

*************************************************************

終わり良ければ……

受験シーズン真っ只中ですので、受験生の話がしたいのですが、他のスタッフが大いに話しているため、今皆さんお腹いっぱいかと思います。
そこで少し視点を変えて、今回は中1・中2のお話をば。

誉田進学塾の新年度は3月からとなっています。学校ではまだギリギリ旧学年ですが、塾内ではもう新学年扱いです。中1は中2、中2は中3=受験学年として話をしていきます。となると、今の学年でいられるのもあと1ヶ月ちょっと。ここはひとつ、ビシッと決めて新学年に上がってもらいたいものです。そんなビシッと決める良い機会が、近々各中学校で行われます。学期末の定期試験です。

ファイル 2726-1.jpg

「今回がこの学年で受ける最後のテストです。最後のテストをビシッと決めて、気持ち良く次のステージに進もうよ」
と先日生徒たちに話しました。前が悪かったとは言いませんが、それでも「終わり良ければ全て良し」と言いますからね。より良い結果が出せるように、これから少しずつ頑張ってもらえたらなと思います。

この定期試験勉強の経験を積み重ねると、いよいよ受験勉強に勤しむことになった時に役に立ちます。「目標と現状を比べて、自分のやるべき課題を見つけて、それを随時潰していく」、中学生だからこそ勉強になる勉強方法ではないでしょうか。

受験生が猛進する中、他の学年の子たちも負けじと頑張ってくれています。

【豊学塾/ism本納教室長 辻】

********************************************************

<春期定例入塾試験③のお知らせ>

明日1/30(水)より申込受付開始します!!

新年度開始前最後のチャンスです。
新年度の始動(3月から)に合わせ、ぜひ一緒に頑張る仲間を増やして、今いる子供たちにも、新しい風と活気を与えたいと考えています。
(冬期定例・春期定例①②を受験された方も、ご連絡いただければ再受験が可能です。)

ファイル 2726-4.png

日程: 2/9(土)
時間:時間帯は教室ごとに異なりますが、試験時間は約3時間ほどです。
会場:誉田進学塾・誉田進学塾ismの各教室
  お近くの教室または日程の合う教室で受験できます。
対象: 新小4・新小5・新小6・新中1・新中2・新中3

受付: 窓口受付(月曜日~土曜日の14:30~22:00)

  ※ismの教室は火曜日~土曜日となっています。

  塾のことについての質問なども一緒に承れるようになっております。

素敵な花を。

赤いかわいい花が咲きました。
鎌取教室の階段に置いてあるカランコエという鉢植えのお花です。
ファイル 2725-1.jpg
カランコエには黄色やピンクの花もあり、咲いてみるまで何色かわかりません。
蕾のときには、何色の花が咲くかな?と楽しみにしていました。
毎日、学校が終わるとすぐ塾に来て、夜遅くまで一生懸命勉強している受験生。
そんな姿を見ていると、去年とは見違えるように成長したなぁと感じます。
また受験を通して、今後どこまで成長していくのかな?とまだまだ楽しみです。
みなさんもきっと素敵な花を咲かせるんだろうなとわくわくしています。
今まで積み上げてきた努力を本番で出せるよう、応援しています!

(事務 西山)

受験生の一番の味方

本日、県立中学校の二次検査が行われました。

私も県立千葉中の会場に行き、他のスタッフと一緒に受験生を応援してきました。

その時に、保護者の方の一人から「朝早くからありがとうございます」と声をかけていただきました。
大変嬉しかったです。だけど、私の方からもお礼を言いたいです。

これまで、塾の行き帰りの送迎、お弁当の用意、塾以外での受験生への激励など、保護者の方に多くの事でご理解・ご協力をいただきました。
そうしたご家庭のご協力があってこそ、お子様が受験生として成長し、自分の未来に向かって立ち向かっっていきます。

受験生の一番の味方は保護者の方です。改めてそう感じた一日でした。

ism大網教室長 溝川

スタッフも頑張っています!

誉田進学塾では、生徒たちが私立高校の入試を受けるとその日のうちに塾に来て、自分の問題用紙に書き写した答えと記憶を頼りに、塾で用意した解答用紙に答案を再現します。そして、「模範解答」をもとに塾で採点し、生徒一人ひとりの得点を確認します。
各高校が合格最低点を公表しているので、自分の得点を基に分析し、後期の出願校を決めたり、出願回避して公立入試にシフトしたりもできます。

ところで、各高校は「模範解答」や「配点」を公表していません。それでは、「模範解答」はどうやって手に入れているのでしょう?
それは秘密……?

 ……ではなく、実は、当塾のスタッフが総がかりで作っています。入試から生徒が帰ってくるとまず問題をスキャンし、インターネットを通じて各教室に配信します。最初に解き終わったスタッフがネット上に答えを書きこみ、他のスタッフの解答と照らし合わせながらベストの解答を作り上げています。入試が始まると私たちスタッフも真剣に入試問題を解いています。しかも、生徒が速やかに次の対策をできるよう、スピード勝負です!
受験生だけではなく、私たちスタッフにとっても熱い受験シーズンが始まりました!

公立入試は、2月12日(火)から始まります。今年もまた、誉田進学塾が千葉テレビで「解説」をするのかな…?
詳細は、後日報告いたします。ご期待ください!

 (石﨑)

入試フィードバック

私立の高校入試、中学入試ともに受験のピークは過ぎ、合否結果も出そろってきています。

昭和学院秀英高校 入試当日
ファイル 2722-1.jpg
市川中 入試当日
ファイル 2722-2.jpg
ほとんどの生徒は、まだ今後の受験が控えています。
入試当日で学んだことは大きな経験になったはずです。
スポーツと同じで、積み重ねたことを本番で生かすことは本番でしか学べません。
普段できるような問題ができなかったり、これまでと違う傾向の問題がでて焦ったりと、生徒達も振り返っていました。
しかし、これらの失敗が次の大きな財産となります。
前向きに進む生徒が、最後に結果を出します。

受験を通して、これまで以上に自分と向き合い、目標に向かって頑張ること。
受験というのは成長できるすばらしいチャンスだと信じています。
だからこそ、精いっぱい生徒達を応援していきたいと思います。

受験の結果は通常、合否の結果しか分かりません。
誉田進学塾では入試の当日に答案の再現を行い、採点済みの答案で、生徒たちに入試のフィードバックをしていきます。
次に生かすために、さらに後押しします。

【ismちはら台教室長 柏原】

御守

合格を勝ち取るには努力が必要です。努力をせずに合格は勝ち取れません。もちろん塾では合格が一番良い成功ですが、世の中合格だけが成功ではない訳です。
どんなことに挑戦するにも…

努力をして成功できるとは限りませんが、成功した人は必ず努力をしていたはずです。だからこそ皆さんに伝えたい。
一生懸命努力をして成功してほしいです。
「この成功は自分で勝ち取った」と思えるように日々努力を積み重ねましょう。私も一生懸命努力します。

努力をした上で最後は神様に頼むことにします。
今年は大きな病気をして大変でした。体を健康に保つ努力をしていますが、御守を買ってお願いもしようかな…と、カバンにつけました。
ファイル 2721-1.jpg
でも、やっぱり神様に頼むときに自分の事より「あの子たちが合格しますように」って思っちゃうんだなあこれが。

がんばれ受験生!
あ、そうそう神様にお願いするときには住所も一緒に唱えないと神様が分からなくて願いをかなえられないんだって。知ってました?

(教務 濵川)

受験当日は「大胆」に

受験シーズンに突入し,受験生の皆さんはおそらく緊張と不安の日々を送っているかと思います.

そのような時だからこそ,特に受験前日の夜や当日の朝に「一生懸命受験勉強してきたけれども,周りの受験生はもっと勉強してきているんじゃないのか」と考えてしまう人が多いかもしれません.

しかし,そう考えてしまうこと自体が,自分の中で更に不安を増幅させてしまい,本来の力を存分に発揮できないことに繋がってしまいます.以前に掲載したことでありますが,不安=「毒」です.それを自分で増幅させてしまうことは,自分を更に悪い方向に向かわせかねません.

基本的に,受験勉強をしていて「完璧だ」という人はいません.まして,受験問題というのは,満点は取る必要もありませんし,作成者側も満点を取らせるつもりは毛頭ありません.

ですから,前日まで「できるものを確実にする」ように勉強してきたならば,受験本番で現実にすればよいだけです.自分が直前までやってきたことを信じて,周りを気にせず「大胆」に向かっていきましょう.その姿勢が,いい結果をもたらせてくれるはずですよ.

【教務 西塚】