counter

記事一覧

小学部5年 漢字テスト

ismユーカリが丘よりお届けします。

小学部の国語の授業では、昇段式の漢字テストを毎週実施しています。
○級①上…○級①下…○級②上…のように基本的には一つの級につき4週間分のテストがあります。
その漢字テストですが、5年生は9級からやってきて、一か月ほど前から2級に入りました。
2級の漢字になると6年生の範囲となり、学校で習ったことのない漢字を出題します。

今回、ismユーカリが丘の5年生の結果は、よく勉強してきた人はミスなく満点をとれていたという印象です。

sirius(中学受験コース)でも、毎週漢字テストがありますが、こちらは当日のテストに不合格となると漢字追試があり、基本的には受かるまで帰れません。

小学部漢字には不合格となっても追試はなく、不合格の生徒には次回の漢字テストに向けて、練習する回数や、○つけをするときに見るべきポイントなど、勉強の仕方を具体的に指導します。また、その回の間違えた漢字については、その場で直し、次回のPUTまでには書けるようにすることを目標にします。

国語の試験で、漢字が出題されることは多いです。
ほぼ必ず出題されるといっても過言ではありません。
漢字テストの意義を理解し、こつこつと勉強できる人は、語彙力が増え、国語の力が上がっていくと思います。急な変化ではないので気づきにくいですが、そういう変化によってついた力は揺らぎにくいです。学年が変わっても勉強の本質はかわりません。
地道に勉強を続けられるように指導していきたいと思います。

(教務 白鳥)

一緒に勉強しましょう!

本日、ismおゆみ野の中学1年生は3クラスに分かれて勉強をしていました。

定期試験期間が近くなると、それぞれの通っている学校のスケジュールに合わせて、定期試験勉強をするクラスと授業を受けるクラスに分かれ勉強を進めるのです。

ファイル 2127-1.jpg

こちらは定期試験勉強に励む教室です。
写真を撮りに侵入するのが申し訳なくなるくらいみんな集中していました!

後ろの方の席では、本日授業のない中学2年生も自主的に塾に来て定期試験勉強に励んでいます。

勉強に対する意欲の高い子たちばかりです。

ぜひ、そんな誉田進学塾のみんなと一緒に勉強をしませんか?

ファイル 2127-2.jpg

2/11(土)の入塾試験のお申込みは、明日まで受付中です!

(事務 市川)

中3へイメージ

本日の土気教室中2は最後の授業でした。
中2最後の社会は「駿台模試」です。

駿台模試は言わずと知れた難関模試。
全国でも上位の生徒のみが受ける難度の高い模試です。
誉田進学塾ではこの駿台模試を中1から実施しています。
中1から駿台模試をじっししている意図は、簡単な問題だけでなく、難しい問題にあたることで、「ここまでの力が必要なんだ」とイメージしてもらうということです。

今回の中2最後の社会でも「中3生で必要な力」をイメージしてもらうために駿台模試を実施します。
ちなみに、実施する済んだ模試は「中3生が受験した駿台」です。
ファイル 2126-1.jpg

果たして、中2生が受験学年である中3生と同じ模試を実施することは可能なのか?
答えは「可能」です。
なぜなら、今回実施した駿台は「中3の6月」に実施するものであり、その範囲のほとんどは地理と歴史であるからです。
(塾では地理と歴史は中1中2までで全範囲を終了しています。中学校よりも速いペースではありますが、こうすることで中3になってから公民分野の授業回、入試対策の授業回を十分にとることができるカリキュラムにしています)
しかし、現時点で中2がこの駿台模試で高得点をとることが可能なのか?という疑問には「否」と返すほかありません。
なぜなら、中3生と中2生では「完成度」が異なるからです。
学習は聞くだけで足りず、書くだけでも足りず、理解だけでも足りません。
一度授業を聞いただけではできるようになりません。授業を聞いたうえで自ら学習を深め、自分の欠点を自覚し、それを是正していく必要があります。
中3生の行っている受験勉強と中2生までの学習で異なるのはまさにその点です。
つまり、復習の量が異なるのです。
だからこそ、この時期に中3駿台を実施し、具体的にどこまでの完成度が必要なのかをイメージしてもらいたい。その意図での実施です。

3か月後、中3の6月に同じような範囲を出題する駿台模試を実施します。
その時には5割~6割の点数をとれるように、中3での社会に力を入れてもらいたいと思います。

(教務 森山)

もうひと踏ん張り!

ファイル 2125-1.jpg

高校受験の私立後期の入試も始まり、
公立の前期入試まであと5日…
1週間をきりましたが、体調管理に気をつけながら自分の今やるべきことに向かい突っ走ってください。

そして、現在頑張っている受験生の結果速報を
誉田進学塾のホームページに随時掲載しています。
http://www.jasmec.co.jp/gokaku/gokaku2017.htm

誉田進学塾の各教室((誉田進学塾・誉田進学塾ism・誉田進学塾sirius)にも、
合格者数情報として掲示しています。

ファイル 2125-2.jpg ファイル 2125-3.jpg

速報を教室の中と外からも見えるよう2箇所に掲示してあり、
2/11(土)の入塾試験の受付も行っておりますので申込に来てくださった帰り際等々ぜひご覧ください。

(事務 門脇)

ピンチをチャンスに!

いよいよ2016年度も残り三週間となりました!
3月になれば、みなさんは一足お先に、学年がひとつ上がります。

子どものころの一年は、とても長いものです。
ですから、このひとつ学年が上がる、というのも、とても大きく感じるのだろうと思います。

ファイル 2124-1.jpg

さて、今日は小4の国語のPUT返しの日でした。
小4最後のPUT、みなさん納得のいく結果になったでしょうか。
「前回より上がった!」「思っていたより下がった…」など、さまざまな声が上がっていましたね。

PUTで一番気になるのは、点数だと思います。
自分がどのくらいできたのか、一目でわかりますよね。
ですが、その点数だけを見て、「良い・悪い」を判断してはいけません。

大切なのは、その「先」です。
点数より、もっと大事なことがあります。

ファイル 2124-2.jpg

PUTといったテストを通して得られた結果は、もう過去なんです。
過去の自分を見ていることになります。
でも、大切なのは、未来の自分ではないでしょうか。

だとするなら、過去の自分の結果を、未来につなげることが必要です。
つまり、「間違え直し」です!!
これをするかしないかで、これから「先」が決まります。

テストは、自分のできないところを見つけることができます。
つまりテストは、自分の弱点を知るチャンスなんです。
弱点は、できるようになれば伸びるところ、とも言い換えられます。

ファイル 2124-3.jpg

できないところが、できるようになれば、点数が上がる…
きっとあたりまえのことだと思うでしょう。
ですが、そのあたりまえを実践している人は、どのくらいいるのでしょうか。

PUT直しが、形だけになっていませんか?
文字の練習にしてしまっていないでしょうか?
そもそも、直しすらしていない…なんてことにしてはいませんか?

「間違える」ことは、チャンスです!
小説や漫画でも、ヒーローはいつも「ピンチをチャンス」に変えています。
これは何も、ヒーローにしかできないことではありません。
みなさんの中にも、しっかりと備わっている力です。

ファイル 2124-4.jpg

なにより、「間違える」ことは悪いことではありません。
それを通して、学べることがあります。
人間は間違える生き物ですから、大人だって間違えます。
(私もたくさん間違えや失敗をしていますよ!今でも…)

でも、それを次に活かすことが大事!
そして、その活かすかどうかは自分次第なんです。
活かさなければ、いつまで経っても変わることはありません。

ファイル 2124-5.jpg

あなたはこのままでいいでしょうか?
今の自分のままで、良いと思いますか?

もし、少しでも変わりたいと思ったなら…行動を起こしてください。
自分を変えられるのは、自分だけ。
ピンチをチャンスに変えられるのは、自分だけなんです。

(教務 風野)

一足早く

ユーカリが丘の加藤です。
一足早く、私立中学受験コース(シリウス)は今日から新学期が始まりました!
ファイル 2123-1.jpg
君たちが5年生とはね~
1年なんてあっという間ですね。

この1年があっという間だったということは、5年生もあっという間・・・
てことは、受験生になるのもあっという間!

シリウスの子たちには話しましたが、日曜日に使い方がカギになります。
今日の復習を日曜日に頑張っておくと、来週の授業がスラスラわかるよ!

では、新しい学年も楽しんでいきましょう!

(ユーカリが丘教室長 加藤)

一足先に…

ismちはら台から変わって、今日は土気教室から。

誉田進学塾では公立高校入試に合わせて、2月が年度終わり、3月が新年度のスタートです。学校の新年度開始より1ヶ月早いので何だか妙な感じがするかも知れませんね。ですが、小6はさらに1ヶ月早く、1月いっぱいで小6としての勉強が終わります。ただし、新年度開始は他学年と同じで3月の最初。ではそれまで何をするかと言えば、新中1準備講座として英語、数学の勉強を一足先に開始します。

多くの小6生にとって、中学校進学はワクワクの期待と同時にドキドキの不安に満ちたものだと思います。新しい校舎、先生、友達、そして何といっても勉強に関する不安が大きいのではないでしょうか。

新中1準備講座は、その不安を少しでも和らげて中学校生活のスタートをいい形で切るために、英語と数学を一足先に体験しよう、というものです。

ファイル 2122-1.jpg
今日は、数学の日。おや、昨日ismちはら台に登場した中島先生がここにも。何やらトランプらしきカード(でかっ!)を生徒ににこやかに渡していますね。これは正負の数の勉強。黒字のカードはプラス。赤字のカードはマイナス。赤字で9のカードを持っている女の子に、赤字で10のカードを笑顔で「借金10万え~ん」と言いながら渡しています。さすが。

算数と違って、数学では抽象的な概念を扱うことになります。中1の段階では、その抽象的な概念を具体的なものに落とし込めるかが重要です。その経験を、いかに笑顔で楽しみながら積ませられるか、それが腕の見せ所。「数学ってカンタン!」とは言わせません。「数学って難しい!でも、面白い!」そう言わせるのが私たちの目標。

おまけ
ファイル 2122-2.jpg
カメラを向けると笑顔でカードを見せてくれました。
おや、赤字は借金なのに喜んでいていいの?

【数学科教科長 森賀】

2/11(土)春期定例入塾試験です

入試真っ最中であったり、小学生は最後のPUTがあったりと、年度末の動きが進んでいます。

それと同時に、新年度募集も進み、春期定例入塾試験もいよいよ残すところ2/11(土)のみとなりました。

こちらはismちはら台の小学4年生。1年間勉強してきて、もうすぐ5年生です。
ファイル 2121-1.jpg

最後のPUTに向けて、しっかり算数の確認です。
5年生になれば理科と社会も始まります。どうやら社会が大好きで、とても楽しみなご様子。

生徒はみんな先生のことも大好きで、中島先生のところに集まって色々お話ししたりもしています。
ファイル 2121-2.jpg

楽しく勉強をして、大好きな先生や友達とも一緒に頑張れて、そんな環境で成長していく生徒のみなさんの姿を見守るのも楽しみです。

入塾試験は昨日から受付が始まりました。新年度、塾をお探しの方は是非お気軽にお問合せください!
当日の保護者様向けの説明会では、生き生きと勉強している授業の様子などもご案内します。

(事務 小林弘和)

output/inputの率を高める

中3はただいま最後の追い込みです。
ここまで来たら、入試当日までに何をやったかも大事ではありますが、今までやってきたことを信じて自信をもってテストに臨むことの方が大切になってきます。
塾からはそのための合格メニューが提示されています。
「どうせなら自信を持って、謙虚な気持ちで、覚悟をもって臨んでください」
1日1日の勉強を充実したものにするためには、たくさんの量をこなすよりも、1つ1つinputしたものを確実にoutputできることを意識してやっていくことが大事です。
「やることをやったから後は自信をもってやってくるよ」
入試当日に私たちスタッフが応援に行くときにそう思って握手をしよう!

さて、来年の受験生である中2は…
今週から約1か月間、学年最後の定期試験勉強があります。
先輩たちの軌跡を見ると、定期試験勉強のように目標に向けて準備をして本番に臨むこと、その積み重ねができた人が高校入試では成功しています。
ファイル 2120-3.jpg

授業組も、漢字テストの前にみんなで切磋琢磨。
ファイル 2120-4.jpg ファイル 2120-5.jpg

求められているのはすべて同じです。
目標に向けて目の前のことを一生懸命やり続けること。
今年の中2はメリハリをつけてそういうことができる子たちがそろっています。期待しています。

P.S
誉田進学塾では、実は小学生も同じこと。
小6(新中1)は、PUTという私たち独自のカリキュラムの範囲をまとめたテストが行われましたが、しっかりと準備をして臨めた人は中学生になっても大丈夫。
小学生のころからこういう環境で勉強できることに感謝です。

(ismおゆみ野教室長 神田)

今年もやります!

ファイル 2119-1.jpg

1月も今日が最終日、明日から2月、早いですね。
そして2週間後はいよいよ千葉県公立前期入試です。
毎年、入試当日に千葉テレビで高校入試解説を当塾が担当していますが、今年も千葉テレビから依頼がきました。
解答、解説から難易度の分析、後期入試に向けてのアドバイスなど盛沢山の内容です。受験生はもちろんのこと、受験がまだまだ先だというかたもぜひご覧ください。

(今日の授業で生徒から、「先生は出ないの?」と聞かれました。「まずはルックスが大事だから」と返事しましたが、生徒たちは納得した様子・・・。「少しはフォローしろよ!」・・・)

広報担当