counter

記事一覧

やるなら今から

こんにちは、清水です。

今日は中3の社会でした。
授業をする前に、挨拶と中3の社会について説明。
中3のカリキュラムでは夏期講習までに公民を一通り終わらせることになっていて、
地理、歴史の復習は「夏期講習」からになります。

でも地理、歴史の復習を夏からやったのでは遅いです!!
新年度始まってやる気のある今がチャンス!!
「学校の教科書をきちんと読んで問題演習。」
分からないところは質問してください。

ただし復習やるから宿題やらないはダメですよ。
授業でやった公民の復習をしつつ、
どんどん地歴の復習をして、社会を得意科目にしていきましょう!!

ファイル 2152-1.jpg ファイル 2152-2.jpg

新年度スタート!

今日から新年度が始まりました。
ちはら台教室では、まずは新小6生(現小5)の算数・理科の授業です。
生徒も先生も程よい緊張感で臨めるのが新年度の授業です。

ファイル 2151-1.jpg

そういった状況にもかかわらず、いきなり計算テストで新入生はびっくりしたかもしれません。
それからは少しづつ緊張も解け、いつも通りの授業になりました。

夜は新中1生(現小6)の演習・理科・英語の授業です。
今までは授業が17時から18時30分でしたが、今日からは19時から21時40分と時間が遅くなるだけでなく、1時間以上も長くなっています。
授業をやる前に、普段は21時頃に寝ている生徒が何人かいると聞き、眠くならないかなと心配しましたが、みんな最後まで頑張っていました。
ただし、授業終了後、「眠かった!」と正直に口にする生徒はいました。

新中1生のみなさん、慣れるまで大変ですが、私たちは眠気に勝る興味のある楽しい授業をしていくので、期待してください。

中川

全員が勝者

本日誉田進学塾の各教室で、38期の誉パーティーが行われました。

ファイル 2149-1.jpg ファイル 2149-2.jpg
ファイル 2149-3.jpg ファイル 2149-4.jpg
ファイル 2149-5.jpg

生徒の皆様、ご卒業おめでとうございます。
見事志望校の合格を手に入れた人、合格おめでとうございます。次のステージでもさらなる高みを目指して、自分を成長させていってください。
本日、残念ながら合格を手に出来なかった人、人生の中ですべてうまくいく人なんていません。高校入試の結果としては残念な結果になりましたが、次の大学受験に向けてこの悔しい思いを胸に頑張ってもらいたいと思います。

結果はそれぞれでしたが、これだけは言えます。「みなさん受験生として最後までやり遂げました。」様々な壁にぶち当たりながら、必死に乗り越え、逃げずに走ってきました。そして全員が最後まで完走したこと、走り切ったこと、ぜひこれを自信にしてほしいと思っています。そういう意味では「全員が勝者」です。最後まで頑張って走り抜けた38期の皆さんは、みなキラキラと輝いていました。生徒のみなさんは私たちスタッフの誇りです。

保護者の皆様、大事なお子様を誉田進学塾グループにお預けいただき、私たちスタッフを信じ応援していただき、どうもありがとうございました。お子様たちはみんな立派に成長し、本日無事高校受験を終えることができました。これもひとえに保護者の皆様の支え、応援があってのことだと思っております。どうもありがとうございました。素晴らしい生徒さんたちに囲まれ、私たち誉田進学塾のスタッフは本当に幸せでした。感謝の思いで一杯です。

いままで本当にどうもありがとうございました。

ism誉田教室長 鴇田

感謝の気持ち

今日は受験生だった中3生が集まる最後の日。
みんなでささやかなパーティをしました。

貫先生がおっしゃっていましたが
塾に来て、勉強をせずゲームやお菓子を食べて遊べる唯一の日。
そしていつもの塾のメンバーと先生たちとで顔を合わせる最後の日。

毎年思うのですが、
最後に玄関を出てく瞬間がなんとも物悲しく
そして逞しく感じます。
中学生だったみんなに会えるのはこれが最後です。

受験の結果は人それぞれだったと思います。
でもどうですか?
ここにいる塾のみんなと頑張ってきたことを、どう思いますか?

最後に色紙を書いてもらいました。
ファイル 2150-1.jpg
塾で学んできたことへの気持ちが様々綴られていますが、みんな「ありがとう」という感謝の気持ちを述べています。

ここで学んできたこと、勉強のことだけではないこと
それはこの「ありがとう」という言葉の中にあるように思います。
今、第一志望に合格できてすごく嬉しい気持ちでいる人、
でもその中でも浮かれ過ぎずに感謝の気持ちを述べることができること。
逆に、第一志望に合格できなくてすごく悔しい気持ちでいる人、
でもその中でも誰かのせいにせず感謝の気持ちを述べることができること。
そんな成長してくれたことが、私たちスタッフとしては喜ばしい瞬間でもあります。

どんな結果だったとしても、胸を張って新しいスタートを切って下さいね。
感謝の気持ちを忘れないみんななら
この先に素敵な未来が待ち受けていると思います。

事務 西島

お先にスタート

明日は公立高校入試の合格発表。これで今年度の入試も終了となります(二次募集などは残っていますが)。
これを受けて、高校受験コースは小学部・中学部とも、明後日から早くも新年度(新学年)の授業が始まるのです。

一方、2月初旬で入試が終わる中学受験は、すでに新しい学年がスタートして一か月がたちました。難関私立中学受験コースsrius(シリウス)生も、学年が上がってレベルアップした学習内容にもへこたれずに頑張っています。

ファイル 2148-1.jpg
上の写真は新5年生。これまでは週3日だった塾での勉強が1日増えて4日となりました。塾にいる時間は授業やテストを含めると15時間にはなるでしょうか。
それに加え、授業後に自主的に残って勉強していく生徒も多いのです。家に帰ると誘惑?もいろいろあって、自らを律して勉強するのが大変…ということもあるのだとか。ためてしまうと恐怖の「負のスパイラル」…に陥ってしまうのです。


ファイル 2148-2.jpg ←(漢字テスト、満点でした!!)
 
今日の授業は、国語と理科。その日の復習は塾で、という日課にしてしまうと、慣れればリズムよく学習が進むようですよ。最終の9時30分までガッツリとやって、充実した顔で揚々と帰っていきました。
今週はここまでの復習総合回。やり残しのないように、バッチリ仕上げましょう!

 sirius鎌取教室長 杉本

動き続けることが大事

今日は、新中3の模擬試験がありました。
受験生になって最初の模試です。

その名もthe席決定テストです。
このテストの結果で春期講習の座席が決まるので、皆真剣に取り組みました。

ism大網でも先日のガイダンス後、自習に来た3年生がいました。
さすがですね。

早く動くことはもちろん大事ですが、あとはいかに継続していくかです。「ゼロにしない」ことが今後大きな意味を持ちます。

夏までは部活等でとても忙しい日々が続くと思います。
その中で、1ページだけでも、1問だけでもやり続けることがこの先につながっていきます。その小さな努力が大きな一歩になります。

ぜひ、この1年間を悔いの無いように努力して過ごしてほしいと思います。

ism大網教室長 溝川

成功する秘訣

鎌取教室でも、昨日、今日と生徒ガイダンスを実施しました。

昨日、ガイダンスを終えた新中学3年生(実際はまだ中2ですが)。
本日は授業もありませんが、数名が自習に来ました。

心がまだ伴っていないのが問題ではありますが、
行動したことは大きな前進です。

受験にフライングはないので、
先にスタートしたほうが圧倒的に有利です。
それを実行したのだと思います。

一日一日が分岐点。

有名な松下幸之助の言葉に以下のような言葉があります。

一方はこれで十分と考える。
もう一方はまだ足りないとしれないと考える。
そうしたいわば紙一重の差が大きな成果の違いを生む。

入試は合格と不合格でバッサリ分かれます。
惜しいなど存在しません。

だからどれだけ準備しても準備しすぎることはないでしょう。
つまり、受験に成功するには早く動くこと。
あとは気持ちを込めて行動し続けられるかです。

単純なことですが、なかなか一人では難しい。
しかし塾には仲間がいます。
苦しいのは自分一人ではありません。
仲間とともにこの一年を大事に過ごしてほしい。

忘れられない一年になるよう応援します。

鎌取教室教室長 山口

新年度ガイダンススタート

昨日、公立高校の後期入試が終了し、塾では今日から新年度がスタートしました。
まだ学校では旧学年ですが、塾では3月から新学年となります。
まず、新小学6年生と新小学5年生のガイダンスから始まりました。
ファイル 2145-1.jpg
真新しいテキストに名前を書いています。学年が新しくなり、表情も晴れやかです。
ファイル 2145-2.jpg
そして、今年から新たに導入されたカードシステム。Suicaのようにかざすだけで読み取り、年々便利になってきました。
ただし、カード自体が高額なため、紛失すると今までのように簡単に再発行はできません。ひょっとしたら、かなりの金額を請求されるかも?

ファイル 2145-3.jpg ファイル 2145-4.jpg
夜は、新たに受験生となった新中学3年生のガイダンスです。最初は、受験生になることへの抵抗があったようで、表情も浮かない様子でした。ところが話が進むにつれ、彼らの表情に変化が表れてきました。
昨年の受験生の「挑戦の記録」というビデオを見て、数名が涙を流し、その後「合格者の言葉」を読む表情は、完全に受験生の顔になりました。新たな受験生が誕生した瞬間に立ち会ったという感覚です。

彼らも最後まであきらめずにやり遂げる受験生へと成長するでしょう。
私たちスタッフにできることは、彼らを信じて応援することだけです!

(土気教室 教室長:石﨑)

38期 中3の皆様、保護者の皆様へ

本日、公立後期入試が行われました。

今日の夕方、受験から帰ってきた生徒たちは、みんな達成感に満ち溢れた笑顔でした。

「どうだった?できたかい?」と聞くと
「まあまあできたと思います。」とか、「結構できたかも。」とか。

「全力は出し切れたかい?」
「はい、やるだけのことはやりました。でも、一問ミスっちゃって・・・。」
「それはもういいよ。悔しいかもしれないけど、もう終わったことだから仕方がない。あとは、神様に祈るのみ。」

佛坂先生も「『人事を尽くして天命を待つ』って貫先生も言ってたよね。」

そうそう、君たちは今日までよく頑張った。本当によく頑張ってくれました。

君たちは私の自慢の生徒です。

いま思えば、この学年はあまり人数に変化のなかった学年です。
途中から入塾してくる生徒も少なかったですが、途中で退塾した生徒もほとんどいない。確か退塾者ゼロだったはず・・・。

どの生徒もみんな、友達思いの優しい良い子ばかりだったということが言えるでしょう。厳しかったのは先生たちの方かも?

そんな優しい良い子ばかりの生徒たちには、本当に心の底から感謝、感謝、感謝ばかりです。

そんな優しい良い子ばかりの生徒たちなのですが、生徒指導、学習指導、受験指導などなどで悩みがなかったわけではありません。むしろ私が教室長として、今までで一番考えさせられて、一番悩んだ学年であると思います。一生懸命頑張っているのになかなか成績が伸びない生徒。何度言っても課題をやらない生徒。いろいろと勉強させてもらいました。(良い意味です。皮肉じゃありません。)おかげで、私自身また一つ引き出しが増えたような、そんな気がするんです。私と一緒に副教室長1年目の佛坂先生も、いろいろと悩みながらの一年で、みんなのことを毎日考えていました。この一年で彼女も大きく成長することができました。みんなのおかげです。

保護者の皆様ともいろいろとお話をさせていただきました。
一緒に涙を流しながらお話ししたこともありましたね。
いつも私の考えをしっかりと受け止めていただき、ありがとうございました。また、塾の教育方針に、ご協力・ご理解いただきありがとうございました。特に受験が近づくにつれて、毎日不安な日々の連続でいらっしゃったことと思います。それなのに、私の「一緒に頑張りましょう。」という一言で、相当我慢されていたのではないかと思います。

保護者の皆様にも「感謝、感謝、感謝」感謝の言葉しかありません。どうもありがとうございました。

生徒たちと会うのは、あと一日。

3/7(火)公立後期発表の日 
 14:30~17:30 誉パーティー を開催します。

今までの自分たちの努力をお互いに讃えあい、次のステージに向かって元気よく一歩を踏み出すための会です。

みんなが笑顔でism誉田を巣立っていけるように、スタッフ一同楽しみに準備をしています。では、3/7(火)に会いましょう。

ism誉田教室長 鴇田

最後の最後

カウントダウンカレンダーの数字もこんなに寂しくなってしまいました。
ファイル 2143-1.jpg
いよいよ明日が公立後期入試です。

土気教室では前日いつもより少し早めに集まって、各自最後の自習。
ファイル 2143-2.jpg

最後に問題を解いて確認したり、社会の教科書を読み直したり。
ファイル 2143-3.jpg
空気もピンと張りつめていました。

そして、先輩たちの合格リボンを受け取り、最後のお守りに。
ファイル 2143-4.jpg
最後は教室長の石﨑先生からの激励で勇気ももらいましたね。
ファイル 2143-5.jpg

この長い闘いも、明日ですべて終わります。
私たちも、あとは背中を押してやるだけです。
ここまで頑張ってきた自信と誇りを胸に、精一杯やっておいで。

最後の最後、やるだけやって、笑顔で塾に帰ってきてね。

土気教室副教室長 石井