counter

記事一覧

AEON HALL ユーカリが丘

ユーカリが丘地区の皆様、今年の6月の誉田進学塾の全国統一小学生テストは…
ユーカリが丘AEONTOWN3F AEONTOWNHALL
にて開催する運びとなりました!
丸1日、誉田進学塾が貸し切って実施しますので楽しみにしていてくださいね。
ファイル 2808-1.jpg ファイル 2808-2.jpg

実施要項には詳しい時間が載っていないので紹介しておきます。

○午前の部
<小1・小2>
10:15 集合
10:15~10:45 受験登録
10:45~11:15 算数(30分)
休憩
11:30~12:00 国語(30分)
12:15解散⇒解説授業はありませんが、12:15開始の小3解説授業
を見学することができます。

<小3>
10:15 集合
10:15~10:45 受験登録
10:45~11:20 算数(35分)
休憩
11:30~12:05 国語(35分)
12:15~12:45 算数解説授業(30分)
12:45解散

○午後の部
<小4>
13:00 集合
13:00~13:30 受験登録
13:30~14:20 算数(50分)
休憩
14:30~15:10 国語(40分)
休憩
15:20~15:40 理科(20分)
休憩
15:50~16:10 社会(20分)
16:30~17:10 算数解説授業(40分)  
17:10解散

<小5・小6>
13:00 集合
13:00~13:30 受験登録
13:30~14:20 算数(50分)
休憩
14:30~15:10 国語(40分)
休憩
15:20~15:45 理科(25分)
休憩
15:50~16:15 社会(25分)
16:30~17:10 算数解説授業(40分)  
17:10解散

解説授業は必修ではありませんが、この機会にぜひ、誉田進学塾の授業を体験してみてください!
楽しい授業になるように、来て良かったと思っていただけるように、担当講師が最高の準備をしてお待ちしています。

全国統一小学生テスト…これから毎回AEONで実施出来たらいいなあ…って思っています(笑)
皆様のご参加お待ちしています。

<予告!!>
2019年からの誉田進学塾ユーカリが丘・全国統一小学生テストは一味違いますよ~っ!
今回はテストと解説授業についてお話ししましたが、5月18日(土)のブログでは保護者の皆様のために…(こちらも渾身の準備をしております)『保護者向け研究会』についてご紹介をいたします。お楽しみに!

(siriusユーカリが丘副教室長 濵川)

保護者向け研究会

誉田進学塾のイベントでは、「保護者向け研究会」というものを、開催させていただいております。

単なる塾の説明会ではありません。
お子さまの進路選びの参考として伝えられることを、塾として精一杯やっていますというカラーが強いです。

お伝えしていることは、
・入試の現状
・現状になってしまった原因
・現状を打破するために必要なこと
・誉田進学塾で出来ること(身につく力)
・ご家庭での関わりについて

などなどです。

現在、入試の変化は著しいものとなっています。
それは高校入試に限ったことではありません。
連日報道される大学入試の影響を受けているのです。

大学入試では「学力の三要素を求める」と明示しています。
① 知識・技能を備えていること
② 思考力・判断力・表現力があること
③ 他者と共同して実行すること

今までの日本の入試は、①が主でした。
簡単に言えば、「知ってはいるけれど、使いこなせない」というものです。
だからこそ、②を強く打ち出してくるようになったのです。

③の「他者と共同し~」は、共通言語となっている英語でということでもあります。
日本語でない言語を使いこなして、国際社会でやっていける力がありますか? と訊いているといっても過言ではありません。

ちなみに、国別のTOECI平均点というデータがあります。
(TOEICの満点は990点)

日本は517点。お隣の韓国は676点。中国は600点。

日本は大丈夫か?

さらに、日本の人口は減り続けています。
現在は1億2千百万人ほどいますが、2060年になると9000万人を割り込みます。

就労人口(15~59歳)の数も減ります。
今は7000万人を超えていますが、2060年には4000万人を割り込みます。

2060年には、60歳以上の高齢者もまた4000万人ほど。
就労人口1人で、高齢者1人を支えるということになるのです。

そして、外国人労働者の受け入れ。

とすると、「働く日本人」という価値は何なのか?
AIもある、外国人労働者もいる。
日本人は必要なの? しかし、そうすると日本も必要なの?となります。

答えの見えない現代で、教育界は必死に光を見つけようとしています。
その試行錯誤についていかないと、遅れをとってしまいます。
今後の未来を考えるときに、今のうちから必要な力を身に着けておかないとまずいのです。

あと40年も経てば、私は死んでいるかもしれません。
しかし、子どもたちはその時も生きているはずです。
どういう未来になるかは見えませんが、少なくとも「自ら切り開いていく力」は必要なのではないでしょうか。

このような話をして、入試の変化の話もします。

そして、誉田進学塾なら教育界が求める力をつけることができる、とお伝えします。

実際の研究会は、かなりボリュームがある研究会です。

ぜひ、誉田進学塾を知りにいらしてください。

(保護者向け研究会担当 内田)

全国統一中学生テスト振り返り解説授業

本日は5/26(日)に誉田進学塾で行われる全国統一中学生テストの振り返り解説授業のご案内です。

全国統一中学生テストを誉田進学塾の各教室で受験することができます。
そしてなんとテスト終了後にismおゆみ野とism大網の校舎で中学1、2年生向けに数学の振り返り解説授業を実施します。実施直後なので自分で解いたやり方の記憶も新しいはず。その状態で解説授業に参加すれば「こう解けば良かったのか!」などの気づきも鮮明に残ります。
やはりこれはもう参加するしかありませんね。

テストを受けるということはその分新しい問題に触れるチャンスですし、それに加えて難問も出てくる可能性もあります。

そこでこの振り返り解説授業に参加していただき、難問の取り組み方やそれらを通して勉強の楽しさを知ってほしいと思います。そしてこの解説授業で「お!」という感触をつかんでもらえたらと思います。

誉田進学塾の学びは単なる知識の詰め込みや暗記ではなく、思考力を伸ばすために、ひとり一人に向きあって能力を育成します。誉田進学塾の「対話・参加型授業」で「本質的な学力」「未知の問題に対する解決力」を育てて伸ばす授業を体験してみませんか。

ファイル 2807-1.jpg

全国統一中学生テストの申込と一緒に、振り返り解説授業の申込もお待ちしております!

(振り返り解説授業は他学年の方も見学という形での参加は可能ですので、お気軽に全国統一中学生テストの申込教室にご相談下さい。)

(ism本納副教室長 島田)

  • ----------------------------------------------

5/26(日) 全国統一中学生テスト
東進「全国統一中学生テスト」を開催します。
高校受験を目指す中学生、および中高一貫校に通う中学生
を対象とする全国規模の無料公開模試です。
誉田進学塾グループ中学部や東進中学NETの入塾資格を得ることも可能です。
⇒詳細はこちら
http://www.jasmec.co.jp/event/zentou/zentoutyuu201905.htm

6/2(日) 全国統一小学生テスト
四谷大塚「全国統一小学生テスト」を開催します。
小学生対象で、全国で最も多くの受験生が集まる無料公開模試です。
結果によって誉田進学塾グループの入塾資格を得ることも可能です。
⇒詳細はこちら
http://www.jasmec.co.jp/event/zentou/zentou201906.htm

全国統一小学生テスト

ファイル 2805-2.jpg

誉田進学塾では今年も毎年恒例の全国統一小学生テストを行います!
受験会場となる各校舎の地域の子どもたちが切磋琢磨し、
地域全体の子どもたちの学力向上を図ることが目的の一つです。
多くの子どもたちが受験し、向上心を持って勉強に取り組むきっかけになると幸いです。

ファイル 2805-1.jpg

また、塾にご興味のある方につきましては、その相談にも応じさせて頂きます。
実際、この公開模試をきっかけに、塾通いを始める子どもたちも多く、
誉田進学塾でも多くの子どもたちが通い、着実に学力を伸ばしてきています。
特に、小学生のうちから学習を始めると、高校受験までの期間が長く、
それだけ多くの学習の機会があり、学力の伸びも顕著に表れています。

ぜひ、この公開模試を多くの方に受けて頂きたいと思います。

(誉田進学塾 全統小担当 福地)

  • -----------------------------------------------

5/26(日) 全国統一中学生テスト
東進「全国統一中学生テスト」を開催します。
高校受験を目指す中学生、および中高一貫校に通う中学生
を対象とする全国規模の無料公開模試です。
誉田進学塾グループ中学部や東進中学NETの入塾資格を得ることも可能です。
⇒詳細はこちら
http://www.jasmec.co.jp/event/zentou/zentoutyuu201905.htm

6/2(日) 全国統一小学生テスト
四谷大塚「全国統一小学生テスト」を開催します。
小学生対象で、全国で最も多くの受験生が集まる無料公開模試です。
結果によって誉田進学塾グループの入塾資格を得ることも可能です。
⇒詳細はこちら
http://www.jasmec.co.jp/event/zentou/zentou201906.htm

毎年恒例の...!?

もうすでにCMをご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そろそろ毎年恒例のアレの時期が近づいてまいりました。
そう、こちらです。

ファイル 2806-1.jpg

誉田進学塾でも、今年も着々と準備中です。
明日より、誉田進学塾グループでも受付開始です!
「全国統一小学生テスト」「全国統一中学生テスト」に連動した企画も多数ご用意してあります。

明日以降、是非ウェブサイトををご覧ください。

WebSite URL:http://www.jasmec.co.jp/

(ism大網副教室長 大坂)

新たなスタート

世間ではまだ連休最終日ですが、本日から授業がスタートしております。
ファイル 2804-1.jpg
いよいよ新元号「令和」に変わり、新たな気持ちを持つ機会となりました。
昭和から平成のときはまだ幼く、元号の変化というものに何も感じませんでしたが、今回は元号を持つ文化の重みを感じました。
しかも、祝福ムードでの新時代の始まりが良いですね。
すばらしい時代になるよう、私たちはこれから活躍するリーダーたちを育てていきます。

誉田進学塾のHPにてお知らせしていますが、
 小3コース プロキオン(procyon)
が今年の夏よりスタートします。

中学受験を検討の方、中学受験をするかどうか迷っている方、高校受験の方
どの方にも早くからスタートできるコースとして新設しました。
誉田進学塾のやる気アップメソッド、そして切磋琢磨する環境で、子供たちに
勉強って面白い、勉強って楽しい
そう思ってもらえることが願いです。

詳細はこちらをご覧ください。
http://www.jasmec.co.jp/

(sirius鎌取教室長 柏原)

GW休講のお知らせ

誉田進学塾、誉田進学塾ism、誉田進学塾sirius各校舎は、4/28(日)~5/5(日)まで休講となります。
(誉田進学塾ism各校舎は、5/6まで休みです)

お問い合わせ等は、5/6(月)以降にお願いいたします。

「want」の気持ちが大きな成長へ

最近授業のない日であっても,自習しに塾に来る生徒が増えてきています。

受験生である中学3年生だろうと思うかもしれませんが,実は中学3年生だけではなく,それ以外の学年の生徒たちも来ています。

ファイル 2802-1.jpg

その生徒たちに塾に来た理由を聞いてみると,

「昨日出された3科目の宿題を今日中に終わらせて,しっかりできるようにしたいから」

「もっと勉強して,成績を上げたいから」

「勉強していてわからないところが出たら,すぐに質問したいから」

と言うのです。新年度始まってまだ間もないのに,もうそういう気持ちになっているのかと,執筆者である私自身も驚かされました。

実は,生徒たちに言ったことにある共通点があります。それは,

「~したいから」という気持ち,つまり「want」の気持ち

です。

少し話が逸れますが,多くの子どもたちはゲームが大好きです。しかし,なぜ大好きなのでしょう?

その答えは,「うまくなりたいから」,「もっと強い敵を倒せるようにしたいから」などが挙がってくると思います。これらの答えを見てみると,やはり「want」の気持ちが入っているのです。

このように,人というのは「~したいから」と考えるときに,その人の成長がスタートするのです。そして,その成長は私たちの想像を超越するほどまでになります。だからこそ,誉田進学塾では勉強において「~したい」,「want」の気持ちになるような授業を行っています。

ファイル 2802-2.jpg

授業を受けて「わかる」,「わかる」から「楽しい」,「楽しい」から「もっとできるようにしたい」。そういう気持ちが,授業日以外のときに自習しに来るということに繋がっていると思いますし,そういう気持ちに多くの子どもたちがなってくれるように,日々頑張らせて頂いています。

【教務 西塚】

楽しそうに解く

本日は豊学塾/ism本納よりお伝えします。

金曜日は中1の数学の授業の日です。
中1は今「正負の数」の単元を終え、「文字式」の単元に入っています。
この文字式は、これまでの小学算数では扱われて来なかった、言ってしまえば初見の単元。
それも始めての概念のようなものを勉強するところです。
私たち大人はもちろんですが、中2以上の子たちもサラサラっと扱えているくらい、文字式のルールは当たり前となっていると思います。
ですが初見の中1たちにとっては、全く未知のものです。
伝え方を間違えてしまうと、物凄く難しいものになってしまいます。

そんな時、私たちが意識するのは、「楽しそうに解く」ことです
私たちが楽しそうに解くと、不思議と生徒たちも乗ってきます。
口には出さずとも「やった!正解した!嬉しい!」という雰囲気を出すと、生徒たちも「いいな!ああなりたい!」と感じるようになります。
あとはそのまま練習あるのみ!
実際に生徒も正解の喜びを味わって、ここで本当に楽しくなります。
ファイル 2801-1.jpg

やり方や解き方を教えることも大切なことですが、
面白さや楽しさを伝えることも同じくらい大切です。
私たちはこういった考え方の下、日々授業を楽しんでいます。

【豊学塾/ism本納教室長 辻】

G.W前の学習指示

ゴールデンウィークが近づいています。
塾は4/28(日)~5/5(月)まで休校となります。

その間、全く勉強しないわけにはいきません。
なぜなら、中学生ならば、中学校の定期試験を控えており、小学生ならばPUT(塾内テスト)を控えているからです。
そのための補助ツールとして、下記2点をご紹介します。

「Power Up challenge」
ファイル 2800-1.jpg
こちらは、小学生用の塾内テストの範囲表です。
範囲が書いてあるのみならず、誉田進学塾の教科スタッフからのメッセージが書かれています。また、鎌取教室では、内部生および保護者の皆さまに向け、単元別に学習の指針をブログで紹介しております。意志をもってテストに臨んでほしい。私たちの願いです。

「内申必勝㊙奥義」
ファイル 2800-2.jpg
こちらは、中学生の定期試験必勝の極意が書かれてたパンフレット形式のプリントです。学年ごとに学習の指針や、どのような姿勢でこの1年間を過ごすべきか等の重要なメッセージが記されています。配布時に、誉田進学塾が独自に収集したデータをもとに、各スタッフが熱を持って、入試における内申点の重要性を力説します。

各生徒が、長期休暇を謳歌しつつも、
学習面での目的意識をもち、良い休日を過ごすことを願っています。
今日が休暇前の最後の授業という生徒もおり、そのような生徒たちと再会するのは令和になってから。
待ち遠しい限りです。
(白鳥)