counter

記事一覧

明日から9月

どうも、辻です。

8/29(土)におきまして、夏期特別入塾試験と保護者会を行わせていただきました。暑い中お越し下さった方には、大変感謝しております。ありがとうございました。

次の入塾試験は11月に予定されている全国統一小学生テスト・全国統一中学生テストです。6月には実施が出来なかったため、この回にはぜひ皆様に参加いただきたいと思います。
誉田進学塾のHPにて、これらの内容について挙げさせていただいています。

こちら👇

http://www.jasmec.co.jp/

ぜひ一度ご覧いただければと思います。

そして明日から9月に入ります。
例年ですと「明日から学校が始まるのか~」となるものですが、今年はコロナの影響で学校再開が早まっているため、区切りとしては若干微妙なところですね。
その分、切り替えがスムーズに済むため、夏の高まった気持ちを継続しやすいとも言えます。
特に中3は、基本内容を押さえる夏から、実践力を養う秋にシフトしていきます。

気持ちを緩めることなく、9月もバリバリ頑張ります!

【豊学塾/ism本納教室長 辻】

次への行動

こんにちは、島田です。

長かった夏期講習も今日明日で終わりになりますが、誉田進学塾の生徒は既に先を見据えています。

ファイル 3205-1.jpg

土気教室では本日は駿台模試があった中、そのあと教室で自習をしていく生徒も多いです。ほかにも、中学生は全学年とも9月明けに学校の定期試験がありますので、それに向けて着実に勉強を進めている生徒もいます。

気持ちを切り替えて目標に向けて頑張る姿はさすがです。
私たちも全力で支えていきます!

定期試験を全員で乗り越えていきましょう!

(教務 島田)

ism誉田、試験勉強の日々

ism誉田教務の鈴木です。

本日はism誉田の各学年の生徒が、夏休み明けの試験勉強に明け暮れる様子をお届けします。

まずは1年生
ファイル 3204-1.jpg

次に2年生
ファイル 3204-2.jpg

最後に3年生
ファイル 3204-3.jpg

どの学年も一生懸命勉強しています。
1年生、2年生は3年生の先輩の頑張る姿を見て、来年、再来年に自分たちが受験に臨むイメージを持ってほしいですね。

誉田進学塾のみんなで高得点をとれるように頑張ろう!

模試の後は・・・

昨日は中1生の模試が実施されました。
この時期は、夏休みの宿題や定期テスト対策、模試が重なって生徒たちもくたびれモードでしょうか。
まだまだ学校に慣れ切っていない中1の生徒たちは、特に大変な時期だと思います。そのなかでも、次の定期テストでは〇点以上が目標!と、毎日懸命に勉強している生徒の姿を見ると、頼もしい限りです。

さて、通常模試が終了した後は、自己採点をしてもらって、間違えた箇所をノートに直して提出してもらいます。
もちろん高得点を取ってくれることは素晴らしいことです。でも、うっかりミスをしてしまっても、思った点数が取れなかったとしても大丈夫。きちんと直しをすることで次に同じミスをしないことが重要です。特に中1のうちは結果に大きく左右されず、自分の弱点を見つけて次にいかすことを念頭に頑張りましょう!

(ismおゆみ野 教務 久和)

------------------------------

★ 誉田進学塾 Final Summer 特別入塾試験

試験日:2020年8月29日(土)

お申込受付中です!

9月上旬から入塾できる、難関高校受験コースの入塾試験です。

お申し込みは誉田進学塾のWebまたは各教室窓口にて承ります。

入塾試験受付締め切りは8/28(金)まで!

その他のイベント情報も含め、詳しくはこちら👇

http://www.jasmec.co.jp/nyuujuku/nyuujuku_info.htm

夏の英語☆フィナーレ

早いもので8月もそろそろ終わろうとしています。
スクールにもよりますが、昨日ユーカリでは中2夏期講習
(英語)の最終日でした。定期試験の関係で、以前書いた
帰国子女がかなりいるクラスと、その他のクラスの合同
授業だったので、今日はそれについて書きたいと思います。

教室によっては、すでに長文が多く出ている夏期特別英語を
やったクラスもあるかもしれません。ほぼいつも最初のクラス
では、積極的に発表や意見を言ってくれる生徒が多いのですが、
昨日は特にAさん、B君、C君がとっても積極的。「僕が日本語
訳を言いたい!」「私が!」「僕が!」・・・欧米の言語関係
の先生なら、こんな嬉しいことはありません。授業に対する
積極性と熱意がとても伝わってきました。 

実は帰国子女組が多いクラスはかなり静かなのです。ですので
最初、なんでこんなに積極的なの...? というような感じの顔
をアメリカやマレーシアに住んでいた生徒達も含めてしていま
した。

対話文で外国ホテルでのやりとりに関しては、文化的な要素を
帰国子女の生徒達は深くうなずいて聞いていました。知らなか
った生徒達は、更に視野を広げ、知っていたメンバーは再確認。
お互いにいろいろな事をこの合同クラスでは学べたのではない
でしょうか。

それでは、新学期からも新鮮な気持ちで学んでいきましょう! 

(内海)

難問(何問)にチャレンジ!

シリウス鎌取からお送りします。

今回は5年生についてご紹介します。5年生は夕方から20時前まで授業を毎日のように行っています。単純に授業を2分割(1日4コマの授業を2日で2コマ)したので、日数も倍に。まだ残暑が厳しい中、学校が終わってすぐに塾に来るので、問題を解いている時もちょっと疲れ気味。それでもぐっすり夢の世界へ行かず、頭をぶんぶんと振りながら問題に取り組む姿勢は本当に素晴らしいと思います。

さて、夏期講習も終盤。理科・社会の授業では、4回分の授業を使って入試レベルの難問に挑戦しています。

ファイル 3201-1.jpg
入試レベルの問題なので、「えー!こんなの解けるわけないじゃん!」「先生のいじわる!」なんてひどい言葉が飛んできますが、この問題を解く目的は、「ほらこれ取らなきゃいけないじゃん!」ということではなく、「今の力でも入試レベルの問題にしっかり太刀打ちできるんだから粘って頑張ろう!」ということなのです。
できることをずっと繰り返していても新しいことができるようになるわけではありません。レベルの高いものに立ち向かったとき、1歩足を踏み出せるか、を感じてほしいのです。

ただ難しい問題をやるだけでは「どうせできないんだ…」とマイナス思考になってしまうので、鎌取とユーカリが丘のみんなとで4回勝負をしています。現在の戦績は五分五分。お互いライバルに勝つことを目指して、気合を入れて取り組んでいます。

さあ、次は何問解けるのでしょうか??世の中にはこんな問題があるのかって思うと、精進せねば!って思いますね。

(教務 中島)

ismあすみが丘の授業

ismあすみが丘開校からもうすぐ2か月となります。

ファイル 3200-3.jpg

開校当初から、授業の冒頭でこのような話をしています。
「誉田進学塾の授業は参加型・対話型の授業です。ただ先生の話をうんうんと聞いているだけでは自分の頭をはたらかせることにならず鍛えられません。先生が問いかけたことに対して、自ら積極的に答えましょう。間違っても良い、いや、間違えたほうが良いです。そのほうが勉強になります。なぜ間違いなのか、なぜこれが正しいのかに気づくことが大きな学びになるからです。」

中学生になると、どうしても間違えたら恥ずかしい、
という気持ちが優先してしまい、なかなか積極的に
答えられない生徒が多くなってきます。
でも、ここで自ら積極的に参加していけるよう、
工夫して授業を進めています。

基本的には指名(誰かにあてる)ではなく、
全体に問いかけ、自由に答えて頂く形をとっています。
このようにして対話を通して授業を進めていきます。

ファイル 3200-1.jpg

ホワイトボードに自分が考えた解答を書いて頂く、
複数から正解を選ぶ問題で、正解だと思うものを
挙手制で答えて頂くなど、なるべく参加する場面を
作りながら進めています。

ファイル 3200-2.jpg

自ら考え積極的に答えていく姿勢を今後も育てていきます。 
 
3日後の8月29日にはFinalSummer特別入塾試験があります。
受付開始から予想を遥かに超える多くの方にお申込み頂き、
当日の席の確保や準備に追われる日々を過ごしています。
また新たに加わる誉田進学塾の生徒との出会いを
楽しみにしております。

(教務 福地)

------------------------------

★ 誉田進学塾 Final Summer 特別入塾試験

試験日:2020年8月29日(土)

お申込受付中です!


9月上旬から入塾できる、難関高校受験コースの入塾試験です。
お申し込みは誉田進学塾のWebまたは各教室窓口にて承ります。

入塾試験受付締め切りは8/28(金)まで!

その他のイベント情報も含め、詳しくはこちら👇

http://www.jasmec.co.jp/nyuujuku/nyuujuku_info.htm

目指します!

夏期講習も終盤。

今日は中2の特別英語講座を行いました。
過去の千葉県公立問題を使い、実戦さながらの授業を行いました。
今のこの時期に入試問題?
平均の正答率は7割ほど。現状の入試問題は10年前とは全く違うものになっています。文法や単語の知識中心から、英語を使っていかに伝えられるか、理解できるかが問われています。その結果、資料問題やリスニング問題の割合が増えてきており、今後も加速していきます。つまり習っていない文法があっても何が言いたいのかが分かれば解ける問題なのです。誉田進学塾生が目指している学校は、英語で8割取れないと大きな不利要因になってしまいます。7割から8割へ…この大きな壁を突破するには訓練が必要です。私たち誉田進学塾では、授業の中で高校受験の問題、大学受験の問題を取り入れて授業を進めていきます。

7月に開校し、勢いのある教室である誉田進学塾ismあすみが丘の目指すところを宣言いたします。
・千葉東高校、長生高校、市立千葉高校などの難関公立高校を目指します。
・少人数を生かして、一人ひとりへのきめ細かなフォロをしていきます。
・中学生は部活も本気、勉強も本気を目指していきます。
・所属する生徒保護者の皆様から信頼されるように、生徒が主役をモットーに、切磋琢磨できる教室づくりをしていきます。
あすみが丘、土気地区で誉田進学塾の指導方針に共感いただける生徒保護者の皆様のために、スタッフ一同全力を尽くします。
ご期待ください。

(誉田進学塾ismあすみが丘 教室長 神田)

鎌取教室より

中3生の演習テストの出来をご紹介。

全20回ありまして、赤ラインが今年の中3生。
ファイル 3198-1.jpg
まぁ上位、というところまで来ています。

そして、通算合格率(全20回を通しての合格率を表したもの)。
ファイル 3198-2.jpg
この伸びが良い。
先輩たちが下降するけれど、今年の彼らは落ちない。よく頑張っている。

演習テストは基本、授業がある日は行うもの。
テストは7種あり、準備もなかなかに大変。

ねらいは「学習の習慣化」。

点数どうこうももちろん大切(特に生徒たちは気にします)。
ただ、それ以上に大事になるのは「常に学習し続ける生活を送った」という事実です。

授業ももちろん大切だけれど、テストという「自分で準備しない限りは結果は出ない」というチャレンジをし続けるからこそ力がつくのです。

残り数日となりました。

やり切った生徒たちだからこそ、9月以降に伸びていくのです。

(内田)

ismちはら台から

こんにちは。
久しぶりの本格的な雨が降りましたが皆さんはどうだったでしょうか。

私は今のところ、移動手段が自分の足しかないので、合羽を着て
ちはら台の教室に向かいましたが、汗で蒸し暑くなり、これなら濡れたほうがまし、という状態になってしまいました。

そんな思いをした一方で、今日の授業は中学2年生の社会。

ファイル 3197-1.jpg

教えるのをかなり楽しみにしてきたのです。

そ・れ・は、

中国・四国だったからです。

出身は違うのですが、大学4年間を広島で過ごしたので思い入れのある土地なのです。

だから、ちょっっっっっと授業の本筋とは関係ないことも話してしまったかもしれません。

大目に見て頂けるとありがたいです。

(ismちはら台 教務 大薗)

------------------------------

★ 誉田進学塾 Final Summer 特別入塾試験

試験日:2020年8月29日(土)

お申込受付中です!


9月上旬から入塾できる、難関高校受験コースの入塾試験です。
お申し込みは誉田進学塾のWebまたは各教室窓口にて承ります。

入塾試験受付締め切りは8/28(金)まで!

その他のイベント情報も含め、詳しくはこちら👇

http://www.jasmec.co.jp/nyuujuku/nyuujuku_info.htm