counter

記事一覧

残暑見舞いデザイン募集中!

こんにちは!
先週一週間、大きなトラブルもなくほぼ元の状態での授業ができて本当に良かったです。
隣や前後の席と感覚をあけて座ってもらったり、フェイスシールドを着用して飛沫感染の防止にあたったり、アルコール消毒での清掃を徹底的に行ったり…と対策はしていますが、まだまだ安心はできないので集団授業というものに抵抗があるご家庭もいらっしゃると思います。それでも快く塾に送り出してくださりありがとうございます。生徒の安全安心を一番に考え運営できるようこれからも努めてまいります。

さて、今日は毎年恒例「残暑見舞いデザインコンテスト」についてです。
8月のお盆休み中に塾からみなさんのおうちに残暑見舞いのハガキを送らせていただきます。
そのハガキのデザイン(イラスト)をみなさんに考えていただきたいのです!
それが、残暑見舞いデザインコンテスト!

ファイル 3125-1.jpg

①「残暑見舞い申し上げます」という言葉が入っていること
②カラフルで、丁寧に描いた作品であること
③夏らしいオリジナルの作品であること(キャラクターは×)

以上3点の注意事項だけ守っていただければ自由な発想で描いてOK!
イラストの申込書は各教室の目立つところに設置してありますので、何枚書いて提出してもいいですよ!

さぁ、今年はどんな作品が採用されるでしょうか?
楽しみですね。
しめきりは6/24(水)です!どしどしお待ちしています☆

(事務 山本)

今週のHoPE☆

いよいよ小5 HoPEの対面授業が本格的にスタートしましたね! 今週は2回目になりますが、前回は初対面だったので、みんな少し緊張していたかな!?    

しかし、今週は多くの生徒達がアクティブでしたね☆例えば主語に素早く反応してbe動詞を即答したり、距離に応じてthis, that だけでなく、小5なのに中学生で学習する these,thoseの区別まで2回目にしてはかなりしっかりと理解ができるようになりつつあります。
 
またソングだけでなく、今回は2周何秒で正確に早く言えるかという「アルファベット・リレー」を行いました。全員がとても力を入れて一生懸命に取り組んでいました。さて、どこの教室がナンバー1の座に?

金曜の6年生のHoPEは、アクティビティー・シートを使って英語を学ぶ事が大好きな生徒が多いため、とても盛り上がりました(Do you have~? 自分の好きなスポーツなど)。そのエネルギーは、どこから来てるの!?(笑) 

これからも実践会話をメインにいろいろなアクティビティーをぜひ楽しみながら、一緒に英語を学んでいきましょう!!

 (内海)

夏を待ちきれなくて

こんにちは、siriusユーカリが丘の濵川です。
ブログのタイトル…昭和40年~50年台生まれの人は
「フフフ…」
と思ったかもしれません。

そう、僕は夏が大好き。今から
なっつを~待ちきれなくて~♪
と、ワクワクしています(*^-^*)

なんて言ったってスイカが好き!なんて言ったって海が好き!
なんて言ったって、網戸にして風鈴の音を聞きながら、ナイターを見る夕方が好き…。

そして、子供たちの成績を一番上げられる夏が好き!
以前にもブログに書いたことがあるのですが、夏休みに塾で勉強する量は、通常塾で勉強する量の3~4か月分なのです。約20日強の日数で!
夏を失敗したらアウト!と言われる意味も分かりますよね?
もちろん、このような情勢ですから、例年と同じように夏の勉強ができるかという疑問も残りますが、結果、頭の中が例年通りに鍛えられれば問題ありません!誉田進学塾はやりますよ~!見ていてください!

あ、そうそう、感染ばかりに目が行ってしまいがちですが、これからはもっと気をつけなければいけません。
そう、熱中症です。水分をちゃんと取って、マスクをして、手を洗ってうがいをして…健康に頭を鍛えましょう!

(siriusユーカリが丘副教室長 濵川)

演習・追試も

こんにちは。三上です。

昨日は授業についてとりあげました。
ですが、生徒の皆さんが気になっているのはそれだけじゃないはず…。

そう、中学生の演習と追試

ようやくです。
本格的に追試がスタートできます。

今週はまず演習を受けてもらいましたが、
その演習が合格点(80点)に達しなかった場合は追試に来るシステム。

追試で合格できればすぐ帰ることができますが、
不合格になってしまった場合はその場で補習&再追試!
合格できるまで頑張ります。

内容はこれまで映像授業で取り扱ってきた範囲が主となるので
復習が欠かせません。

惜しくも今週追試になってしまった皆さん。
何も残念がる必要はありません。
自分の弱点を発見できたのですから。

同じように努力している仲間と競い合い励ましあいながら、
一つずつ合格していきましょう。

スタッフもチューターも、皆さんのパワーアップを全力でお手伝いします。
教室で待ってますよ!

(教務 三上)

対面ならでは

こんにちは、三上です。

ここ数日のブログ、スタッフの喜びとやる気に溢れていますね(笑)。
生徒の皆さんに会えて本当に嬉しいです。

もちろん、映像授業の期間も生徒の皆さんの力が伸びるように
試行錯誤してやっていました。
でも対面授業は生徒の反応がダイレクトにわかるのが良いところ。

…どちらの授業にしても、大切なのは「使い方」です。
こちらで少しお話していますが、映像授業にしろ、対面授業にしろ、
「座って見ているだけ」ではなかなか力は伸びません。

思ったことはぜひ声に出してみましょう。
考えたことはノートにどんどん書いてみましょう。

今日は4年生の国語の授業を行いました。
ファイル 3121-1.jpg
少し難しい記述問題もありましたが、皆自分の考えたことを粘って書いてくれていました。

私も生徒の皆さんが楽しく授業に参加できるよう、日々研鑽をつんでいきます。
一緒に頑張っていきましょう。

(教務 三上)

授業再開

誉田進学塾ismユーカリが丘校教務の後藤です。

通常授業が再開しましたよ!通常授業が!

先生にとっても生徒にとっても大ニュースです。もちろん、現状に油断することなくフェイスシールドとマスクとアルコールで完全防御しておりますが、それでも生徒に会えるのはうれしい!

通常授業が再開………と、いっても休んでいたわけではなく映像授業を配信し、生徒の学力が落ちないようにバッチリ対策をしておりました!

………が、ふたを開けてみるとそうも行かず…。映像授業の方がえーぞーとはならなかったようです…。

と、いうわけで誉田進学塾では現在、映像授業の復習を行っております!映像授業が身についた人はさらに固め、身についていない人は今度こそ身に着ける!2周分じっくり生徒を見ていきます!
(教務 後藤)

6月になりました!

ここ数日のブログにあるように、一先ず…一先ずではありますが、今月から通塾再開となりました。

時間差通塾や、座席、換気などの処置。検温、マスク、フェイスシールド(これがみなさん言っていますが、結構暑いようでして…。夏に向けて色々工夫必要ですね)といった対策。
ファイル 3119-1.jpg

“元通り”とはいきませんが、やはり塾で生徒さんと会えるのは嬉しいものです。
そして…むしろもう“元通り”ということを考えるより、色々なことが新たな様式に変化し、業界革新、技術革新のチャンスであると捉えて挑戦していく姿勢が求められているのかも知れませんね。

日々新たな一歩、スタッフ一丸となって進んでいきたいと思います。
ファイル 3119-2.jpg ファイル 3119-3.jpg

(事務 小林弘和)

久しぶりにみんなで演習テスト

鎌取の中2たち。
久しぶりにあつまって、演習テストで点数勝負!

ファイル 3118-1.jpg ファイル 3118-2.jpg
(やっている最中の写真を撮り忘れて、休み時間に「やってる風」の写真を撮ったのは内緒だよ笑)

テストの範囲は、今まで映像授業で学習した内容。
じゃあ出来の方はどうか?

・・・正直言うと・・・結構微妙・・・
解けてるけどミスが多かったり、時間が足りなかったり。

映像で授業を受けているとはいえ、それをコントロールしているのは自分。
そこまでコントロールして自分で力を付けていけるなら、最初から映像授業で良いじゃないか となってしまいますからね。

これまで学習したものは、たぶん穴だらけの状態で来ている子が多いかと思います。

さぁて、これから何が抜けているのか、色々見て行こう
ファイル 3118-3.jpg
ということで、6月以降の授業に向けて、みんな頑張ってきた演習テスト、1つ1つ見て行きますよ・・・

教務 佐藤

頑張ります

こんにちは、清水です。

今週久しぶりに授業をしました。
久しぶりすぎて、
「どういう口調で話していたか?」
と生徒に聞いてしまうくらいです。
他の先生たちはどうなのでしょうか?

さて来週からは本格的に授業が始まります。
映像授業で身に付けたことが出来ているかどうかを授業で直接確認。そして承認、フォローを入れることで彼らの努力の結果を何倍にもしていきます。

では「映像授業が良い」や「映像授業の先生の方が良かった」と言われないよう明日からの授業準備、はりきって頑張ります!

おまけ
送迎をしているおゆみ野スタッフ
ファイル 3117-1.jpg
久しぶりに見た光景で少しうるっときました。

「当たり前」に対する感謝

今週の月曜をもって,全都道府県の「緊急事態宣言」は解除となり,千葉県においては塾の施設使用停止も解除となりました.

それにより,誉田進学塾も今週からコロナウイルス感染拡大防止の手立てを施しながら「対面授業」を再開させて頂いております.

最後に対面授業を実施してから約2か月,例年と違って非常に長く感じた期間でした.

普段であれば,生徒たちが元気よく塾に来て,教室内が活気に満ち溢れる.授業中も1つ1つの問題を悩みながら取り組み,「できた!」というときのその生徒の達成感によって,周りも刺激を受けてお互いに切磋琢磨し合っている.

それが,誉田進学塾では「当たり前」でありました.

その「当たり前」なことが,暫くの間なくなってしまったことにより,寂しさも覚えましたが,それ以上に

 「当たり前」であることがどれだけ有難いことか

ということも改めて痛感し,そして感謝の念を抱きました.

「当たり前」な状態でなくなったこの2か月というものの間,様々な面で生徒や保護者の方々にご不便をおかけし,それに耐え続けて頂いたかと思うと,本当に感謝に絶えません.

「当たり前」が戻りつつある今,感謝の念を忘れずに,生徒たちの学習に対する「楽しさ」をこれまで以上に実感できるように,そして更に成長していけるように精一杯教育活動をして参りますので,今後とも何卒宜しくお願い申し上げます.

【教務 西塚】