counter

記事一覧

宿題はきちんとやります。

「あの時はできたのに…」
「宿題ちゃんとやったのに!」
「やったことは覚えてるのに…!」
と思ったことはないでしょうか?

勉強は思考力と記憶力、応用力などあらゆるものが鍛えられる道具です。
社会では人間関係にも、仕事にも思考力や応用力が求められます。
しかし、思考するにも、応用するにも、基礎となるものがなければ、0からすべてを創出するほかありません。
先人たちが行ってきたことすべてを一人の人間が創出するのは時間的にも空間的にも不可能です。
だからこそ、人は学びます。
先人たちの行ってきたことを学び、それをもとに発展させる。
そうすることで人類は発展してきました。
思考力、応用力を鍛えるなら、基礎を身に着ける必要があります。
その基礎の一つが知識です。

知識は記憶でもあります。
記憶するに最も効くのは「覚えていないことを自覚」し、「覚えるまで繰り返す」ことです。
勉強に言い換えると、「できるかできないかを実際に解いて」みて、「できなかった問題はできるまで解きなおす」ことです。
これは宿題のやり方と同じです。

宿題でよく見られるのが「丸付けまで」で終わらせているノートです。
これでは「できるかできないかを実際に解いて」みてるだけで終わってしまっており、繰り返すことができていません。
しかし、記憶でより重要なのはこの「繰り返し」です。
何事も反復して体に、脳に刷り込むことで血となり肉となります。
この反復が足りないと、テスト中に冒頭のセリフが出てきます。
これは非常に悔しい。
全然わからなかったら、次にできるようになろうと思えますが、「やったのに」「わかるのに」となるとなかなかそうは思えません。
悔しさだけが残ったり、試験後に自己採点をして「あぁ、そうだった。わかってるからこれは大丈夫」と変に安心してしまったりします。
宿題で「すべて問題を正解できる」まで直しを繰り返していると、このような経験は減少します。
そして、このような経験が減少すれば、成績は確実に向上します。

最後までしっかりやり遂げることは今の自分の学力向上につながり、将来の自分を鍛えることにもなります。
大人への一歩として宿題はきちんと仕上げましょう!

(教務 森山)

中2 春期講習ミニテスト

中2の春期講習の英語では、授業内にミニテストを実施しています。

「不規則動詞の過去形」で、新中学問題集の最後のページの表に載っているものから出題されます。

不合格者は、追試・再追試・再々追試・再々々追試まで問題があるので、受からないと10時まで帰ることができません。

受かればいいという態度でテストに臨んでほしくはないので、
単語を目で見て、口で発音し、手で書くという手順を通して、いろいろと頭に刺激を与えながら、地道に準備をしてほしいと思います。

次回の授業では残り半分の動詞、
春期講習明けの最初の授業では、載っているすべての動詞についてテストを行います。

追試になった人も、一生懸命に覚えようと努力をしている姿が印象的でした。また、合格した人でも、別の単語も覚えているかどうか確認したいということで、授業後に残って、率先して追試を受けようと申し出た人が数名いました。勉強に対する意識が高まっていて良いですね。次回もこの調子でがんばってほしいと思います。

(教務 白鳥)

中1から

ファイル 2166-1.jpg
【問題】
この絵、何を表しているか分かりますか?
4人の生徒に前に出てもらって書いてもらいました。

【ヒント①】
この絵はピクトグラムです。
ピクトグラムとは、言葉が違っても、イラストによって伝えられる記号のことです。

【ヒント②】
中1の社会の授業での一場面です。
単元は世界の古代文明です。

【ヒント③】
世界三大宗教のどれか一つのことについて書いています。

わかりましたか?
今年の渋谷幕張の入試問題で出題されました。
実際の入試問題ではピクトグラムが出題され、どういうことを表すかという問題でしたが、生徒たちには「イスラム教に関するピクトグラムを表すとしたら」ということで考えてもらいました。

イスラム教の礼拝所を表しています。
上のイラストは厳密に言うと、礼拝の仕方が違うので、全員不正解。
しかし、中1の時点から入試問題にチャレンジすることが素晴らしいです。

結局、問われるのは「言葉」ではなく「内容」なのです。
用語だけわかっていても通用しないということを、中1のうちから入試問題を通して感じてもらいました。
渋谷幕張の入試問題は、本当におもしろい問題が多くて、楽しいですよ。

(ismちはら台教室長 柏原)

なんと雪が・・

今朝起きたら予報通りの雪の天候でした。
それほど積もらないだろうし、多少積もったとしても雨で融けてしまうだろうと心配はしていませんでした。しかし途中激しく降る時間帯もあって車での出勤が大丈夫かなと心配しました。
なぜこの時期に雪が降ったのでしょう?

学校名は忘れてしまいましたが、ある中学校の理科の入試問題で関東地方に雪が降る天気図を選ばせる問題がありました。
専門的には南岸低気圧と呼ばれるもので、低気圧が日本列島のちょっと南側を通過したときに起こります(上空の寒気の影響も大きいですが)。
また千葉県の公立高校の後期入試では「春一番」が吹くときの天気図を選ばせる問題がありました。雪のときとは逆に低気圧が日本海を通過したときに起こるのです。

どちらのケースもテキストにそのことが載っているわけではありません。試験では基本知識をもとに考えるしかないのです。
だた生活の中で出てくる気象現象なので、普段の生活の中で理屈が分るともっともっと実感がわくと思います。天気予報をしっかり見て勉強してくださいね。

暑さ寒さも彼岸まで(本当かな?)。三寒四温(当たっているような)。
いろいろ謂れがありますが気候の変動に注意しながら春期講習を頑張りまます!

教務 三橋

できるまで

いよいよ春期講習スタートです。
塾では3月から新学年がスタートしていますが、学校でも旧学年が終了し、名実ともに受験学年となる日も間近です。

ism大網の春期一発目の授業は数学です。
最初はウォーミングアップとして展開公式の練習です。
まぁ予想通りですが、サッと解ける生徒と時間がかかる生徒の差はかなりありました。
宿題やってきた人~?と聞くとかなりの相関関係が見えてきます。
でも、中には宿題やってきたのにできなかったという生徒も。宿題が形だけのものになっていないかな?宿題は何のためにやるのか、それはもちろん、「できるようになる」ためです。だとすれば、「できる」ようになっていなければ完了したとは言えません。

実際にはそこまでチェックできるわけではありませんが、そのぐらいの心意気でやってほしいと思います。正直に言えば、私はどんなに素晴らしい宿題ノートを見ても、「へ~っ」ぐらいにしか心動かされません。そのことによって「できる」ようになった生徒の笑顔にはかなり涙腺が緩みますけどね。

「できない」ことを恐れないでください。もともと「できない」が当たり前なのです。そこから出発して「できる」ようになることこそが勉強です。私たち教務スタッフはみな、「できる」ようになることがどれだけ誇らしくて嬉しいことなのかを知っています。だからこそ、後の世代である生徒たちにそれを体験してほしい。

春期前にAさんが、「宿題がんばってやったら演習の問題ほとんどできました!」と嬉しそうに報告してくれました。ぜひまた、そして他の人からも聞きたいものです。
ファイル 2164-1.jpg

【森賀】

さぁ 講習です。

速いですね
一月は行く、二月は逃げる、三月は去る …… 実感します。

さて、入試が終わって、三月から塾は新学年。
授業はすでに2回済んでいますが、いずれも生徒さんの新学年の学習に対する期待感を感じます。
こちらも負けていられません。
気持ちを引き締めて、これまでの内容と教え方を一から地道に見直して、生徒さんの期待を裏切らないよう、進んでいきます。

25日からは春期講習がスタートです。
誉田進学塾グループの指導理念
      真の意味での「英才教育」
   「学問に王道なし」そして「王道を往く」
を具現化すべく、スタッフ一同張り切っています。
春期講習、待ち遠しいです。

年々歳々花相似たり 歳々年々人同じからず
今この時、生徒とともに学べるこの時を大切にしたいものです。

(田村)

ここからが勝負!

いよいよ今週末から、春期講習が始まります。
新年度が始まってからのこの二週間は、どの子もとてもまじめに、一生懸命に取り組んでくれています。

ですが、勝負はここからです!

新入生は、春期講習が始まると、塾という環境にも少しずつ慣れてきます。
以前から通って頂いている生徒さんも、新しい学年の雰囲気に馴染んでいきます。

ファイル 2162-1.jpg

そして、そこが要注意ポイントなのです!

春期講習中、宿題はその日の授業の復習になります。
学年によっては連日の場合もあるため、宿題が追いつかないという状況も出てくるでしょう。
しかし、春期講習中の宿題は、春期講習明けの最初の授業まで終わらせられればだいじょうぶです!

ファイル 2162-2.jpg

ただし、ここでできる子とできない子で差が出てきます。
「春期明けの最初の授業まで終わればいいや~」と油断していると、あっという間に期限は来ます。
その予測を、子どもはできないことが多いです。

気づけば、
まず春期講習の宿題がたまり…
春期明けの宿題もたまり…
と自分の首をしめるような事態になりかねません!

ファイル 2162-3.jpg

特に春期講習によって、勉強のペースも乱れやすいので、ここで勉強しない期間に突入してしまうと、まずいです。
講習明けから、勉強をしなくなる可能性があります!

更に春期講習中は、普段の授業担当の先生ではなかったり、小学生であれば別の教室に振り替えたりなどで、宿題の状況を把握しきれないことも多いです。

ファイル 2162-4.jpg

ですから、子どもにとっても塾にとっても、お家の方にとっても、これからが勝負!!

始まったばかりでやる気のある今を、今後にもつなげていくことが大切です。
もちろん、こちらでもさまざまな対応策を考えております。
ですが、それだけでは足りません。お家の方のお力添えも必要です。

ファイル 2162-5.jpg

小4の中には、すでに良い宿題をしてきている人がいます!
間違えた問題の数よりも、「どのように間違いを正して、次解く時にできるようになっているか」が大切です。
間違えることを恐れずに。

そして、「次は絶対間違えないぞ!」
…そう思って、勉強をしてくださいね。

桜が花を咲かせたように、私たちも子どもたちの花が咲くようサポートしていきます!

(教務 風野)

来週の土曜日からは

本日、入塾ガイダンスが各教室で行われました。
春期講習を前に4度行われました入塾試験も、ここで一端の終了となります。
お申込みいただいた皆様に、お礼を申し上げます。
どうもありがとうございました。

そして今回入塾をしていただくこととなった皆さんには、
来週の土曜日:3/25から始まる春期講習から、クラスの新しい仲間として一緒に勉強していただきます。

学校が新学年に移る前の段階で、勉強の習慣をつける大事な機会です。
そして新しい仲間たちと絆を深める大事な機会でもあります。
互いに切磋琢磨する環境で、気持ちを新たに頑張ってもらいたいです。

【ism大網副教室長 辻】

宿題

こんにちは、清水です。

ismちはら台では今日もほかの教室に負けないぐらい
生徒から宿題が出されました。
その中で私がいいなと思った宿題を紹介したいと思います。

まずはこちら
ファイル 2160-1.jpg

きれいな字で書いてあります。
何より直しがきちんとされているのがいいですね。

次にこちら
ファイル 2160-2.jpg ファイル 2160-3.jpg
ファイル 2160-4.jpg
マルつけや直しだけでなく、気になったことをメモしています。
自分で考えて、印象付けておこうというのが大切ですね。

最後に個人的に一番よかったのはこちら
ファイル 2160-5.jpg
さっきのと同じようですが、絶対にミスをしないという気持ちが出てきて良いと思います。

上で紹介した生徒以外のみなさんもよくできていました。
授業でいつも言っていますが、
宿題や問題演習は解いたあとが非常に大切です。
「できなかった問題をできるようにする」
この言葉を意識して1年間勉強していきましょう‼
できない問題がなくなって、解ける問題が増えていくと
勉強がとても楽しくなりますよ‼

(教務 清水)

一回を大切にする。

本日はism誉田で5年生の国語の授業をしました。
テーマは場面と情景。物語文です。楽しいですよね。
ファイル 2159-2.jpg
しかし、楽しみすぎると落とし穴が…。
物語文でよくある失敗の一つが自分で想像して答えを書いてしまうということ。
「この時の主人公の気持ちを答えなさい」なんて設問が出た時に、本文にない自分の想像を書いてしまう。
授業では、そんなミスをなくすよう指導します。この設問はいったい何を聞いているのか。どう答えればいいのか。
設問の形に慣れていないうちは、できなくて当たり前。少しずつ慣れていきましょう。
だからこそ大切なのが、授業中の意識です。
以前と同じ間違いはしないという気持ちをもって全力で臨むことです。
意識しなければ、同じ失敗は何度でも繰り返します。それがその人の考えの型だからです。
しみついた考え方は容易には変わりません。ですから、この一回で自分を進歩させるという意識で授業に臨んでください。
一緒に進歩していきましょう。

(教務 伊藤)