counter

記事一覧

○○するまでが…?

ここ数日はいくらか過ごしやすくなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
誉田進学塾では「熱い夏」がいよいよ終盤戦を迎えております。

昨日もご紹介しました模擬試験。
監督をしていると、本当にみなさん一生懸命解いているのがわかります。

ファイル 2890-1.jpg

「あーこれやったなー」や、
「何だっけ!単語が出てこない!!」や、
「よっしゃーー!!できる!」などなど(顔に書いてあるんです)。
問題用紙を1ページめくった瞬間に表情が変わるのは本気の表れですよね。

ファイル 2890-2.jpg

さて、模試で気になるのが「成績は伸びたのかな」という点です。

誉田進学塾の夏期講習は相当に濃密です。
この夏の勉強にしっかり向き合った生徒のみなさんであれば、心配しなくとも以前よりも実力がついていると思います。

ただし。
そんな夏の努力をもっともっと伸ばす模試の使い方、ご存知ですか?

それは…「間違えた問題の直しをすること」。

なんだそれだけか!いいえ、侮ってはなりません。
「できなかった問題をできるようにする」。それが「成績を伸ばす」近道です。
夏期講習では、練りに練られたカリキュラムで生徒さんのできることを増やしていきます。

ただ、どんなに優秀でも、一回の授業で完璧にマスターするのは至難の業。
だからこそ、授業後の模試で「できる/できない」を明確にして、
「できる」に変えていくことが大事なんですね。

誉田進学塾では、模試後には必ず直しをするよう指導しています。
模試を活用して、この夏の総復習。次の成長に繋げましょう!

「直しをするまでが模試」ですね!

(三上)

夏期講習残りわずか

早いもので夏期講習も残りわずかとなりました。

ファイル 2889-1.jpg

各学年とも最終授業のあとにテストが行われます。
小学生は誉田進学塾オリジナルのテスト「PUT」。
中学生は2つの模擬試験。

PUTは夏期講習で学習した内容が中心となりますので、
8月の初めに配付した学習の手引書を元に、
各生徒がご家庭で計画的に勉強しています。

中学生の模擬試験は、標準的な模試と難関高校受験向け。
どちらも、今後の学力向上のために重要な試験です。
夏期講習までに学んだことを十分に活かしてほしいところです。

残りわずかではありますが、夏休み明けの学習に向けて、
最後まで悔いが残らないよう、生徒・スタッフともに
頑張っていきたいと思います。

(教務 福地)

中3

夏期講習の演習テストも、今日で15回目。
20回あるうちの、15回が終了。

そして明日は塾がお休みで、
そのあと、夏期講習最後の5日間が始まります。
ファイル 2888-1.jpg
ゴールが見えてきました。
ここで減速してはいけません。
本当のゴールはここではありませんから。

終わりが見えてきたからこそ、加速するのです。
入試のときに大事になってくる、
『最後の踏ん張り力』を鍛えるチャンスです。

そう、生徒に指導しています。

(ismおゆみ野 新倉)

暑い夏、いや、熱い夏。

皆さんこんにちは。中学入試上位校突破を目指す誉田進学塾siriusのユーカリが丘校、算数担当の濵川です。
受験生の皆さん、熱い夏を送っていますか?私が受け持つクラスのみんなも一生懸命頑張っています。もちろん、受験生だけではなく、非受験学年の皆さんの頑張りも大したものです。
あともう少し、この熱い夏を頑張って乗り越えましょう。

さて、誉田進学塾を卒塾していく受験生は、この夏期講習のことを後に『あの夏…』と言っています。『あれだけ頑張った夏』という意味ですね。確かにそうでしょう。
では、どれだけ頑張っているのか数字で表してみましょう。数字は嘘をつきません。受験学年に着目したいと思います。

まずは小6です。もちろん中学入試を行う場合。誉田進学塾で言えばsiriusの皆さんです。
本科コース 6時間20分×20日間+集中特訓8時間×2日間より…
計算すると約143時間、塾で勉強をします。通常授業は1日3時間なので、1週間で9時間と考えても143時間÷9時間÷4週間=4か月分。
つまり、この夏期講習だけで4か月分の授業をする訳です。
(すごーーい!!気づいてた?)

それでは中3。
本科コース 6時間×19日間+集中特訓8時間×2日間より…
約130時間の授業です。同じく130時間÷9時間÷4週間=3.6か月分。この夏期講習だけで3か月分以上の授業を受けているということです!すごいですよね。

みんなよく頑張っています。
でも、それは誉田進学塾だから。とは言えないようです。
調べちゃいました。他の塾の夏期講習を2社ほど…
(名前は伏せておきましょう…笑)

A塾
小6本科コース
220分×23日間+特別授業10時間×6日間より…
約144時間。
中3本科コース
220分×18日間+27時間・演習特訓+特別授業10時間×6日間より…
約153時間。

B塾
小6本科コース
380分×24日間+特別授業10時間×4日間より…
約192時間。
中3本科コース
340時間×24日間+特別授業10時間×4日間より…
約176時間。

言いたいこと、分かっていただけましたか?
…皆やってるってことです。
どの塾でも、塾に行っていなくても、夏を思い出して「あの夏…。」って言うはずです。皆が、誰もが頑張っているはずです。

全国模試などを受けて、偏差値を見比べることもするのですが、どうしても自分の通っている塾の友達だけに視野が狭まってしまうものです。競争相手は千葉県全体にいます。競争相手は関東全体にいます。競争相手は全国にいます!

これからもこの競争を楽しんで、自分の力で勝利を手にして欲しいと思います。応援しています!

頑張れ!受験生!

(濵川)     

本気です!

中3生のとっては勝負の夏の真っ盛り。
夏の演習テストでできなかったところは居残りでできるまでやってもらいます。
ファイル 2886-1.jpg
写真は夏期演習の科目である英語構文を特訓しているところです。
この夏で何としてでもジャンプアップするように
生徒も教える我々側も本気です!
(教務 関)

夏休みの後には...

学校にもよりますが夏休みも残り10日程度ですね。

夏休みが終わるとすぐ期末試験が始まる学校もあるのではないでしょうか?
8/6から8/16まで誉田進学塾はお休みでしたが、この休みの間で
学校の定期試験の勉強を進めた子もいるかと思います。

前期の成績はこの試験で決定しますから、万全に準備して
臨んでほしいと思います。

まだ時間があると思ったら、あっという間に試験日になってしまいますよ。

では、私が所属する本納教室の生徒はというと、実はなんと
試験1か月前で学校のワークと塾で配布した定期試験用のワークを
試験範囲すべて終わらせた子がいます。
正直驚きました。すごいやる気ですね。
ですので昨日は塾で貸し出しているワークを借りて
勉強するといって帰っていきました。

その子いわく、「演習の勉強もしているけど、学校の勉強が
終わってしまってヒマ」とのこと。さらに自分が苦手な科目の
ワークを借りていくほど、何をすればよいかわかっています。

誉田進学塾では、自分でどの勉強をすればよいか自分で考えて
取り組む自主性を持っている子が多いです。
この自主性が、定期試験で強いといわれる理由の一つでもあります。

今ならまだ間に合います。まだ夏休みと油断せず、夏休み後に
控えた定期試験に向かって一緒に頑張っていきましょう!

(ism本納副教室長 島田)

まだまだアツい!

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
夏期講習も終盤になり、毎日の授業にもより一層熱が入っています。
しかし、暑い夏が終わっても、受験生はまだまだ熱が冷めません!!
夏期講習が明けても、様々なイベントを行います。

9/21(土)は第3回難関高校フェアを実施いたします。
塾生が多く受験する高校の先生方をお招きして、直接各高校の紹介をしていただきます。
6/29(土)に行った第2回難関高校フェアのアンケートでも
・子供は部活で参加できなかったが、次回は必ず参加させたい!
・これまで併願校として考えていなかった高校だが、改めて考えてみたくなった。
・息子には受験できない女子高であることが本当に残念…。
・一度に様々な高校の説明を聞くことができる機会は貴重。聞き比べることでより魅力を知ることができた。
など多くのメッセージをいただきました。
難関高校フェアは参加してこそ、その価値がわかるイベントです。
部活がひと段落した9月! ぜひお子様と保護者の方とでご参加ください!
(第3回難関高校フェアのご案内兼申込書は7月末送付物にてご家庭に送付しております。お申し込みは9/14(土)までです。申込書、FAX、webメール、いずれかの方法にてお申し込みください)

9/28(土)、10/5(土)、10/12(土)に、難関高校受験研究会Final Program(受験説明会)を行います。
多くの高校では、入試概要を夏ごろに確定させます。
それらの最新の受験情報をもとに、来春の入試概要や志望校別の併願パターン、これからの受験生活などについて詳しくお伝えさせていただく会です。
開催は各校舎、各クラスごとに行います。
各校舎、各クラスごとに行うことにより、公立高校の学区や学力別の志望校などにより焦点を当ててお伝えさせていただきます。
難関高校受験研究会Final Programは保護者の方向けの会、生徒向けの会とそれぞれ行います。
難関高校受験研究会Final Programは受験において非常に重要なイベントですので、ぜひご参加をお願いいたします!

10月以降も受験面談や過去問対策などいろいろなイベントをご用意しています。
この夏燃やした心のままに、受験まで全力で乗り切っていけるように応援しています!

(教務 森山)

初めての英語

小学生のテストの日。
ファイル 2883-1.jpg

小学生といえば、算数・国語・理科・社会という受験科目ですが、今回からなんと英語のテストが希望制で受けられることになりました!

初めての英語のテスト。リスニングだってあります。
学校で英語をやっていると言っても、その進度は学校によって様々なはずです。
習っていないところが出たらどうしよう?
どんな対策をしていけばいいの?
と不安な生徒が多い中、それでもほとんどの生徒が受験をしました。

こういう「まずやってみよう!」という姿勢が誉田進学塾の生徒らしいなと思います。

実際、受けてみた感想は?

「思ってたほど難しくなかった!」
「緊張したけど楽しかった!」
「英語より、いつもやっている算数と国語の方ができなかった!」
(え・・・それはそれでどうなの・・・(´・ω・`))

まあ、初めての英語のテストでしたが、受験した全員がいい経験になったようです。

次回は1月!楽しみですね♪

(糸日谷)

夏期休業のお知らせ

誉田進学塾・誉田進学塾ism・誉田進学塾sirius各校舎は、8/6(火)~8/16(金)の間、夏期休業となります。
お問い合わせ等は、8/17(土)以降にお願いいたします。

誉田進学塾

2日目集中特訓

こんにちは、島田です。

本日は集中特訓2日目!お盆休み前1日勉強付けで、
各教室で皆さん一生懸命勉強していました。
ファイル 2881-1.jpg

本納教室の生徒たちもまさにその名の通り
「集中特訓」していました。
ファイル 2881-2.jpg

「やってみたらあっという間だった」
「今日ほど一日集中してやる日はなかった」
「意外と乗り切れることが分かって自信が付いた!」

本納の生徒に聞いてみるとこういう声が多く、生徒の
頼もしさに良い意味で驚かされます。

やる前は1日大変だなぁ~と言っていた子供たちが
終わってみたら上のような達成感を持って終えていました。

集中特訓の目的の一つに、夏以降の自主学習の方法を身に着ける
ということがあります。
そのうえで、自分で立てた目的を成し遂げることによる達成感を得てほしいです。

誉田進学塾を卒業した先輩たちも、「あの夏の集中特訓が効いた」
「あの集中特訓で私は変わった」ということを卒業して遊びに来てくれた時にも話してくれます。

8/6~8/16日まで塾はお休みになりますがこの休みの間に
どれほど進められるか、ここで勝負になります。

集中特訓が終わった後も勝負は続いています。
あの夏を振り返って、集中特訓のおかげで私は変わった、
それ以降を乗り越えられたというように、今日得られたことを
活かして今後も一緒に頑張って行きましょう!

(ism本納副教室長 島田)