counter

記事一覧

油断できない夏明け

夏期講習が終わり、8/31(土)から誉田進学塾では通常日程の時間割に戻っています。中3生にとっては、あの激戦とも言うべき夏の日々に比べてしまうと、どうしても気が緩む子が出てしまうのがこの時期です。
しかし油断は禁物です。実は受験生にとって、今後を左右する重要な時期でもあります。
多くの学校が夏休み明けに実施する定期試験。
受験校を決める上での重要なデータとなる模擬試験。
志望校を決めるための学校の三者面談。
夏はとにかくがむしゃらになって進んできましたが、いよいよこれからは自分のこととして現実を見据えないといけない時期になってきます。

ファイル 2898-1.jpg

もちろん私たちはそんな受験生をサポートするように、そしてひとり一人に合った指導が出来る体制になっています。個別の指導もですが、授業内容も志望校にあったピンポイントの対策になるようになっています。

受験生にとって油断ができない一方で、夏での頑張りをここで活かしつつ、目標に向けて進んでいただきたいと思います。

【豊学塾/ism本納教室長 辻】

  • -------------------------------------------------------

★9/ 7(土) 誉田進学塾 保護者向け研究会『伸びる生徒たちのヒミツ』
詳しくはこちら👇
http://www.jasmec.co.jp/event/nankoukenpp201909.pdf

★9/14(土) 誉田進学塾 秋期特別入塾試験

本日より受付開始!!

10月上旬から入塾できる、難関高校受験コースの入塾試験です。
お申し込みは誉田進学塾の各教室窓口にて承ります。
入塾試験受付締め切りは9/13(金)まで!

その他のイベント情報も含め、詳しくはこちら👇
http://www.jasmec.co.jp/nyuujuku/nyuujuku_info.htm

  • -------------------------------------------------------

新しい

こんにちは、清水です。

中2は後期に入ってから、初授業。
国社は清水が引き続き授業しますので、よろしくお願いします。

理科はというと・・・
新しく

瀧野澤先生

が担当することになりました!

早速、授業に潜入

生徒ひとり一人をよく見ていました。
ファイル 2897-1.jpg
当たり前のように見えますが、初めてのクラスで授業するときは緊張して自分のことでいっぱいいっぱいになるのが多いです。
それでも周りが良く見れるのは、すごいと思いました。

さて、授業内容は回路?かな。
公式が書いてありますね。(昔にやった覚えがないけれど・・・)
ファイル 2897-2.jpg

授業を聞いてスラスラ解いてますね。
ファイル 2897-3.jpg ファイル 2897-4.jpg

これからの活躍に期待です。
ファイル 2897-5.jpg

(清水)

入試に向けてスタート!

難関私立中受験コースsirius(シリウス)も後期授業がスタートしました。
ファイル 2895-1.jpg
6年生はまず、土曜日に実施した市川中過去問チャレンジの合格発表から。
本番同様の合格掲示板(実際の合格者1300名以上の番号)の中に自分の受験番号があるかな…とさがします。
答案も返却されますが、中には「あと1問で合格だったのに~~~!!」という生徒が数名。。。そう、入試はボーダーライン付近に最も多い受験生が集まっているのです。
実際の入試では答案は返却されませんからね。1問だろうと1点だろうと落ちは落ちです。本番を見据え、1問1点にこだわった勉強が求められる時期になってきたということです。

ファイル 2895-2.jpg
また、後期(9月)からは6年生のすべての授業で学校別対策の内容にも取り組んでいきます。今日の国語授業では「市川中の記述」にチャレンジしました。算数のフリーハンド作図など、学校によって独特の出題がありますから、そこにもしっかり対応できる力を養成していきます。いわゆる「実戦トレーニング」ですね。
さあ、志望校目指して、がんばれ受験生!!

sirius鎌取  杉本

後期スタート!

夏期講習が終わり、
今日から後期がスタートしました。

夏はあっという間でしたね。

ファイル 2894-1.jpg
特に、ほぼ毎日塾で勉強を頑張った中3生たちは
勉強に更に積極的になってきていて、
その様子を見ているととてもジーンとします。
講習後も、早い時間から自習に来てコツコツ頑張っていましたね。

9月に入って学校が始まると定期試験が始まります。

頑張る姿を毎日見ていたからこそ、
定期試験でも努力が報われて欲しいなと思います。

まだまだ暑いので体調に気を付けながら
また後期も一緒に1つずつ頑張っていきましょう。

(事務 永田)

長かった夏期講習も終了です。

中学生は毎回授業の前に「演習テスト」がありました。
ファイル 2896-1.jpg
黒字で書いてあるところは合格、赤字は不合格。
赤字の上にハンコが押してあるのは、「不合格だったけれど、その後プラクティスをちゃんとやったね!」という証です。

青で囲ってあるところは、部活で受けられなかったけれども追試日に来てちゃんと受けたところです。

ismちはら台の中1は毎回全部合格!というスゴイ生徒が2人も…!!
ファイル 2896-2.jpg
中2の最高記録
ファイル 2896-3.jpg
中3の最高記録
ファイル 2896-4.jpg

中でも中3は20日間という長い戦いでした。
「そんなに勉強したら死んじゃう!」って言っていたけど、死ななかったでしょ?(笑)
途中で逃げることなく、よく頑張りましたね。

ismちはら台の中3は、数か月前まで英単語のテストが全然合格できなくて苦労していましたが
夏期講習中で、中学3年間で習う単語をすべてマスターした生徒も少なくなく
成長を感じられた夏期講習でした。

ですが、ここで気が抜けて反省する先輩が多いです!
まずは定期試験に向けて、気を引き締めていきましょう!

(ismちはら台教室長 佛坂)

スーパー定期試験勉強

今日の夜は「スーパー定期試験勉強」ということで、中1・2は全員が集まるすごい定期試験勉強
部屋に入っている生徒たちの数はこんな感じ

ファイル 2893-1.jpg ファイル 2893-2.jpg
ファイル 2893-3.jpg

圧巻です。
生徒から良く聞く話ですが、「周りが真剣にやっているから自分も頑張らないといけない」気になる様です。
塾に集まって定期試験勉強をやるのはこういった意味合いが強いのです。

はっきり言って、人がギューギュー状態だし、周りが凄く勉強してるし、先生も見てるしで、「手を抜けない」という点では「居心地は悪い」と思います

言い換えれば、学習を進めていく上では「居心地が良い」と言えるのではないでしょうか。

家ではできないことでも塾だととっても頑張れますよ

教務 佐藤

8月終盤のスケジュール

8月末の今日、九州などで記録的豪雨と報道がありましたし、千葉でも天候が不安定で、突然大雨になった地域もありました。

スッキリ快晴、とはいきませんでしたが夏期講習最終日、すべての授業、演習、テストが終わる日です。それぞれ思うところもあるようですが、それでも生徒さん達の表情はやはりどこか晴れやかな感じです。
本当によく頑張りました!
ファイル 2892-1.jpg ファイル 2892-2.jpg

しかし、8/21の濱川先生の記事にもありますが、誉田進学塾の生徒さんだけでなく、他の塾の生徒さん達もそれぞれ頑張っているのです。
特に中学生は、夏期講習をやり切ったと安心してばかりもいられません。
そう、9月からは定期試験がありますものね!

というわけで、誉田進学塾の生徒さん達も、ここから(お盆休みからも始めていますが)定期試験勉強に向けて気合を入れなおします。
神田先生から中1のみんなへ定期試験の重要ポイントのお話と激励です。
ファイル 2892-3.jpg ファイル 2892-4.jpg

とはいえ、休憩するときはしっかり休憩して、そしてこの夏の頑張りを自分でも認めて誉めてあげて欲しいなと思います。
みなさんの努力が、実りの秋へとつながっていきますように。
ファイル 2892-5.jpg

(事務 小林弘和)

あの夏

通常授業がスタートするのは30日からですが、早いもので、時間割の上では、夏期講習は明日で最後です。

誉田進学塾の卒業生が「あの夏」と振り返る誉田進学塾の夏期講習。実際に、私が見ても中3は本当に頑張っていました。朝9時に授業が始まり、昼休みもお弁当を食べながらその日のテストの勉強。授業が終わるのは午後3時半ごろですが、テストの直しや翌日の勉強があって家に帰るのは7時を過ぎてから、というような生活が毎日続きました。

にもかかわらず、塾に来るのに暗い顔をしている人はいませんでした。大変なのは確かだけれども、団体戦だからこそ乗り切れる、誉田進学塾の夏。

スタッフである私自身にとっても「あの夏」と振り返れるような、充実した夏でした。

ファイル 2891-1.jpg

(教務 河澄)

○○するまでが…?

ここ数日はいくらか過ごしやすくなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
誉田進学塾では「熱い夏」がいよいよ終盤戦を迎えております。

昨日もご紹介しました模擬試験。
監督をしていると、本当にみなさん一生懸命解いているのがわかります。

ファイル 2890-1.jpg

「あーこれやったなー」や、
「何だっけ!単語が出てこない!!」や、
「よっしゃーー!!できる!」などなど(顔に書いてあるんです)。
問題用紙を1ページめくった瞬間に表情が変わるのは本気の表れですよね。

ファイル 2890-2.jpg

さて、模試で気になるのが「成績は伸びたのかな」という点です。

誉田進学塾の夏期講習は相当に濃密です。
この夏の勉強にしっかり向き合った生徒のみなさんであれば、心配しなくとも以前よりも実力がついていると思います。

ただし。
そんな夏の努力をもっともっと伸ばす模試の使い方、ご存知ですか?

それは…「間違えた問題の直しをすること」。

なんだそれだけか!いいえ、侮ってはなりません。
「できなかった問題をできるようにする」。それが「成績を伸ばす」近道です。
夏期講習では、練りに練られたカリキュラムで生徒さんのできることを増やしていきます。

ただ、どんなに優秀でも、一回の授業で完璧にマスターするのは至難の業。
だからこそ、授業後の模試で「できる/できない」を明確にして、
「できる」に変えていくことが大事なんですね。

誉田進学塾では、模試後には必ず直しをするよう指導しています。
模試を活用して、この夏の総復習。次の成長に繋げましょう!

「直しをするまでが模試」ですね!

(三上)

夏期講習残りわずか

早いもので夏期講習も残りわずかとなりました。

ファイル 2889-1.jpg

各学年とも最終授業のあとにテストが行われます。
小学生は誉田進学塾オリジナルのテスト「PUT」。
中学生は2つの模擬試験。

PUTは夏期講習で学習した内容が中心となりますので、
8月の初めに配付した学習の手引書を元に、
各生徒がご家庭で計画的に勉強しています。

中学生の模擬試験は、標準的な模試と難関高校受験向け。
どちらも、今後の学力向上のために重要な試験です。
夏期講習までに学んだことを十分に活かしてほしいところです。

残りわずかではありますが、夏休み明けの学習に向けて、
最後まで悔いが残らないよう、生徒・スタッフともに
頑張っていきたいと思います。

(教務 福地)