counter

記事一覧

最後の「そっくりもぎ」

9月から毎月1回ずつ実施されてきた「そっくりもぎ」が、12月3日(日)の4回目をもって終了しました。
「そっくりもぎ」というのは、公立高校の入試問題とそっくりにアレンジした問題を、公立前期選抜と全く同じ科目順、時間配分で、渋谷幕張高校や昭和学院秀英高校など実際の高校を会場にして実施する模擬試験のことです。毎年9月から12月まで、月に1回ずつ計4回実施します。

中3の受験生たちは、この模擬試験の結果をもとに公立の志望校を決定し、課題を考えて次の模試に向けて勉強を進めてきました。今回12月の分は、最後の「そっくりもぎ」なので、その結果によっては志望校の変更もやむなしといった位置づけになるものです。

私(石﨑)は、土気教室の責任を負っているので、土気教室の生徒たちの成績には常に目を配り、次の模試に向けて、生徒個々に課題を伝えたりしてきました。今回は最後なので、この模試の結果次第では、非常に辛いことですが、生徒に最後の選択をさせなければならない場合もあります。

実は、土気教室だけではなく、誉田進学塾全体の英語の成績にも責任を負う立場にあります。そこで、模試の結果が出るたびに、塾全体の英語の成績にも気を配り、その結果に基づいて、カリキュラムに手を加えたりもしてきました。
その成果かどうかは分かりませんが、9月から回を追うごとに英語の塾内平均が5点程度ずつ上がり、今回、まだ生徒たちによる自己採点の段階なので断言はできませんが、塾内全体の英語の平均点が約90点に達したようです。これでやっと英語で勝負できる、というところまで上がって来ました。あとは、実際の過去問でどれだけ得点できるか、という段階です。

これは、生徒たち一人ひとりが、自らの努力によって手に入れた成果です。本番はこれからですが、この生徒たちなら、きっと自分の夢を叶えてくれるはずです。
そして、その夢の実現に向けて、私たちスタッフも、彼らを信じて、最後まで応援します!

(土気教室 教室長:石﨑)

冬期定例入塾試験つづき

冬期定例入塾試験、土曜日に実施されましたが、実は土気教室と鎌取教室では本日も行われました。
ファイル 2376-1.jpg
土曜日にどうしてもご都合がつかなかったという方のための振替日です。

人数も少ないですし土気教室と鎌取教室だけで18:00~という遅い時間にはなってしまいますが、せっかく塾にご興味を持ってくださった方ですから、なんとか受けて頂きたいという気持ちで振替日を設定しております。

今後1月、2月と入塾試験が続きますが、すべての試験で翌月曜日に振替日を設けておりますので、日程を見て「この日無理だわ」とあきらめず、一本お電話でいただければご相談に乗らせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

今日で冬期定例入塾試験はひと段落。
たくさんの方にご受験いただきまして、本当にありがとうございました。
特に土気教室では申し込み初日から本当にたくさんの方に来ていただき、全教室で一番の受験者数となりました。
たくさんの新しい人と一緒に勉強ができることを楽しみにしています。

土気教室副教室長 石井

冬期定例入塾試験

本日は冬期定例入塾試験でした。
多くの方にご受験いただき、ありがとうございました。
ファイル 2375-1.jpg
同日実施の保護者会でもお伝えしましたが、入塾試験は当日のコンディションが大きく作用します。
特に試験慣れしていない小学生は、
・普段と違う場所で試験を受ける
・答えを解答用紙に書く
・限られた時間で解く
など、多くのプレッシャーがあります。
何度か受験することで、本来の力を発揮するお子様もいます。
みなさん真剣に試験を受けていました。

一番の対策はアウトプットの練習、つまり問題を解いて練習を積むことです。
教科書を読んだり、大事なところにマーカーを引くだけではできるようにはなりません。
限られた時間内に、問題形式での練習をしてください。
その際に重要なのが丸つけと間違い直しです。
問題を解いて、この丸つけ、直しまでしっかりやっていることで、大きく力が伸びます。

入塾試験を通して、お子様の勉強の機会になれば幸いだと思っています。

今回受験できなかった方に、12月9日(土)まで振替実施を行っています。
最寄りの教室までお問い合わせください。

(ismちはら台教室長 柏原)

自分を形作るもの

PUT週が終わり、小学生は授業にもどりました!
これは、新しい節目だと思います。

どういうことかというと…
いつもと違うことが入ったときというのは、切り替えのきっかけになりやすいのです。

ファイル 2374-1.jpg

実際に、今日は漢字テストをしましたが…
前回がPUT週だったためか、テストの準備が足りなかったかな~という人がいました。

こういう時、テスト後を切り替えのタイミングと考えられるとよいのです。
人というのは、えてして「完璧」を目指してしまいがち。
しっかりできているうちは良いのですが、一度でもそれが崩れてしまうと、「もういいや~」と投げやりになってしまうことがあります。

しかし、いつまでもそうしていてはダメですよね…
それはきっと、誰もがわかっているはずです。

そういう時だからこそ、「きっかけ」が必要なのです。

どんな結果であろうと、それを次へ活かして「またここからがんばるぞ!」と気持ちを切り替えていきましょう。

それは、ほかの誰でもない自分がそう決めなければ、変化は起こりえません。
誰かに言われてやるのと、自分から意志をもってやるのでは、
明らかに経過も結果も変わります!

ぜひとも、「よっしゃー!次はもっと良くするぞ!」とリスタートを切りましょう。
そして切ったからには、成果が出るまでは走り続けること。
その積み重ねが、将来のみなさんを形作るのではないかと思います。

(教務 風野)

思わず出ちゃうしたり顔

昨日中2の生徒が「先生私演習どっちも合格したの!!夢みたい!!」と飛び上がって報告してきてくれました。
定期試験勉強明け+駿台模試明けということもあり、演習の勉強から遠ざかっていたこともあり、中々英数どちらも合格することが難しい回でしたが、見事合格したことに喜びを隠しきれなかったのでしょう。

中1・中2どちらにも言えることですが、学年内容が佳境~終盤に近付いており、難易度もどんどん上がっています。「難しかったよー!」と嘆く人も多いですが、

大事なことは、「何か一つを達成すること」。

たとえば、「この週の宿題を終わらせる」や「演習の英数どちらかを1つ合格する」、「追試を2つ合格する」などなど。 なんでもいいです。勉強に対して、何か一つ目標をもって取り組み、それを達成したときの喜びはとてもとても大きいです。
だって、顔に出てますもんね。

ファイル 2373-1.jpg

こんな顔や、

ファイル 2373-2.jpg

こんな顔。

みーーんなにやけてしまいます。

にやけるまでの道のりは大変かもしれないけれど、達成したときは絶対うれしいに決まっています。
そして、「難しいよー!」と唸っている人でも、必ず一つ、達成できます。 だってみんな一生懸命ですもの。

さあ、今週末と来週明けには定期試験前に行った演習の追試がありますよ!!
皆さんの「にやけ顔」、お待ちしています!!

(土気教室教務 中島)

努力の証

家の引き出しを漁っていたら、こんなものが出てきました。

ファイル 2372-1.jpg

これは私が塾生だった時にもらった満点シャープです。
満点シャープとは、模試やPUTで満点をとった時にもらえる名誉あるシャーペンのこと。

満点シャープは何年か毎にバージョンが変わっており、この2本もバージョンが違います。
私は上のほうのグリップが付いたシャーペンが好きで集めていました。(ただ、グリップがもろくて少し使うとボロボロとゲルがとれてしまうことが難点で、グリップ無しの状態で使っていたこともありました。)

満点シャープを見ていると、「当時は頑張っていたんだなあ」としみじみ思ってしまいます。
みんなにとっては「シャーペンが増えるー!」という喜びの方が強いと思いますが、月日が経つと「こんなに頑張ったんだ」という努力の証に見えてきます。
きっとたくさん持っている人は感動で泣いちゃうのかもしれませんね(笑)

努力の形はそれぞれですが、「満点」という成果に「満点シャープ」という形をつけて塾では残しています。

卒業するまでにもう1本はもらっていきたいよね?? 次回のテストがチャンスです!!

ファイル 2372-2.jpg

おめでとう!!

(教務 中島)

冬期定例入塾試験受付

各教室にて、冬期定例入塾試験の受付を実施しています。
すでにたくさんの方に入塾試験の申し込みをいただいており、ありがたい限りです。

私(中島)は大網の得点力アップ講座と全国統一小学生テスト解説の特別公開授業に参加していたのですが、
そこでお会いした方が「先日はありがとうございました」と教室に申し込みを行いに来てくださり、こちらも本当にうれしい限りです。ありがとうございます!!

入塾試験は12/2(土)に行われます。
鎌取・土気・ちはら台・誉田・ユーカリが丘では午前10:00より開始、
おゆみ野・大網では14時より開始いたします。
ご家庭の都合に合わせて、お時間をお決めください。

この日に都合がつかないという方は、12/4(月)の18:00より、鎌取と土気にて振替実施を行います。
こちらも合わせてご検討のほどお願いいたします。

まだまだ募集受付中です!!お待ちしています!!

(土気教室教務 中島)

いよいよ

11月も残りわずかとなり、中学受験コース(シリウス)はいよいよ受験シーズンを迎えます。
12月1日、県内の私立入試がスタートします。
第一志望入試(合格したら必ず入学する)ということで、実質倍率も15倍~20倍と非常に狭き門となっています。
ただやるからには全力を尽くし、悔いのないようにと言うことで先週の勤労感謝の日を利用して、理科の猛特訓をしました。
また先週末を利用して、過去問題集をたくさんチャレンジしたようです。

ファイル 2370-1.jpg
(保護者の方の協力の跡もあって本当に感謝します)

3年間頑張ってきたことに自信を持って、体調を万全にして頑張ってきてほしいと思います。

教務 三橋

追試って有り難い。

中学生は、毎週演習テストがあり、合格できなければ追試があります。
できないものをできるようにする。授業についていけるように足りないところを補強する。
そういった追試の目的は生徒たちも頭では理解していることでしょう。
ですが、それを実際にこなすとなると…
部活もあるし、友達と遊びたいし、なかなか喜ばしい存在ではないはずです。

ですが、今日ism誉田の中2がこんなことを言っていました。
「私ね、追試で二等辺三角形の証明できるようになった~。」「追試ってホント有り難い。神だよね。」
おお~。この時期にそれがわかるとは。
多くの塾生は受験生になってから、もしくは受験が終わってから口にすることですから。

強制的にやる仕組みにはなっていますが、「無理矢理やらされている」と思うか「できるようになりたいから追試と言う機会を活用している」と思うかで、得られるものは違ってくるでしょう。
せっかくなら前向きに取り組んでほしいな♪と思います。

(ism誉田副教室長 佛坂)

*************************

12/2(土)に冬期定例入塾試験を実施いたします。
申し込み受付中です。
よろしくお願いいたします。

*************************

駿台模試

本日はismちはら台よりお送りします。

中2の生徒は先週定期試験が終了しました。
学校のテストが終わったばかりですが、本日塾では駿台模試がありました。

ファイル 2368-1.jpg

私立高校の入試問題で出題されるような思考力を問われる難問を中心とした模試です。
普段の勉強で培った力はもちろんですが、この模試では、私たちが日々の授業の中で養おうとしている“未知の問題へ立ち向かう力”が問われます。

ファイル 2368-2.jpg

まさに真剣勝負!
誉田進学塾では受験学年以外にも定期的に模試を実施し、力を試す機会を設けています。

(教務 大坂)