counter

記事一覧

誉田進学塾特別体験授業~講師紹介 佛坂先生~

本日は,ism誉田副教室長の佛坂先生を紹介します。

ファイル 2628-1.jpg

毎年2月に千葉テレビで放送される,
千葉県公立高校入試の解説授業を御覧になった方は
御存知かと思います。

塾内では,「きのこの妖精」と子どもたちから慕われており,
特に休み時間になると,子どもたちと楽しくいろいろと
話しています。

ファイル 2628-2.jpg ファイル 2628-3.jpg

また,佛坂先生のすごいところは,子どもたち1人1人の
勉強の理解度や性格をしっかり把握し,それを踏まえて
適切にアドバイスをするところです。多くの先生が
見習っていこうと思うほどです。

その佛坂先生が,10月13日土曜日にちはら台教室に来て,
「特別体験授業」を行います。

この授業は「無料」で受けられますので,
ぜひ周りの友達を誘って来てみてはいかがでしょうか。
これほど学習が「楽しい」ものなんだと
感じることができると思いますよ。

皆さんの参加を心からお待ちしております。

【教務 西塚】

------------------------------
★体験授業の詳細、お申し込みは下記URLからお願いいたします★

URL:http://www.jasmec.co.jp/event/taiken20181011.htm
------------------------------

誉田進学塾特別体験授業~講師紹介 大坂先生~

本日はism大網、副教室長の大坂先生を紹介します!

ファイル 2627-1.jpg

教科は、算数・数学・理科を担当しています。

大坂先生はとにかく生徒の学習状況を細かく把握しています。
休み時間も常に生徒対応で動き回っています。

ファイル 2627-2.jpg ファイル 2627-3.jpg

大坂先生を探しに行くと必ず生徒とお話しをしています。

生徒対応ももちろんですが、
授業も生徒が理解するまで徹底的に向き合ってくれますよ!

ism大網で活躍中の、
大坂先生の授業をぜひ受けてみませんか?

下記のリンクに詳細が掲載されていますので、ぜひともご覧ください。
10/13(土)「特別体験授業」ism大網会場でお待ちしています!

------------------------------
★体験授業の詳細、お申し込みは下記URLからお願いいたします★

URL:http://www.jasmec.co.jp/event/taiken20181011.htm
------------------------------

(事務 門脇)

誉田進学塾特別体験授業~講師紹介 河澄先生~

ユーカリが丘にも素敵な先生がいるので、
紹介させてください!!

ということで、今日は
ユーカリが丘の若手のホープ、河澄先生を紹介します。
ファイル 2626-1.jpg

好きな色:緑
あ、そうなんですね。
その割にいつも使っているコップは青な気がする…

好きな食べ物:かつ丼
2週間に1回は食べているらしい。
それは、自分のオリジナルレシピで作るかつ丼なのか、
それとも全国を支配しているあのチェーン店なのか…

趣味:将棋
最近はやっていないらしい。
つまり相手を探しているぞ!挑戦してみる!?

最近嬉しかったこと:髪を切ったこと。
短いと清潔感もあるし、すっきり、さっぱりしますもんね。

勉強の面白さを伝えたいと
毎日早くに出勤して授業の練習をしている熱心ぶり。

授業内で伝えられることには限界があるけど、
「面白いからもっと知りたい!」と思ってもらえるような
クラスを目指しているとのこと。

そんな河澄先生の強みは東大で勉強したその広い知識。
理系文系どんな科目でも丁寧に質問に答えてくれます。

そんな河澄先生の授業を
塾生以外も無料で受けられるのが、
来週末の「特別体験授業」です。
ファイル 2626-2.jpg

詳しくは下記のリンクから!
是非お友達に教えてあげてください。

(ismユーカリが丘教務 川口)

------------------------------
★体験授業の詳細、お申し込みは下記URLからお願いいたします★

URL:http://www.jasmec.co.jp/event/taiken20181011.htm
------------------------------

誉田進学塾特別体験授業~講師紹介 関先生~

来る10/13(土)の「誉田進学塾特別体験授業」に向けて、
今回はismちはら台会場にて授業を行う関先生を紹介します。
ファイル 2624-1.jpg
関先生は青山学院大学卒、
担当の授業はismちはら台、ism誉田にて小学生、中学生の国語、社会、英語を担当しています。
若手のスタッフの中でも一番元気で明るい、生徒達からの信頼も厚いです。
ファイル 2624-2.jpgファイル 2624-3.jpg
そして、親身になって一人ひとりの生徒を見ています。

そんな関先生が10/13(土)の「誉田進学塾特別体験授業」では小4、小5の皆さんに国語の授業を行います。
国語を解くとき、みなさんどのように考えて解いていますか?
国語で大切なことは「勘で解いてはいけない」ということです。
ではどうすればよいか?
考え方のポイントを授業で解説します。

当日は普段の塾生と同じ内容を扱います。
「分かった、楽しい。」を体感してください。
本番に向けて、関先生は毎日特訓中です。
ぜひ、みなさまの参加をお待ちしています。

【ismちはら台教室長 柏原】

------------------------------
★体験授業の詳細、お申し込みは下記URLからお願いいたします★

URL:http://www.jasmec.co.jp/event/taiken20181011.htm
------------------------------

誉田進学塾特別体験授業~講師紹介 島田先生~

本日は豊学塾/ism本納より、スタッフの紹介をしようと思います。

ファイル 2620-1.jpg
本納の熱き若手教務、島田先生です。

本納の教室が誇る文系担当教務であり、特に英語の知識については誉田進学塾の中でもトップクラスです。生徒たちから出る「なんで複数形のsってあるんですか?」とか「主格のyouと目的格のyouが同じで困らないのかな?」などといった素朴な質問にも、「あ~!それは良い質問だね!」と言って嬉しそうに答えてくれます。
だから島田先生の授業はとっても明るく楽しい!生徒たちも毎回楽しそうに受けてくれています。

ファイル 2620-2.jpg

島田先生の授業力は誉田進学塾の教務スタッフの中でも上位クラスで、7月に行われた誉田進学塾主催の「全国授業力トーナメント大会」にて若手部門の準優勝を勝ち取るほどです。

そして島田先生は、とっても真っすぐな先生なんです。
全力で生徒たちに正しいことを伝えようとします。その姿はまさに熱い先生。その真剣さに生徒たちも聞き入ってしまいます。

熱い島田先生の授業は、今度の10/13(土)の「誉田進学塾特別体験授業」で体験することが出来ます。ism大網会場で小4・小5の授業を行いますので、ぜひ一度見ていただきたいです。

【豊学塾/ism本納教室長 辻】

------------------------------
★体験授業の詳細、お申し込みは下記URLからお願いいたします★

URL:http://www.jasmec.co.jp/event/taiken20181011.htm
------------------------------

誉田進学塾特別体験授業~教室紹介~その3

来る10/13(水)の「誉田進学塾特別体験授業」に向けて、
今回はismユーカリが丘の教室を紹介します。

マンションの1階に入居しています。
塾前には並木道があり、夏はミンミンゼミの鳴き声を楽しめ(?)ました。

こちらは側面   
ファイル 2623-1.jpg

そして前面
ファイル 2623-2.jpg

ユーカリが丘の駅から歩いて5分ほど。至便です。

実際の生徒の様子を

こちらが小学4年生のクラス
ファイル 2623-3.jpg

続いて小学5年生
ファイル 2623-4.jpg

4年生も5年生も、早めに登塾して、
漢字テストの勉強をしたり、
先生とお話ししたりして、元気に過ごしています。

中学生の様子は
ファイル 2623-5.jpg
中学3年生です
自習の合間のお楽しみ食事タイムかな?

後輩のいい手本になっている3年生たち。
その背を見て後輩も「やるときはやる!」

以上ismユーカリが丘の紹介でした。
体験授業へのご参加スタッフ一同心待ちにしています。

(教務 田村)
------------------------------
★体験授業の詳細、お申し込みは下記URLからお願いいたします★
URL:http://www.jasmec.co.jp/event/taiken20181011.htm

誉田進学塾特別体験授業~教室紹介~その2

来る10/13(水)の「誉田進学塾特別体験授業」に向けて、
今回はismちはら台の教室を紹介します。

ファイル 2622-1.jpg
マンションの1階に入居しています。
近隣に住む生徒を中心に、たくさんの生徒たちで切磋琢磨しているのがismちはら台の特徴です。

では、実際の生徒の様子を
ファイル 2622-2.jpg
こちらが小学4年生のクラス
やるときはやる、とても元気いっぱいのいいクラスですよ!

ファイル 2622-3.jpg
続いて小学5年生
4年生に比べて1学年上なだけあって大人な雰囲気の生徒が多いです

中学生の様子も
ファイル 2622-4.jpg
中学1年生です
真剣に問題演習をしている場面です
部活と塾を上手く両立している頑張り屋さんがとても多いです!

以上ismちはら台の紹介でした。
体験授業へのご参加スタッフ一同心待ちにしています。

(教務 関)
------------------------------
★体験授業の詳細、お申し込みは下記URLからお願いいたします★

URL:http://www.jasmec.co.jp/event/taiken20181011.htm
------------------------------

誉田進学塾特別体験授業~教室紹介~

来る10/13(水)に「誉田進学塾特別体験授業」が開催されます。
今回はその開催校舎のひとつである、ism大網の教室を紹介します。

ファイル 2621-1.jpg
誉田進学塾ism大網は、大網街道沿いにあります。
「ジャスコ大網白里店」から海岸方面に向かうと見えてきます。

ファイル 2621-2.jpg
校舎の前には広い駐車場も確保されています。
体験授業の当日は、台数制限はありますが駐車可能です。

ファイル 2621-3.jpg
小4の授業風景です。
今回は国語の「慣用句」を勉強する回です。
答え合わせの時間は元気いっぱいの4年生ですが、解くときは真剣!

ファイル 2621-4.jpg
こちらは5年生。
女子が多いからややおとなしい...?
いえいえ。
こちらも答え合わせの時間やみんなで考える時間では盛り上がるんですよ!

ファイル 2621-5.jpg
ちなみに中学生はこんな感じ。
大網中は定期試験間近なので、定期試験勉強の様子です。

全学年を通して、「解くときは真剣!発言は元気良い!」がキーワードの校舎です。
パワーなら他の校舎のどこにも負けません!

体験授業で新しい仲間に出会えることをスタッフ一同心待ちにしています。

(ism大網副教室長 大坂)
------------------------------
★体験授業の詳細、お申し込みは下記URLからお願いいたします★

URL:http://www.jasmec.co.jp/event/taiken20181011.htm
------------------------------

受験生へ 睡眠をきちんととって,体調管理を万全に

9月もあと1週間ほど.気候もだいぶ秋めいていきて,
朝晩は肌寒さを覚えたりすることもあるほどになってきました.

受験を控えている方は,いよいよ受験を意識して,
自分の弱点補強やレベルアップに日々努めていることかと思います.

その受験生のみなさんに,1つ日々の生活面で
アドバイスをしたいと思います.

猛暑日が続いた今夏のようなときほど,
例年よりも体調を崩しやすくなります.

「夏の疲れは,秋に来る」と親から耳にタコができるほど
聞かされてきた言葉ではありますが,
あまりにも暑い日々を長々と過ごしていると,
人間の免疫力は結構低下するようです.

そのため,季節の変わり目となるこの時期に,
体調を崩しやすくなってしまいます.

よく受験生の中で,「睡眠時間を削って」受験勉強をする
というような人も少なくないですが,そういう人ほど体調を崩してしまい,
結果として「何日も勉強できなかった」ということになってしまいます.

受験生にとって,時間は命ですから,こういった状況には
陥りたくはないはずです.

そうならないためにも,「睡眠時間をきちんととる」ことを意識して,
受験勉強に勤しむようにしていきましょう.最近では,
最適な睡眠時間は6.5~7.5時間といわれています.

もちろん,寝すぎもよくないですよ.9時間,10時間の睡眠は,
かえって逆効果になりますから,注意しましょう.

(教務 西塚)

------------------------------
★誉田進学塾の秋★

体験授業や保護者向け座談会など、多くのイベント
をご用意しております。
詳細は誉田進学塾グループ Web Site をご覧ください。

URL:http://www.jasmec.co.jp/
------------------------------

小4 慣用句

今回は、慣用句をたくさん覚えることが趣旨の回でした。
試験科目としての国語というと、比重の高い読解問題をどう考えて解くか、ということがまず思い浮かぶと思います。その下地となるのが語彙の力なのです。4年生のうちから鍛えていきます。

ファイル 2625-1.jpg

特に、授業で小学生のうちから習得してほしいのがスピード感。ただ、慣用句を覚えるだけなら、時間をかければいつかは誰でも到達できます。ご自宅でもやろうと思えばできると思います。一方、多くの生徒が同時に頭を使うと、場にスピード感が出てきます。これは、授業でしかできないことです。

覚える時間は短く区切る。

先生が「慣用句の意味」を言って、生徒はその「慣用句」がわかったら大きな声でそれを言う。早く言った人の勝ち。
ゲーム性を持たせると、ちょっとした楽しさも生まれます。

生徒の質問にとっさにこたえられるよう、授業者が語源から十分に下調べすることはもちろんですが、それを授業の場で延々と述べても子供はついてきません。それは必要条件であって十分条件ではないと思います。生徒にどう残すかを追求していきたいです。

印象に残ると、後々の復習も意欲が出てくるのではないでしょうか。そう信じて、私もがんばっていきたいと思います。
(白鳥)