counter

記事一覧

駿台模試

今日は中3生の駿台模試がありました。
本来ならば会場模試ということで、どこかの高校や大学の校舎まで行って受験するのですが、コロナの影響もあり今年は、塾内での実施となっています(主催者側の判断)。
本番の入試では初めての環境でどれだけ力が発揮切るかがポイントですから、生徒たちにもそういった緊張感を感じさせてあげようと、普段通っている校舎ではなく、別の教室に行って受験するようにしました。
鎌取教室には、土気やおゆみ野、ちはら台、誉田の校舎の生徒が集まって試験をしました。当然、他の教室の生徒とは普段交流はありませんから、知らない生徒の間での受験となります。
玄関先で「俺、初めて鎌取教室に来たわ」と会話している生徒もいました。

テスト前から本番と同様、自分の持ってきた教材をぎりぎりまで見ている生徒がいました。
試験が始まると、真剣そのもの。時間管理を自分でしながら(教室内の時計は外してあります)、難問に悪戦苦闘しながら答案をうめようと、必死にえんぴつを動かしていました。

試験が終わると、「ふ~」と意識的に呼吸をする生徒もいました。
解答をもらって○×に一喜一憂する生徒もいましたが、大事なのはこのあとです。何ができていなかったのかを分析し、復習をしっかりすることです。

もうすぐ、12月、頑張れ 受験生!

教務 三橋

残すところあと

どうも、辻です。

誉田進学塾では「カウントダウンカレンダー」というものを、中3生の教室に貼り出しています。

私立入試まで あと58日

公立入試まで あと96日

のように、今日の日付と共に、入試までの日数を挙げています。

そしてカウントと共に、誉田進学塾を卒業した先輩たちのコメントを、毎日載せています。
(本当は実物をここに載せたいのですが、個人情報保護のため、控えさせていただきます。)

コメントには、「受験生」になる前までの自分のことや、受験勉強でやっておくといいこと、オススメの勉強法、そして後輩に伝えたい「信念」ともいうべきものなど、今の受験生にとって、後押しになるようなことがたくさん書いてあります。

残りの日にちも、先輩たちのコメントを読みながら、受験生たちには精一杯やってほしいです。

【豊学塾/ism本納教室長 辻】

―――――――――――――――――――
★冬期定例入塾試験 受付実施中!★
2020年12月5日(土)
11月21日(土)より、お申込受付中です!

2020年最後の入塾試験であり、冬期講習前最後のチャンスです。

その他のイベント情報も含め、詳しくはこちら👇
http://www.jasmec.co.jp/nyuujuku/nyuujuku_info.htm

離れていても

コロナが世界規模で猛威を振るうようになってから、もう少しで1年が経とうとしています。あっという間の1年間でしたが、連日のように「感染者が過去最高を更新」というニュースが流れ、猛威はとどまることを知りません。

幸い、私たち誉田進学塾は、緊急事態宣言が明けてからは、時間を変えながらも授業を続けることができています。一方で、この世界的な不況を直に食らっている職種もあります。
先日、民宿を営んでいるオーナーにお話を聞く機会があったので、ご紹介します。その民宿は、私が大学生の時に部活で毎年夏にお世話になっていたところです。

「緊急事態宣言があってから、泊まりに来る客が来なくなった、というより、営業できませんでした。お互いリスクのこともあるし、営業していても人が来なければ意味がないので…。」

「もう民宿を畳もうかと思っていたんです。でも、夏に1校、毎年利用してくれる部活の合宿団体が、『どうしても宿に泊まらせてください。消毒は全部自分たちでやりますから。お食事だけ作ってくだされば、後は全部自分たちでやります』とお願いがあったんです。そういわれては…と、熱意に負けて受け入れることにしました。」

「合宿に来てくれた時は、いつもの活気が戻ったようでうれしかったなぁ…。私たちはもう年だし、店を畳む時期なのかもね、と話していたけれど、娘が『後を継ぐから』と言ってくれて、それならば私たちも…!と思い、現在は身近な人たちから宿泊や食事を受け入れるようになりました。」

店を畳もうと思った、と言われたときは、本当に心が痛みました。いつかは引退するときは来れど、満を持しての引退ではないことに悔しさがあったはずです。
しかし同時に、「人のつながりと温かみ」が本当に感じられる話でもありました。オーナーの人柄が、合宿団体の人たちの心をつかみ、「どうしても使わせてください」という、民宿に対する恩返しの行動として現れたこと、周りの支えがあって、もう一度民宿を経営できるようにまで復活できたこと。どれも1人ではできないことばかりです。

最近では、「ソーシャルディスタンス」「外出自粛」「今は離れていよう」など、人との距離が遠いように感じてしまう雰囲気ですが、離れていても、人と人とはつながっているんだなとしみじみ感じることができた、貴重なお話でした。

私たちは今は家にいること、感染しない・させないことを徹底することしかできないけれど、このような悩みを持つ人もいるのだということを発信し、知ることが、「解決につながるきっかけ」を生み出すヒントになるのかもしれませんね。

(教務 中島)

中学生の内容

誉田進学塾では小学生英語HoPEを開講しています。

今、小5では三人称単数を学習しているところです。
ファイル 3273-1.jpg
ファイル 3273-2.jpg
ホワイトボードを見ると、まるっきり中1の内容だと思いますね。
小5に三人称単数を教えるのは難しいかな…と思っていましたが、なんてことはありませんでした。

I like~.
Ken likes~.
Ken and Mike like~.

と、すでにきちんと使い分けています。
文法だけでなく、単語も着実に書けるようになっています。
この日は50問の単語テストを実施しました。
ファイル 3273-3.jpg
誉田進学塾では予習は禁止!としていますが、英単語は「覚えたい人はどんどん先まで覚えていいよ」としています。

この間、中3の模試でrestaurantのスペルミスを見つけましたが、小5はもう書けますよ~。

このまま英語でどんどんリードしていきます。

(糸日谷)

家庭とは

子どもたちにとって、家庭とはどんな存在なのでしょうか。

大人なら……
仕事などで外出をして、「ふう」と一息つける安心感をもらえるのが家。
「おかえり」と待っていてくれる人が居て、「今日も一日がんばったなぁ」なんて思える空間。
外で働いていて、ご家庭をお持ちの方なら、きっと「うんうん、わかる」と思ってもらえるのではないかなと思います。

ファイル 3272-1.jpg

きっと、子どもも同じ。
家はシェルターなのです。
何か嫌なことがあっても、安心・安全だと気持ちを緩められるのが、家。
一番気持ちを落ちつけられて、守られていると感じられる場所が家庭なのです。

もし、家に帰っても気が休まらず、安心できず、嫌だと思う空間になってしまっていたら苦しくなります。
ずっとずっと気を張ることになって、いつかきっと限界がきてしまいます。
家は唯一リラックスできる場所であってほしいと思います。

ファイル 3272-2.jpg

とはいえ、すべてをゆるゆる~としてしまうのではなくて、子どもができない範疇のことは、大人がある程度管理をすることも大切。
例えば、勉強はリビングでやるとか、ゲームはやるべきことを済ませてからとか、早寝早起きといった生活リズムとか。

そのあたりは、しっかりと大人がサポートできると良いです。
子どもは「管理」がまだうまくできないことが多く、楽な方へ流されやすいので。

ファイル 3272-3.jpg

ただし、さじ加減を間違えないようにする必要があります。
テストの成績といった「結果」の部分に手を出すのはオススメしません。
あくまで家庭でしていただきたいサポートは過程や基盤の部分です。

「結果」まで追い求められると、子どもは窮屈になります。
がんばるのも、やる気もだんだんなくなってくるでしょう…。

ファイル 3272-4.jpg

というのも、家庭というのは子どもにとって無条件に甘えられる場所でもあるからです。

子どもあるあるですが、家で勉強を教えようとすると、「わからないもん!」「できない!」とお子さんがなってしまって、ケンカになってしまうことはありませんか?

あれは、子どもにとって親は気持ちを簡単に開ける存在だからです。

ファイル 3272-5.jpg

駄々をこねても我儘をいっても、根底にある愛情はそう簡単になくならないと分かっているからこそできる言動です。
親を困らせてしまうとわかっていても、感情がコントロールできなくなって、まるで子どもになったみたいに気持ちをぶつけてしまう…

家族だから起こり得る現象だなぁと、大人になった今、とても感じます。
思えば、自分にもそういう時期があったなぁなんて、大人になってから振り返ると気づくのです。

(教務 風野)

―――――――――――――――――――
冬期定例入塾試験 受付実施中!★
2020年11月21日(土)
お申込受付中です!

その他のイベント情報も含め、詳しくはこちら👇
http://www.jasmec.co.jp/nyuujuku/nyuujuku_info.htm

正しい勉強法で

定期試験期間を迎えている学校が多いです。

少し気になったのは、こんな人がいたことです。
「学校のテストの問題は学校ワークからしか出ないから、学校ワークを5回やります」。

これ、どうでしょうか?そんなに繰り返し学校ワークをやったら、答えをおぼえてしまうのではないでしょうか。

「答えをおぼえているから、点数が取れる」という状態で、確かに学校のテストではいい点数を取れるでしょう。しかし、そのような勉強をした人は、受験生になってからどうなるでしょうか?

受験生の先輩を見ていると、特に理科や社会で、「一問一答はできるけれど、理解が要求される問題ができないから、点数が取れない」と言っている人が、特に中1、2の時に塾に通っていなかった人に多いです。「学校ワークを繰り返しやる」という人は、受験生になった時にそうなってしまうのだと、私は思います。

ですから、今のうちに正しい勉強法で点数を取ることが大切なのです。「答えをおぼえているから、できる」ではなく、「自分の口で説明できる」という状態を目指すことから逃げてはいけません。そのためには、「学校ワークを繰り返しやる」ではなく、「教科書をじっくり読んでノートまとめをする」「いろいろな問題の出し方に対応するために塾ワークや貸し出しワークをやる」といった勉強が必要でしょう。

以上のような話を最近中2のみなさんにしました。
今のうちから将来につながる正しい勉強法で勉強していきましょう!
ファイル 3271-1.jpg
(ismユーカリが丘副教室長 河澄)

•----------------------------------------------------------------

冬期定例入塾試験 受付実施中!★
2020年11月21日(土)
お申込受付中です!

その他のイベント情報も含め、詳しくはこちら👇
http://www.jasmec.co.jp/nyuujuku/nyuujuku_info.htm

誉田進学塾の体験授業

本日誉田進学塾の体験授業を実施しました。

小学3年生から5年生を対象にした「誉田進学塾の小学生英語HoPE」、小学6年生から中学2年生を対象にした「誉田進学塾の理解する理科社会」をお送りました。

誉田進学塾強力講師陣の一部をお見せします。
本日小学生英語HoPEを担当したismちはら台副教室長の関先生
ファイル 3270-1.jpg
面白くてためになる熱血指導に、学年は関係はありません。

本日中学生の理科を担当したism本納教室長の辻先生
ファイル 3270-2.jpg
独特の辻ワールドに生徒さんが引き込まれていました。

最後に中学生の社会を担当したism大網教室長の溝川先生
ファイル 3270-3.jpg
テンポが良く、分かる授業に、生徒さんも納得の表情です。

アンケートも「分かる」「もう一度受けてみたい」のオンパレード。
授業第一、生徒の成績を上げることを第一に掲げる誉田進学塾の授業を、是非受けてみてください。

(神田)

•----------------------------------------------------------------

冬期定例入塾試験 受付実施中!★
2020年11月21日(土)
お申込受付中です!

その他のイベント情報も含め、詳しくはこちら👇
http://www.jasmec.co.jp/nyuujuku/nyuujuku_info.htm

初心に帰る

こんにちは、教務の植草です。

最近、またコロナウイルスの拡大が勢いを増してまいりました。

慣れというものが非常に恐ろしいと感じます。
「しばらく経ったから大丈夫」
「周りが元気そうだから大丈夫」
「ちょっとだけなら・・・」
という心のすき間に魔が差しこむ。

これは日常生活だけでなく、様々なことに通ずるのではないでしょうか。

例えば「学校」や「仕事」

もう慣れてきたから大丈夫。で何となく過ごす。と、時間はあっという間に過ぎていきます。目標や夢を持たず、「慣れた」ことをこなす毎日。俯瞰してみると、すごく恐いです。

慣れてきた時こそ、今一度「初心に帰り、何のために行うのか」

目的意識をもって、行動していこう!!

•-----------------------------------------------------------
★11/14(土)体験授業を開催いたします!★

今回は、小3~小5のお子様向けの「小学生英語 HoPE」と、小6~中2のお子様向けの「理科&社会」の授業となります。
昨年ご好評いただいた「小学生英語HoPE」の授業に加え、誉田進学塾では初となる「理科&社会」の体験授業も行います!
ぜひ、お申込みください。

お申し込みは、誉田進学塾Web Siteより↓
http://www.jasmec.co.jp/

模試の意義

誉田進学塾では、年間を通じて全学年の生徒が模試を受験していますが、中学生、とりわけ中3受験生ともなると毎月模試があります。

今日は、中3の生徒が先日受験した11月県立そっくりもぎの成績がわかったので、ランキングを貼り出しました。
それを見て生徒たちは、ひとり一人いろいろと思うことがあるはずです。今回はできたとか、逆にあまりできなかったとか、そういうことがまず感想として出てくると思いますが、やはり何のために模試を受けているのかを考えてほしいなと思っています。

自分の実力を量って次につなげるために受けているのが模試です!
毎月のように模試があるので、ともすると毎回毎回当たり前のようにただ受ける…という感覚になりそうな人もいるかもしれません。
それはもったいない!

自分の普段の努力の成果を試せる場として、意気込んでみてほしいですね。中1・中2や小学生も同じです。模試の1回1回を大切に受験していきましょう。

(教務 石井)

  • -----------------------------------------------------------
  • ★11/14(土)体験授業を開催いたします!★

    今回は、小3~小5のお子様向けの「小学生英語 HoPE」と、小6~中2のお子様向けの「理科&社会」の授業となります。
    昨年ご好評いただいた「小学生英語HoPE」の授業に加え、誉田進学塾では初となる「理科&社会」の体験授業も行います!
    ぜひ、お申込みください。

    お申し込みは、誉田進学塾Web Siteより↓
    http://www.jasmec.co.jp/

飛び立つ日のために

ファイル 3267-1.jpg

最難関高校を目指す鎌取教室の中3生、今日の国語授業では私立高校入試問題レベルの文章にチャレンジしていました。
長くて難しい文章を時間内に解き、しかも正解するのはたやすいことではありません。

本番で勝負できる力をつけるためには日頃から、つまり練習でも本番の気持ちで取り組む気持ちが大事ですし、突破するための技術を身につけておくことも必要です。

受験校の過去問に取り組むなど実戦レベルの段階になり、生徒の目つきもだんだんとギンギラギンになってきました。

チョウにたとえるなら、今はサナギの中であぶら汗を垂らしながらもがきながら、変身の真っ最中…といったところでしょうか。

飛び立つ日のために、今この時に全力で努力する姿が頼もしく映ります。
頑張れ受験生!!

 鎌取教室 杉本

  • -----------------------------------------------------------
  • ★11/14(土)体験授業を開催いたします!★

    今回は、小3~小5のお子様向けの「小学生英語 HoPE」と、小6~中2のお子様向けの「理科&社会」の授業となります。
    昨年ご好評いただいた「小学生英語HoPE」の授業に加え、誉田進学塾では初となる「理科&社会」の体験授業も行います!
    ぜひ、お申込みください。

    お申し込みは、誉田進学塾Web Siteより↓
    http://www.jasmec.co.jp/

ページ移動