記事一覧

「当たり前」に対する感謝

今週の月曜をもって,全都道府県の「緊急事態宣言」は解除となり,千葉県においては塾の施設使用停止も解除となりました.

それにより,誉田進学塾も今週からコロナウイルス感染拡大防止の手立てを施しながら「対面授業」を再開させて頂いております.

最後に対面授業を実施してから約2か月,例年と違って非常に長く感じた期間でした.

普段であれば,生徒たちが元気よく塾に来て,教室内が活気に満ち溢れる.授業中も1つ1つの問題を悩みながら取り組み,「できた!」というときのその生徒の達成感によって,周りも刺激を受けてお互いに切磋琢磨し合っている.

それが,誉田進学塾では「当たり前」でありました.

その「当たり前」なことが,暫くの間なくなってしまったことにより,寂しさも覚えましたが,それ以上に

 「当たり前」であることがどれだけ有難いことか

ということも改めて痛感し,そして感謝の念を抱きました.

「当たり前」な状態でなくなったこの2か月というものの間,様々な面で生徒や保護者の方々にご不便をおかけし,それに耐え続けて頂いたかと思うと,本当に感謝に絶えません.

「当たり前」が戻りつつある今,感謝の念を忘れずに,生徒たちの学習に対する「楽しさ」をこれまで以上に実感できるように,そして更に成長していけるように精一杯教育活動をして参りますので,今後とも何卒宜しくお願い申し上げます.

【教務 西塚】