記事一覧

未来へ向かって

今日は私立高校入試3日目でした。
市原中央高校、八千代松陰高校、志学館高校、江戸川女子高校などを受験する一部の中3生以外は私立入試を終えたことになります。
お疲れ様でした。

手ごたえはどうだったでしょうか?
おそらくほとんどの人がもっと勉強しておけば…と思ったはずです。
しかし後悔先に立たず、過去のことを気にしても仕方がありませんし、受験生のほとんどが同じ思いを抱いています。
重要なのはこれからどうするかです。

ここで少し私の昔話をさせてください。
大学入試の話になりますが、当時高校3年生だった私はセンター試験でマークミスをやらかしました。(自分でもびっくり)
数学の試験の終了2分前に解答欄がずれていることに気づきましたが時すでに遅し、直し切れずに試験が終わり、動揺して他の科目もボロボロ。

次の日、担任の先生に第一志望の大学は諦めるよう言われました。
それでも諦めきれなかった私は二次試験で挽回すべく、その日から猛勉強を開始しました。(国公立大学はセンター試験+二次試験の点数で合否が判定されます)
その結果を報告したときの担任の先生の「受かっちゃったかー」という言葉は今でも忘れません。(酷いですよね笑)

長くなりましたが、とにかく早く気持ちを切り替えて勉強した人が最後に勝ちます。
結果が良かった人も悪かった人も最後は笑顔で入試を終われるよう今この瞬間から全力を尽くしましょう。

教務 髙原