記事一覧

間違いを喜ぶ

ファイル 2688-1.jpg

小学生は、中学生の土台作り。
正しい学習の仕方を身につける大切な時期です。

小4・5では、丸付けが一つのポイントです。

授業をしていると、自分の答えを消して正しい答えを書き直して○にしてしまう場面をときどき目撃します。

けれど本人にまったく悪気はないのです。

では、どうしてそういうことをしてしまうのか。

それは、間違えることが恥ずかしいことだと思い込んでいるからです。
誉田進学塾の塾生ですから、学校の授業では間違えることがないでしょう。
テストだってほとんど満点のはずです。

でも塾に入ってみてびっくり。
×ばかりをつける体験をいきなりするんです。

子どもにとっては衝撃ですよね。
それを正すのが最初は肝心なんです。

「お!目のつけどころがいいね!」
「これをやっつけると、次のステージに行けるね!」
「おしいところまで来てるよ!」
など、そのとき、その生徒に応じて声をかけ、正しいやり方へと導いていきます。

間違えたところを見つけられたら、それは自分が成長するチャンス

それを根気よく伝えていきます。

(糸日谷)