記事一覧

数字で見る先輩の努力

森上教育研究所、耳にしたことあるかと思います。
定期的に情報誌が送られてくるのですが、その中に、中学受験の実績に関するデータがありました。

ファイル 2553-1.jpg

大手塾の合格実績をまとめたもので、全合格実績データを、四谷大塚80偏差値を用いて、A(65~)・B(60~65)・C(55~60)・D(50~55)・E(45~50)・F(40~45)・G(~40)の7つにレベル分けしたというもの。全合格に占める各ランクの割合を見てみようということのようです。

全合格実績には、進学を目的としない、いわゆる試し受験も含まれますから、ちょっと微妙かなという気もするのですが、でもみんな同じ条件で集計すればある程度傾向が出るのも事実だから、意味のないデータということでもないかなと思って、グラフにしてみました。
4ケタ規模で卒業生がいる塾だけの集計だからもちろん誉田進学塾は入っていなかったのですが、同じ基準で分類して勝手に誉田進学塾siriusを追加しちゃいました。
 
↓クリックで大きくなります。
ファイル 2553-2.png

AランクはSAPIXが他塾の2倍で圧勝。そしてsiriusはさらにちょっとプラス♪
BランクまでだとSAPIXは他塾の1.5倍。そしてsiriusはさらに圧勝♪♪
おぉいいじゃん♪♪♪

先輩たちがいかに努力してきたか、よくわかりますね。
さぁ今年も受験生にとって天王山の夏期講習が近づいてきました。
今年も飛躍の夏に!!

(中学受験事業部長 福田)