記事一覧

…だけじゃない!

入試シーズンです。
この時期の主役は中3です。
…と言いたいところですが、入試は決して中3生だけのものではありません。

例えば、後輩にとっての入試。
後輩にとって、先輩の言葉や背中は意外なほど大きいものです。
自分のしたしい先輩が一生懸命頑張っている。
その姿を通して、後輩たちは入試の厳しさを感じていきます。
また、先輩たちが残してくれた入試データ。
入試当日のことが書いてある入試レポート、入試を振り返っての感想や考察、時期ごとの勉強内容、再現答案や開示得点からの科目別分析内容…。
先輩たちの残してくれるものは多くあります。
何年も何十年も受けつがれてきた誉田進学塾の伝統です。
現中3生の入試は現中2生中1生と繋がっていく入試です。

入試を自分だけのものと思わずに、受験生には周囲にも目を向けてもらいたいと思います。
周囲に目を向ければ、一緒に頑張る仲間たちがいる。
そして、さらにその周囲から支えてくれる保護者の方や後に続く後輩たちがいる。
先輩も後輩も入試は団体戦という言葉を胸に精いっぱいの力でやりきってもらいたいと思います。

高校入試は中学時代のゴールである反面、人生の一つの通過点であるともいえます。
この高校入試という関門を登竜門とするか、ただの門とするかは自分次第です。
最後まで力の限りでチャレンジしていきましょう!

(土気教室副教室長 森山)