counter

記事一覧

読めれば解ける

難関私立中学受験コースsiriusの柏原です。
本日は国語の授業。

国語の学習の仕方についてお伝えいたします。

「読めれば解ける」

これを合言葉に指導を続けています。
市販の問題集などで解説が詳細な内容のものがたくさん出ています。
ただし本という特性から、その解説は答えがなぜそうなるかの「解き方」が書かれています。
授業で国語を指導する以上、「読み方」を教えなければいけないと考えています。
基本中の基本ですが、主語・述語、接続語の働き、段落ごとに内容をつかむこと、とても大切です。
文→段落→文章のように各パーツをしっかり把握し、つながりを理解するということです。
言うのは簡単ですが、それを定着させることが本当に難しい。
テストをやると、定着していない生徒は自己流でやってしまうのですね。

できていない生徒の多くは

読めていない

または

読んでいない

しっかり読んで内容がつかめた、その結果問題が解けたという成功体験を早いうちにつかんでほしいです。
おそらく読んでいない生徒の多くの気持ちが「めんどくさい」らしいです。
しっかり読めればできることを授業で実感してもらっています。
低学年のお子様ほど、いっしょに文章を読んで内容を考えるやり方は効果があると思います。

(sirius 鎌取教室長 柏原)