counter

記事一覧

実力は如何ほどに

2日連続で同じスタッフのブログですが、ご容赦ください。

今週から小学生はPUT(Power Up Trial)が実施されます。
PUTとは、誉田進学塾で独自に作った小学生用のテストです。
塾での授業内容がどれほど理解できているのかを確認する大事な模試となっています。

これが実はなかなかの難易度。
学校で行っている確認テストよりも、かなりレベルが高くなっています。
当然、ノー勉で挑めるような甘いものではありません。
ではなぜそれほどの難易度にしているのか。

それは、小学生の内から「テスト勉強」の習慣をつけるためです。
自分で目標点数を定め、
それまでに必要な課題に取り組み、
そしてテスト本番で結果を出す。
中学生以降になると当たり前になるこの習慣を、
誉田進学塾では小学生の内から定着させていこうと、指導しています。

もちろんいきなりすぐできるようになるものではありません。
ですので小4の頃から、ゆっくり、しかし確実に進めていきます。

生徒たちには

「どのくらいできるようになったのか、実力を見せて下さい!」

と言っています。
さらに、お互いに競い合いながら、切磋琢磨していきます。
来週に控えている残りの科目も、頑張ってもらいたいです。

【ism大網副教室長 辻】

寒くなってきました

10月に入ってしばらく経ちました。
ようやく暑さが和らいできた……なんて思っていたら、月曜日から急に寒くなってきました。
季節の変わり目は体調を崩しやすいです。
特に受験生は、体調管理には十分注意してほしいものです。

そしてそんな時期と重なるのが、中3の受験面談です。

ファイル 2022-1.jpg
面談時期になると現れる「面談中」カード

鎌取・おゆみ野・ちはら台方面では先週から、
誉田・土気・大網方面では今週から、
そしてユーカリ方面では来週から始まります。
我らがism大網でも、一昨日から始まっています。

生徒と保護者と教務スタッフで行うこの受験面談。
ひとり一人に対して時間をかけてじっくり行います。
生徒自身が自分の目標に向けて突き進む覚悟を固める、大事な大事な面談です。
私たちスタッフも全力で臨みます。

寒くなってきて、気候も受験に近づいてきています。
ますます力が入ってくる、そんな時期です。

【ism大網副教室長 辻】