counter

記事一覧

避難訓練

4/14・4/16に熊本県で最大震度7を観測する大規模な地震がありました。関東地方では全く揺れを感じませんでしたが、テレビや新聞を見ると、熊本を中心に甚大な被害をもたらした地震だったということがわかります。
皆さんの親類・知り合いで被害に遭った方はいらっしゃいましたでしょうか?復旧のめどが立たない今、私たちには被災地を想うことしかできませんが、一日も早く元の生活に戻れるよう、お祈りしています。

そもそも、熊本で大規模な地震が起きるということは地震研究家の間でも予期していないことでした。
九州で最後に起こった大規模な地震は、2005年の福岡県西方沖地震です。玄界灘近辺に被害が出ましたが、熊本・大分周辺ではそこまで揺れませんでした。
政府が発表している、「今後30年に震度6強以上の地震が起こる可能性がある地区」を見てみると、
横浜市が78%、千葉市が73%に対し、熊本はなんと8%でした。「どうせ起きないだろう」と見過ごされるような確率です。しかし、今回予想外の活断層がずれ出し、何日にもわたって強い地震が起こったのです。

8%の確率が当たってしまったのですから、73%の確率はもっと現実的に見るべきだと思います。近い将来、ほぼ確実に大地震がくるでしょう。それは明日かもしれないし、10年後かもしれません。いつ来るかわからない大地震に備え、(ちはら台教室でも行っていますが、)土気教室でも誉田進学塾では地震を想定した避難訓練を実施しました。

避難訓練といっても、みんなでぞろぞろと避難場所へ避難…というわけではありません。授業時に地震が起こったとき、私たちの役目は「安全を確保し、生徒を誘導する」こと。スタッフがこの教室にいた時、役割はどうなるか、というシュミレーションを盤上で行ってみました。

ファイル 1883-1.jpg

ファイル 1883-2.jpg

マグネットを先生・生徒に見立てて動きを確認していきます。
来るであろう大地震に向け、私たちが今できることは「備え」です。しっかりと準備をしています。

(教務 中島)

英語で道案内できますか?

中2の今日の英語は「命令文」

Study English very hard.
(一生懸命英語を勉強しなさい)

この例文良いねぇ!でも、こっちの方がもっといいかな。

Let's enjoy English. Let's study English together.

今日の授業の中で、英語で道案内をする問題がありました。

Go straight along this street. Turn right at the third corner. Then you'll see the post office on your left.

というような文です。

みなさん、スラスラ言えますか?

英語で道案内をさらっと言えたらカッコいいですよね。

そう、英語を勉強する目的として「英語を話せたらカッコいい」という目的(目標?)もアリだと思うんです。(実際に私もちょっとだけそうでした。学生時代、土曜日の夜テレビで見るDJ小林克也さんの英語がとってもカッコよく見えました。)

今日はその道案内の英語を何も見ないで言えるようになって帰ろう!ということでお帰り問題~。

ファイル 1884-1.jpg
そんなに考え込まないで!
ファイル 1884-2.jpg
何度も音読して覚えよう!
ファイル 1884-3.jpg
で、いざ自分の番となると緊張しちゃって途中詰まっちゃう?
ファイル 1884-4.jpg
「はい、先生やります。聞いてください!」
元気良く手をあげる彼らの楽しそうな顔。

いま覚えたのを、実際にちゃんと使えたら本当にカッコいいよ。

これからもいろんな文を覚えていこうね。

移動教室や修学旅行で外国人が集まるところに行ったら、使ってみるといいよね。

ism誉田 教室長 鴇田