counter

記事一覧

卒塾生の顔と名前

本日、中3の授業の途中でガラス越しに視線を感じました。

よくわからなかったのですが、卒塾生だろうと。

実は、難関中学受験コースsiriusの卒塾生
(現在高2)のみなさんでした。

siriusの生徒を励ましに来たようです。

なんともうれしいことですが、
何といっても名前が出てこない。
(顔と名前が一致しない)

1,2年前ならまだ覚えていますが、今回はそれ以上。
一番怖いのが

「先生、僕(私)誰だか分りますか?」

攻撃。

小4,小5のときに教えたことのある生徒たちですので、
ぱっとわかる子もいるのですが、考えても出てこない子も・・・
(ごめんなさい)。

ただし、予想通り私のことを
「○○○○」(当時、私につけられたあだ名)
と呼んできました。
もう誰もそんな風には呼んでないよ。

(鎌取教室教室長 山口)

自習室

土気教室の木曜日、中学3年生の授業はありませんが、
ファイル 1729-1.jpg ファイル 1729-2.jpg
このように自習しにきた中3生で、教室は埋まっています。

これでもいつもの半分程度しか来ていません。普段は、自習に来る中3生で教室があふれ、1教室では足らなくなることもしばしばです。
今日は、気温が急に低くなったこと、大椎中の合唱コンクールが明日に迫ったことが、自習の人数が少ない原因かもしれません…。

それにしても中3の自習は、ご覧のように真剣です。写真を撮るために教室に入ることも憚られます。しかも、運悪く、撮影の際に音が出るタイプのカメラを持って行ってしまったため、彼らの自習の邪魔になってしまいました。

土気教室では、先週までに三者面談が終了し、志望校も確定したので、過去問の注文を受け付けています。塾では定価より安く購入できます。注文が済んだ生徒の分から続々と過去問が到着。
ファイル 1729-3.jpg

過去問は、まず「押さえの学校」からスタートします。最新年度の問題から1年分(3教科または5教科)ずつ解いて行きます。問題傾向が分かり、合格ラインを突破していれば、次の「次善校」にチャレンジ。
このレベルの学校は、すぐに合格ラインに到達とはなりません。問題を解いてみて穴が見つかれば、その穴をもう一度勉強して埋めて行きます。その勉強を繰り返し、クリアできれば最後の「チャレンジ校」に…。
「チャレンジ校」は過去問で1度も受からなくても、出題傾向を把握し、ギリギリでもいいから突破できる戦略を練って本番に臨みます。

今年は、地道に自分の目標に向かって努力し続ける受験生が例年より多くいます。過去問の実施手順にしても、彼らは指導した通りに実施すると思います。向上心がある生徒たちなので、自らの意思で目標に向かって一歩ずつ進んでゆくと信じています。
あと80日で入試が始まります。 ガンバレ受験生!!

 (土気教室教室長 石﨑)