counter

記事一覧

テスト勉強

ism大網からテスト勉強の様子をお伝えします。
14日がテストの中1がスタート、明日以降他の中学校も始まっていきます。
ファイル 1258-1.jpg
普段はテスト2週間前からテスト勉強になりますが、連休を挟んだため、東金西中は今日テスト6日前!
ファイル 1258-2.jpg
初めての定期試験がもうすぐはじまります。

ノートまとめってどうやるの?普通どれぐらい時間をかけるの?
連休前に話はしたものの、いざ実際にやってみると疑問がたくさん出てくると思います。

中1の初めてのテスト勉強で「完璧なテスト勉強」をやってほしいわけではありません。
テスト勉強を進めていくうちに、「ノートまとめでこう書けばよかった」、そしてテストの後には「ワークのあの問題をもっと解けばよかった」と思うこともあると思います。
その時はきちんと戻って「こうすればよかった」を解消しましょう。

目の前のテストはゴールじゃない、気づいた時に解消したことが後々活きてきます。

テスト勉強ひとつでも、自分で計画して勉強することの練習だと思って頑張っていきましょう!

教務 冨澤

全丸

今日のismおゆみ野の小5は、国語と社会の日。
みんなが一生懸命勉強している間に、
算数と理科を担当している私は、頑張って宿題チェックをしています。

ファイル 1257-1.jpg

算数と理科、国語と社会の授業は、それぞれ週に1回しか、
それも合計90分ずつしかありません。
その限られた時間で私たちは密度の濃い授業をしていますが、
やはりそれだけでは力はつきません。
家での反復練習が必要不可欠です。
つまり宿題ですね。
○か×かだけでなく、答えを出す過程まで見て宿題チェックをしています。

その中でとてもよい宿題のしかたをしている生徒がいたので、
紹介したいと思います。
Iくんという子です。
宿題ノートを見ると、結構×があります。
×はたくさんあってもいいのです。
たくさん間違えるということは、
その分大きく成長できるということですから。

私が感心したのは、解き方と直しの徹底さです。
筆算や図をきちんと書く。
間違えたらちゃんと×を書き、正解を写し、
それから別のところに解きなおしをし、
その○付けまでやりきる。
『全』部の問題を、『丸』になるまで解き続ける。
これが誉田進学塾オリジナルの『全丸』です。

口で言うのは簡単ですが、この勉強法を無意識にできるレベルまで
マスターしているIくんのノートを見ていると、
「間違えて悔しい、絶対できるようになりたい」という
心の声が聞こえてくる気がします。

生徒の宿題は、全部細かく目を通しています。
ちゃんと宿題ができているのか、
ちゃんとした勉強方法が身に付いているのか、
そういったところは定期的に電話にて保護者のみなさまに
お伝えしていきます。

(ismおゆみ野 小5SA(担任) 新倉)