ツイート

記事一覧

[巻頭言2007/06より] 「できる」という感覚

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2007年06月号)

「できる」という感覚

 ここまでやれば「できるんだ」という感覚。大人なら、これで「コツを掴んだゾ」という感覚がわかるだろう。だが、子供が初めからその感覚を持っていると考えるのは間違いだ。練習を重ねてコツを掴んだという達成の経験、その繰り返しによって「できる」感覚が掴めるのである。

 「書いて憶えなさい」といわれても、「書くために書く」のと、「憶えるために書く」のとでは大きな違いだ。その違いを体験させて理解させるためのステップを子供に授けずに、ただ書けと迫っていないだろうか?

 どうやら、この感覚は、「顕在意識」で考えながらでないとできない状態と、「潜在意識」で無意識でできる状態という分類をすると分かりやすいようだ。家庭学習に保護者が少しは介入できるなら、答えが○か×かではなく、反射的に答えられて、その理由が「スラスラ」説明できるかを見るとよいと思う。あれをこうしろと強制するだけなら逆効果であることはいうまでもない。

 難高研SPはいかがでしたでしょうか。続いて教室学年別の難高研APも順に開催しています。さらに私立中高フェア。ぜひご期待ください。

※この内容は2007/06塾だよりに掲載したものです。
「できる」とは何か、ということに触れている。ここでは敢えて書いてはいないが、その前にまず「わかる」ことが必要であり、かつ非常に重要である。今まで(一般に)「塾」は、この「わかる」を飛ばし「できる」を求めすぎてきた歴史があり、批判もされてきた。しかし、本当に高度なレベルの本質まで「できる」にするには「わかる」ことを欠かせないのは明らかだ。
そして「わかる」までではなく、「できる」までを、やり遂げさせることが、私たちは大切であると考える。最後まで支援する伴走者が塾の役割である。

長生高校の正門にある「大器晩成」の碑(2007/06号掲載)
創立110周年(平成10年)の記念だそうである
ファイル 468-1.png

校舎点検

ファイル 467-1.jpg

昨日は一日かけて、スタッフには予告せず、いきなりの抜き打ちで全校舎の感染防止対策の点検調査に巡回。
実際に、外回りから受付教室バックヤードまで、すべての様子を一つ一つ確認した。

せっかくの抜き打ち調査なので他の様子もと、自転車の整理状況はOKか? からバックヤードが散らかっていないかまで。

どこの校舎でもきちんと対策方針通りにやっていて、ひと安心。

見て回る中で、各校舎で工夫を凝らした掲示物をみて、なるほど。
ファイル 467-2.jpg ファイル 467-3.jpg

これから、保護者や外部の生徒さんが参加する行事もあるので、さらに十分注意が必要。
念のため、今日も再度気になる部分を時間帯を変えてチェック!
換気も徹底していました!
ファイル 467-5.jpg

質問対応の様子も、ちょっと見る
ファイル 467-4.jpg

頑張れ受験生!

[巻頭言2007/05より] 保護者のみなさまにお願いしたいこと!

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2007年05月号)

保護者のみなさまにお願いしたいこと!

 親が子供を育てることは、その子供の未来をどちらに向かわすかという重大な責任をもっている。だがその分だけ、とてもすばらしいことでもある。

 今年は、この「子供を育てるのに対して、親としてどうすればよいのか」ということを、保護者のみなさまに考えていただきたいと思っている。

 そのための第一弾として、「(あるコーチング参考冊子)」を同封する。これはここ数年、ビジネスの分野で注目されているコーチングを教育分野に合わせた教育コーチングについて紹介したものだ。誉田進学塾グループの指導方針と同じ方向性の考え方も多いので、ぜひ参考にお読みいただきたいと思っている。

 さらにその続編として、「難関高校受験研究会Special Program」の特別講演を用意した。こちらは、木下晴弘先生というとてもすばらしい講演者により、ズバリ「子育て」について皆様に考えていただくことがテーマとなっている。日頃「子供がなかなか思うようにいうことを聞かない、やってほしいことをやってくれない」とお悩みの方は、ぜひご両親でご参加ください。

※この内容は2007/05塾だよりに掲載したものです。
 私たちの塾では、保護者とともに子供を育てる、子供が自立し成長することを支援することが塾の役目であると、ずっと考え実践してきた。何をどう教えるかより、塾生たち自身が、学ぶことに対して正面から向き合い自分を磨くことを重視してきた。つまり、いわゆる詰め込み、一方的にインプットを強制するのではなく、考えさせて自分で閃き学び取る瞬間を大切にしてきた。
 この立ち位置を保護者にも理解賛同して実践していただきたいと、保護者向けのイベントをさらに一段と積極的に取り組み始めたのがこの頃だ。
 このときの特別講演者は木下先生。このときの会はとても素晴らしい時間となった。今でも感謝である。再度ご登壇の機会があればとも思っています。

ファイル 466-1.jpg ファイル 466-2.jpg

感謝♪

感謝

当社の定年制度では、定年は60歳だが本人希望で70歳まで雇用継続する制度となっている。

当社の正社員第一号社員は、この制度適用も当然第一号で雇用継続中だったが、今月から、執行役員を退任し、相談役に就任となった。

永い間の努力に感謝♪

ファイル 465-1.jpg

夏期講習最後の授業の直後に、サプライズで花束

でも、まだまだ活躍してください。
教員は退職すると早くボケると聞きます...。

(雇用継続期間はまだ満期ではありません、誤解なきよう(笑))

社内会議

ファイル 464-1.jpg

昨日

後期最初の全社会議@オンラインリモート

毎月恒例だが、夏期講習で先月はなかったので2か月ぶり
もちろんオンラインリモート会議

全社員のベクトルをそろえる

夏前にデビューした今年度の新入社員教務スタッフの、教務指導研修修了書も授与
オンラインのため代表者に修了書を
ファイル 464-2.jpg

今日
全社教務スタッフ会議@オンラインリモート

教務指導力アップのための新しい研修制度について
オンライン時代の新しい教務研修制度に進化する
ファイル 464-3.jpg ファイル 464-4.jpg

全社一丸、教務力で圧勝するように、頑張ります!

[巻頭言2007/04より] 結果ではなく、何を体験して掴んだか?!

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2007年04月号)

結果ではなく、何を体験して掴んだか?!

 新学期がスタートしてすぐに春期講習が始まった。教室では、新しい友達も増えて、元気の良い笑顔が賑やかだ。この新鮮な気持ちをそのまま維持して勉強に繋げてほしい。勉強では好奇心が最初の一歩に繋がる。

 少しタイミングがずれたが、高校入試の結果の報告をしておきたい。今年は、私立高校の入試制度大変更で激動の入試の年になった。その中で卒業生たちは大健闘してくれた。単なる数字だけの結果としてみると、数が減った学校もあり評価が分かれるかもしれないが、今年の卒業生たちとしては素晴らしい結果と評価したい。とくに入試に向けてひとり一人が頑張れるように成長したかというプロセスの点ではとても素晴らしかったと思う。倍率が高く残念ながら第一志望に合格しなかったのに祝勝会に出席して、やるだけやったからよかった、次は頑張ると、後悔をしていない生徒も少なくなかった。

 今年大学受験の卒業生たちも合格の報告に顔をだしてくれている。高校受験の経験が役に立ったと口を揃える。未来を拓くのは途中の結果ではない。

 来春もより素晴らしいプロセスを体験できるようスタッフ一同努力する。

※この内容は2007/04塾だよりに掲載したものです。
 またまた季節外れの内容が続く。
 コロナ禍の影響も最小限に止め、夏期講習は予定通り終了できた。感謝である。そして今週から、後期もリスタート。
 来春、成果とともに、プロセスに誇りを持てるようなゴールに向けて、スタッフ一同、全力で、受験生を応援していきたい。

 頑張れ受験生!

同号に掲載した中3卒業記念写真
当時は、卒業パーティーを全教室集まって開催することができた。会場までパスでのミステリーツアー。
ファイル 463-1.jpg

[巻頭言2020/08より] 地道な努力

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2020年08月号)

地道な努力

 まだまだ新型コロナ感染拡大が心配な状況が続いている(これを書いている7/20現在)。

 ここまでの通常授業体制でも、夏期講習体制でも、塾内は感染防止のために厳しい基準の体制を徹底し臨んでいる。もちろん、これまで人類が経験したことのない未知の事態なので予断は許さない。油断することなく警戒しつつ指導を進めます。

 夏期講習も異例の形となった。学校が休校分対応のため夏休みを短縮した影響を最小にとどめ、学力を最大に伸ばすために、今までとは異なる形になった。それでも従来のものから質が落ちることのないように、そしてオンラインリモート授業で対応した資源を積極的に活用し、より以上の指導ができるように努力します。

 さて、緊急事態宣言の前から、解除後夏期講習に至るまで、外部へ出かけることを一切避け、会合などもすべてキャンセルした。その代わりに全国の懇意の有力塾の経営者たちや異業種の方たちとリモート会議や電話などを通して、さまざまな情報交換をしていて考えたことを、少しまとめておきたい。

 それは、このような厳しい状況の中でも、自分たちのやるべき使命に真正面から取り組み、本質的な解を求めて努力しているところは非常に強いということである。そのような努力は、一歩一歩の弛まぬ地味な積み重ねなので、周りがよいときに目立つことはない。良い環境の中では、うまく時流に乗って要領よく立ち回っているところでも業績を伸ばすことが簡単にできるので、地道な努力の重要性が見過ごされやすい。しかし厳しい環境の下では、基礎基盤から積み上げてきた努力の集積との差がはっきり結果に影響するのだろう。

 これは受験勉強、いや全ての勉強にも共通する。自らの「心」に向かい合うような努力。だからこそ指導をする私たちこそ、率先垂範で自らの心を磨く努力が必要である。コロナ禍に浮足立つことなく、どのような厳しい環境の中でも、本質的な学力を最大限伸ばせるよう努力します。

※この内容は2020/08塾だよりに掲載したものです。
 9月になり、塾生の保護者の皆様には、最新の9月号をお届けしたので、先月号のものを公開する(出し惜しみですね(笑))。
 確かに、コロナ禍の受験勉強への影響が心配である。だが、それに言及ばかりしていても何も解決しない。
 自分のコントロールできない周りの環境変動に対して、どういう姿勢で臨むかが成否を決する。

 いよいよ努力とは何かが問われる後期のスタート。


 頑張れ受験生!

[巻頭言2007/03より] 心新たに...

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2007年03月号)

心新たに...

 3月、塾は新年度となる。すでにシリウスは2月から新しい学年の勉強が始まった。また新しい子供たちの輝いた顔をたくさん迎えることになる。4月になれば学校も新しい学年。さあ心新たに出発、と考えることだろう。

 しかしここでよく考えてみたい。心機一転と気持ちを入れ替えてやる気を出すのはいいのだが、それが行き過ぎて、嫌なことは全部忘れて、初めからやり直せばよいという短絡的な考えになっていないか。

 ある日偶然、万能の解決策がやってくるわけではない。まず原因と結果をきちんと分けて科学的に検証した上で、解決への仮説を立てて、次への進歩に向けて真摯な気持ちで一つ一つ挑戦することが大切なのだ。「幸運の女神は準備したところにやってくる」(パスツールの言葉)という。

 今年度の塾は、昨年度ほど大きな変化がないと感じるかもしれないが、一つ一つを改善し、次なる進化を目指している。とくに、子供の成長のカギを握る保護者の皆様をサポートする、さまざまな企画を考えている。

 今年も着実に進化する誉田進学塾グループにご期待ください。

※この内容は2007/03塾だよりに掲載したものです。
 季節外れの内容が続く。年度替わりの時期の話である。
 うちの塾は、塾予備校業界の中では、合格力で注目されていて、同業他社からの見学、訪問なども少なくない。その中で、多い質問の一つが、いつから今のように変わった(変革し始めたor成長し始めた)のか?、というもの。この答は、この当時から、今も変わらない。
 ある日突然(偶然)、変革したのではなく、日々の検証と解決への仮説の実践を一歩ずつ積み重ねた結果である。
 受験勉強、いや、受験に限らず、どんな勉強も、つまりどんな成長も同じであろう。

 受験生のこの夏の努力が、幸運の女神に好まれるほどのものでありますように。

[巻頭言2007/02より] 未来が分岐する瞬間

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2007年02月号)

未来が分岐する瞬間

 高校受験生たちはいよいよ終盤戦、中学受験生たちはそろそろ受験完了の時期となった。沢山のよい結果が届いている。それでもこれだけ難関校の入試が厳しくなると、すべてが思うような結果とは限らなくなる。

 親も、ついついその結果がもたらす子供の未来への影響を考えてしまい、一喜一憂することになる。そんなときこそ、受験を通して本来目指していたものを思い出してほしい。本来、志望校合格は短期的な目標であったはずだ。入学後に待っている勉強や環境、そして友達たちといったものにも、もちろん魅力はあるが、それを手に入れることだけが目的ではなかったはず。

 合格発表の瞬間に運命の分岐点が訪れたわけではない。そこに至る、はるか以前の毎日の積み重ねの過程が未来の進路を少しずつ変え続けたはずだ。発表は、その途中経過が目の前に現れただけである。単なる結果ではなく、そこに至るプロセスの大切さを、ぜひ熱意を持って子供に伝えてほしい。

 受験生以外、とくにこれから定期試験に臨む中学生たちにとっても学年末の大切な時期だ。一つ一つの過程を自分で解決する大切さを伝えていきたい。

※この内容は2007/02塾だよりに掲載したものです。
 積み重ねの日々が、少しずつ未来を変えていく。
 受験時期の内容を季節が反対の今読み直しているが、まさしくその通り。
 この夏が、後から振り返ったときに、輝く未来に分岐していった過程であったと言えるように、頑張ります。

 頑張れ受験生!

(2007/02月号掲載写真より)毎年いただいている達磨
ファイル 460-1.jpg

[巻頭言2007/01より] 成長そして飛躍

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2007年01月号)

成長そして飛躍

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。巻頭言についてお褒めの言葉を頂戴しました。ありがとうございます。これからも保護者の皆様が少しでも考えるきっかけになるような話を書いていきます。

 子供が立派に成長することを願わない親はいない。だが、その過程はとても緩やかで時間がかかるため、ついついすぐに結果を求めてしまう。そして何か画期的な打開策「決定打」によって解決したいという誘惑に駆られる。しかし子育てに限らず、物事を解決する方法には「決定打」はないという。地道な努力の積み重ねによってのみ「偉大な業績」は成し遂げられるそうだ。

 そこで地道な方法、前回の続きの『誉める』。実は『誉める』のは難しい。まず簡単な方法として『認める』を「意識的に」試してほしい。「宿題やったんだ」「追試受けたのね」「塾で勉強してきたんだね」「頑張ってるね」など、ただやったことを言うだけ。『認める』だけで『誉める』と同じ効果がある。

 子育てには、親も「親として成長」していかなければならない。今年は、できるだけそのお手伝いもできるようにしていくようにします。

※この内容は2007/01塾だよりに掲載したものです。
 前回に続いて「誉める」についてだ。保護者向けのイベントでは、もっと丁寧に実例を挙げながら、話をしているのだが、塾だよりの紙面では、文字数の縛りが強くあり、今でも毎回、コンパクトに圧縮する推敲には時間がかかる。
 「お褒めの言葉を頂戴」とあるので、何か保護者の皆様からよいフィードバックをいただいたのだろう。ときどき塾としての直接的な指導以外で、好意的なコメントを頂戴することも少なくないが、そういうときは、やる側のこちらも「やる気」が高くなるものである。
 やっぱり「誉める」は効果がありますね。

※写真は、塾だよりの、この号に掲載したものから
ちょうど、ノロウイルスの感染拡大が懸念されていた頃で、予防対策の社内研修などをやったところだったようです。
(現在も顧問産業医の指導の下に、感染対策、安全対策には力を入れています。)
ファイル 459-1.jpg