ツイート

記事一覧

[巻頭言2006/11より] 親としての役割は?

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2006年11月号)

親としての役割は?

 現在、中3の個別受験相談を実施中である。保護者の皆様にはお忙しいところを、時間を割いてもらって本人・保護者と私の三者(両親がお見えになると四者)面談をしている。といっても、結局は本人が主役。受験校の組み合わせの話も当然するが、話の中心は本人の心の中の問題点を取り除いて、入試までの覚悟を決めてもらうところにある。保護者はその間は横で聞くだけ。

 毎年、受験生を見ていると、親の気持ちが強すぎてうまくいかないケースが少なくない。親は本人のためと思い、ついつい目に見える症状ばかりあれこれ言うのだが、子供には命令や強制と働き本人の自発的な意欲を削いでしまう。子供がうまく動けないときは親が「助け」なければならないのだ。意欲を引き出すには、まず話をただ聞いてあげる、そして信頼して誉める、これが一番。今年は受験説明会でお話させていただいたこともあるが、非常に聡明な保護者の方が多く、この分なら本人の自覚と自立がうまくできそうだ。

 本人自身に問題点を見つけ出せるように引き出すため、面談の時間が予定通りに進まず、無理をお願いしてご協力いただきありがとうございました。

※この内容は2006/11塾だよりに掲載したものです。
 個別面談についての話である。当時は、まだギリギリ私が面談を担当していた頃だ。
 この頃から、すでにいわゆる「コーチング」や「リーチング」のような「メンタル」の部分も含めた指導をしていて、保護者の皆様にも協力いただいていた。
 これらの指導は、とても手間と時間がかかる。だから時間を調整することが非常に大変だった。今では、教室長、副教室長、担任など、受験生のメンタルトレーニングまでできるスタッフたちを多数育成し続けてきたおかげで、その問題はほとんど解決できた。直接生徒たちの授業を担当しているスタッフが面談するのが、一番効果が高い。
 面談だけでなく、スタッフたちの社内研修には、昔から力を入れてきた。社内だけでな、社外も含めて様々な機会を用意している。
だが、生徒たちと同様に、スタッフたちも成長するのは、結局は、本人の努力。その意欲が能力の上限をも変えていく。
 高みを目指す心、志が大切。それを引き出すのが教育のはずだ。

※2006年当時の研修の様子
外部講師を招いての社内研修の様子です。
ファイル 457-1.jpg

勉強中!

ファイル 456-1.jpg

勉強中!
東進英語科の顔、安河内哲也先生
といっても英語の勉強をしているわけではありません...

東進の夏の恒例「夏の教育セミナー」
https://summer-seminar.com/

これは夏休み期間を利用して全国の高校の先生方が大学入試改革に向けて勉強するための会
昨年までは日本全国縦断ツアーで開催していたものが、今年はオンライン開催に

おかげで、すべてを見ることができるようになったが、盛りだくさん過ぎて見切れないとの声が多数でて開催期間延長に!!
ファイル 456-2.jpg

内容は
文科省担当者からの新しい共通テストの最新情報
ファイル 456-3.jpg

さらに大学担当者から、アドミッション・ポリシー、入試方針の解説
参加大学は、東大京大一橋東工大旧帝大などの国立と、早慶上理明青立法中関関同立の豪華版!

高校の先生による共通テストの教科の解説と、共通テスト対応の授業実践例
ここに東進エースの安河内哲也が登場
高校の先生方に、秘伝の一部を大公開!
ファイル 456-4.jpg ファイル 456-5.jpg

これは確かに見切れません!
東進衛星予備校加盟校スタッフとして、うちの担当者たちも勉強しています!

詳しい内容は、ここでは秘密(笑)

受験生たちのために、頑張ります!

[巻頭言2006/10より] 受験生はこの時期がポイント!!

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2006年10月号)

受験生はこの時期がポイント!!

 中3の受験説明会・個別受験相談、小6siriusの個別受験相談の時期が迫ってきた。中3は一回目のVもぎが終わり、駿台模試そして千葉県統一テストと模試が続く。小6siriusも統一合判は返却され、合不合判定の第一回も結果待ちとなっている。この時期に模試の判定をみて点数が悪いとあわてて行動に移すようなら手遅れ、結果が出る前、模試を受ける前に、目標に向けて対策を立てていかなければならない。10月に入るとすぐに入試まで100日を切る。あわてずにやるべきことを一つ一つクリアしていく以外に道はない。まだ気持ちが集中できていない生徒に対しては家庭での保護者のサポートも重要な時期だ。ただいたずらに強制しても逆効果、うまくやる気を引き出すような助言をお願いします。

 受験生以外は、前後期制で秋休みを挟み中だるみしやすい時期だ。やるべきことだけは譲らない姿勢が大切。様子をよくみてください。

 スクールフェアは塾生・保護者みなさま、多数の方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

※この内容は2006/10塾だよりに掲載したものです。
 毎月の塾だよりは、お知らせだけでなく、入試情報の提供や生徒たちの様子の報告など盛りだくさんだが、すべて「保護者に向けて」の内容。
 巻頭言も同様だ。ここまでの巻頭言はお知らせ程度の内容だったが、次号あたりから徐々に保護者への教育に対する考えに触れていくことになるらしい(過去の自分は、今は他人...)。
 うちの塾では、学び成長し、学力を伸ばすのは、結局は「本人自身」という考えに立つ。塾はそこに強い刺激を作り、磁場のように影響を与えるとはできるが、間接的な成長を促す「環境」である。保護者も同様に生徒の成長に欠かせない「環境」。だが、だからこそ保護者の役割は少なくない。かなり以前から、保護者の皆様への「役割」を考えていただくように発信し、イベントなども用意してきた。これは今も変わらない。
 保護者だからこその役割の大切さ、そして、その素晴らしさを理解していただきたいと願う。

※当時の受験説明会の様子
プロジェクタやスクリーンがあるのにここだけ使わず、敢えてアナログな志望校の解説中かな...
ファイル 455-1.jpg

夏期講習後半リスタート!

最小限のお盆休みをはさんで

夏期講習後半リスタート!
ファイル 454-1.jpg

塾でクラスタとの報道もあり、非常に気を使うところ
熱中症に注意で冷房しつつ、空気清浄機に加えて、窓を開けたままの換気とサーキュレーターで排気。

さてこれは??
ファイル 454-2.jpg

中学生には、誉田進学塾名物の基礎演習というテストが毎日
それの完全直しノート
ファイル 454-3.jpg ファイル 454-4.jpg

一人ひとりの努力をしっかり見ます!

頑張れ受験生!

これがその演習の追試中です

ファイル 453-1.jpg

ちょうど、夏期の基礎演習の話を書いたところだが...

さっき教室を覗いてみたら...
中学生たちは、基礎演習の追試をやっていた。

合格点がとれないと、完全にできるまでやり遂げるために、繰り返します。スタッフたちも手を抜きません。
採点だけでも相当大変な作業ですが、単なる作業ではなく、塾生の成長のために、心を込めて、ときには心を鬼にして、育てます。

中3の受験生は当然ですが、中1や中2も欠席や遅刻した分もぬけがないように、一人ひとりきちんと見ます。
(チェックリストで、抜けないように一人ひとりを仕分け済み)
ファイル 453-2.jpg ファイル 453-3.jpg

一人ひとりがこの夏、達成できるように!

高校生たちものぞいてみたら...
こちらは、ブースで、PCの画面とテキストの問題を開きながら...
ファイル 453-4.jpg

やっていたのは、新テスト対応の共通テスト対策問題集
いよいよ今年からセンター試験が、共通テストという新しいテストに大きく変わる。
ただし、センター試験のよい部分は当然継承される。
センター試験の過去問の演習も欠かせない。

そこで、東進のオンライン学習システムでは、新テスト対策問題を解いたら、採点から同傾向の対策問題へ無駄なく勉強が進むようにできている。

だがどんなにシステムがよくても、入試突破に必要なものは、本人がどれだけ自分を磨いたか。

頑張れ受験生!

ファイル 453-5.jpg

[巻頭言2016/09より] いよいよ後期開始!!

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2006年09月号)

いよいよ後期開始!!

 いよいよ後期開始である。

 夏期講習も無事終了した。前号でも書いた通り、とても密度の濃い夏期講習だったが、塾生全員最後までやり遂げた。とくに受験生たちは、長期間そして長時間の講習を乗り越えた。もちろん結果に繋がるまでは、まだまだの生徒もいるが、大きく成長してくれたと思う。

 さて、いよいよ後期再開、学問の秋となる。毎年受験生は大きく差がつく時期だ。夏に集中力を高めてスパートしたのに、この時期に一度緩む生徒がでる。受験生の気持ちが集中している塾生だけに囲まれていた夏期講習の塾の環境から、学校が始まり周りの生徒の様子や行事などでペースを乱すことが原因のようだ。だが入試は近い、気を抜かずに乗り切るようにご家庭でもご協力ください。

 また受験生以外は気が緩む時期。とくに中2や中1。気持ちの緩みは、生活態度などの基本的な部分に一番に現れる。こちらもご家庭で充分にご注意ください。

※この内容は2006/09塾だよりに掲載したものです。
 遥か昔から(笑)(確かに数十年継続しているけれど)、うちの夏期講習では基礎演習の徹底を重視している。授業自体は「思考力の育成」のための考えるトレーニングの時間。だが、複雑な思考を組み立てて問題を解決するためには、基になる知識が必要だ。
 普段の時期も、毎週の時間割に演習テストというコマがあり、結構しっかり時間をとっている。ただしこれはアウトプットする訓練でもあり、基礎だけでなく応用問題も含んでいて、いわゆる実力試験や模擬試験を毎週やる形だ。
 ところが、夏期講習は、毎日のように続く日程のため、演習の準備の学習時間が限られているので、演習は基礎的なものにシフトする。そのかわり追試などで、完全にできるまで徹底してやり抜く訓練をする。
 指導する側も、一人一人に対応するので、とても手間がかかり、エネルギーが必要だが、これがこの後の結果を左右する大切な時間。
 変則的な開催になった夏期講習だが、ことしも一人一人がやり遂げたと言い切ることができる大切な時間にしたい。

 今年は、まだ頑張ります! 夏期講習!

※これも今も続く、塾生から募集する「残暑見舞い」デザインコンテストの2006年の作品たち。
 当時はモノクロだった(今はカラーです)
ファイル 452-1.jpg ファイル 452-2.jpg
ファイル 452-3.jpg

感染拡大を警戒しながら高校生も頑張っています!

今年の夏期講習はいろいろといつもと違う...
ファイル 451-2.jpg

いつもなら、高校受験部、中学受験部はお盆期間でお休みの時期だが、今年はまだまだ続く。

だが、大学受験部は、お盆休みギリギリまでやるのは、いつもの通り!!

ただし、感染防止のために、3密、換気、消毒には十分気を付けています。
ファイル 451-1.jpg ファイル 451-3.jpg

頑張れ、塾生!

[巻頭言2006/08より] 夏期講習前期終了!! (※今年はまだ続きますが)

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2006年08月号)

夏期講習前期終了!!

 夏期講習前期は無事終了した。

 誉田進学塾グループの夏期講習は、どの学年もとても密度が濃い。一般に夏期講習といえば、一学期の復習にちょっとだけ予習を組み合わせた講習が多いのだが、そんなものとは全く違う。塾生のみを対象としているので、年間カリキュラムの一貫として、じっくり時間が取れるときにしっかり考えるところを重点的に学習する形となっている。さらに中学生は毎回毎回演習があり、きちんとやり遂げることが要求されている。追試・直しノートやプラクティスノート提出など「達成」し「乗り越える」ことで成長を促す。

 前期のここまで、ひとり一人よく頑張ってきた。ときには厳しいと感じることもあるだろうが、その成果は必ず自分に返ってくる。
さて、お盆休みで、講習は一段落。受験生は、前半最後の仕上げの一日集中特訓で自分が思っているより頑張れることを実感したはずだ。その勢いで乗り越えてほしい。受験生以外は、充実した休みとなることを期待する。

 休みが明けると後期の講習が再開となる。さあ、気力を充電しよう。

※この内容は2006/08塾だよりに掲載したものです。
 塾だよりは、毎月初旬に塾生のご家庭にお届けする。この年だけでなく、例年、8月初旬までで、夏期講習前期は終了、お盆休みとなる。だからこれは、そのあたりに到着する内容として書いたもの。
 今年はコロナ禍の影響で学校の夏休みが少なくなったため、夏期講習の時間を例年通りに確保するために、お盆休みをギリギリまで短縮し、来週もまだ夏期講習が続く。
 スタッフたちは、お盆の長期休暇を短縮して頑張ってくれている。それが可能なのは、春の緊急事態宣言の始まり時点で、長期的な予測展望のもと、学校休校と夏休み変則変更に対応したカリキュラム組み換えと同時に、休暇スケジュールの調整を行ったからだ。有給休暇消化も含めて緊急事態中から取り組んできたので、この時期に頑張ってくれている。感謝である。
 今日から保護者は長期休暇というご家庭も少なくないだろう。
 それなのに、子供たちの勉強のために、通塾にご理解・ご協力いただき感謝しています。ありがとうございます。

(2006/08の塾だよりに掲載した写真です、この写真に写っている当時の社員スタッフは、全員!、今年も活躍中!!)
ファイル 450-1.png
みんな、やっぱり若い...(笑)

感染拡大を警戒しながら夏期講習前期のラストスパート

コロナ禍で、今年の夏期講習は非常に変則的に開催中。
それでも、うちの塾名物の「夏」にするために、スタッフが必死に指導している。

もちろん感染防止には、最善の注意を払って。
密と換気には十分注意。
空気清浄機のみならず、強制的に排気も。
ファイル 449-1.jpg

近隣の小中高校での感染ケースが出始めてきている。幸い濃厚接触の疑いのケースはないが、これからはわからない。
もしも該当の生徒が出た場合は、自宅から授業にリモート参加の予定。どこの教室のどのクラスからもリアルタイム双方向で配信できるように準備は整えている。

4月5月のように緊急事態宣言となって、通塾自粛となった場合は独自映像授業配信システムも併用して、またフル稼働する予定。
これは、ICT技術を先行して研究していたので、3月の急な学校休校要請に伴う通塾停止の時点ですぐに稼働することができ、素早く対応した。
ファイル 449-2.jpg

なかなか優れもののシステムで、iPadやタブレット、そしてスマホでも再生可能。そして軽快に動きます。
ファイル 449-3.jpg ファイル 449-4.jpg

有事のときだけではもったいないので、夏期講習中も演習テストの解説講座などに積極的に活用中!!
ファイル 449-5.jpg

幸い、文部科学省が公表したガイドラインによると、小中高校生の感染リスクは非常に低いとのこと。
なんとか夏期講習が無事に実施できることを祈っている。

[巻頭言2006/07より] 夏、挑戦の時期がやってくる!!

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2006年07月号)
夏、挑戦の時期がやってくる!!

 受験生にとっては、この夏が勝負のときであることはいうまでもない。塾では、受験生に必要な全てのものを用意している。とにかく夏、塾に通ってくることが一番重要。あとは自動的に頑張る仕組みが待っている。

 受験生以外は、勉強そして勉強以外のこと、さまざまなことに挑戦してみるチャンスである。教科の勉強については塾が担当するので、それ以外のことにも積極的に挑戦してほしい。もちろん塾の勉強はきちんとすることを前提として。大いなる挑戦を期待している。

 さて、次ページTop Newsに紹介している通り、公立高校合同説明会と当塾主催私立中学高校フェア2006を開催する。受験生にとっては目標を設定するよい機会となるだろう。受験生以外も、先の目指すものを知ることは大切なことだ。まず目標を先に掲げて挑戦してほしい。受験生と保護者の方々にとって価値のあるすばらしいイベントとなるように頑張ります。みなさまお誘いあわせの上、ぜひご参加ください。

※この内容は2006/07塾だよりに掲載したものです。
 後半に書いている「Top News」とは、塾だよりのイベント案内ページの紹介。
 「公立高校合同説明会」は塾団体による共催行事。「私立中学高校フェア」は当塾の単独主催の行事。
 塾団体共催行事は、うちの塾がまだ小さい個人塾の時代から、ずっと参加してきた。しかし、徐々にうちの塾生が増えて会場を埋め尽くすようになり、個別相談形式の会では、難関高校ブースを占有する率が高くなり過ぎた。
運営に迷惑をかけないようにとの配慮と、当塾単独で主催する力をつけたため、こののちすべて単独主催の形へと進化していくことになった。
 その「卒業前」の懐かしい「思い出」ですね。

 今年は、コロナ禍で、秋の会場での開催は不可能となった。
 受験生と保護者の皆様への情報提供も、進学塾としての大切な役割である。
 代わりの形で、情報提供できるように計画、準備しています。

(このときの私立中学高校フェア2006の様子です)
ファイル 448-1.jpg