記事一覧

[巻頭言2008/04より] 本質の追求

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2008年05月号)

大切な保護者の志!

 「難関高校受験研究会Special Program」が終了した。とても熱心な保護者の方に多数ご参加いただいた。ご両親での参加も多かった。今年も子育てのヒントにと、皆様に喜んでいただける企画を工夫したつもりである。いかがでしたでしょうか。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。

 さて、まさしくその難高研SPのテーマ「なぜ難関校を目指すのか」、保護者ご自身でもう一度お考えいただけたであろうか。振り返ってみれば、子供に成績ばかり求める前に、親として伝えるべきものがたくさんあるはずだ。

 子育てはとても時間がかかる。親には大変な負担がかかり、またその責任は大きい。しかしだからこそ、子供が成長することにともに立ち会える「親というもの」は素晴らしいのだ。ぜひ高い志を常に持ち、お子様を応援していただきたいと思う。私たちはそのサポートを全力でやっていきます。

 このあと5・6月に教室学年別で「難関高校受験研究会Advanced Program」を開催する。こちらは、勉強法や塾での学習の様子のご報告が中心のものとなる。もちろん「子育てのヒント」も用意したい。ぜひご参加ください。

※この内容は2008/04塾だよりに掲載したものです。
 まもなく2回目の緊急事態宣言が解除される。千葉県では、感染者数が十分に落ち切っていない中である。もちろん当然、再度の感染拡大を防止するために、私たちも全力で努力していくつもりである。
 この本文で触れてるいる、入試報告会&子育てのための講演会「難関高校受験研究会Special Program」や、教室学年別開催の保護者会「難関高校受験研究会Advanced Program」などの保護者向けのイベントは、昨年は学校休校や、緊急事態宣言によって、ほとんどが通常開催できなかった。オンライン開催などで、できうる限りの補完はしたものの、足りなかったこともたくさんあったに違いない。今年は感染防止を徹底しながら、できるだけ開催します。
 保護者の皆さまのお役にたてるように、ただいま準備中です。よろしくお願いします。

トラックバック一覧