記事一覧

[巻頭言2008/02より] 一期一会...

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2008年03月号)

一期一会...

 この塾だよりが届く頃、高校入試はいよいよ最後の公立一般入試を迎える。

 この日のために、みんなずっと頑張ってきた。一歩一歩、目の前の試練を乗り越えて、自らのものとしてきた。そして、その一つ一つの達成した経験が次への力を生み出す。大切なのは、ゴールに向けて努力してきた成長の過程のはずだ。その意味ではすでに十分成果を残したといえる。

 シリウスの生徒たちは、大きな成果を掴みとり、卒業パーティーで素晴らしい笑顔を見せてくれた。そして、ともに勉強してきた中3塾生の仲間のうち、半数以上もすでに素晴らしいゴールを迎えている。それでもまだ挑戦する仲間を応援するために、高校準備講座という違う中身にはなったが、一緒にがんばって勉強している。いよいよ最後の挑戦。身につけたものを発揮するとき。自分の力でよい結果をぜひ掴みとってほしい。

 今年は、さらに次のステップを保護者の皆様とともに応援する環境も、premium高校部東進衛星予備校鎌取駅南口校という形で実現した。

 30周年を迎え、さらに進化する誉田進学塾グループにご期待ください。

※この内容は2008/03塾だよりに掲載したものです。
 まだ特色化選抜時代の頃だ。当時は、主な難関高校は独自問題を選択し、独特の思考力と表現力(千葉高の数学は記述式だった)が必要な難しい問題が出題されていた。このような単なる暗記型の問題ではなく、本質的な理解と思考力が要求される問題になると、うちの塾生たちは強い。本文にあるように、過半数がこの時点で合格していた。
 のちに前後期制度に移行し、前期定員が大幅に増えて半数を超えるようになると、中学校では、先に合格が決まった子供たちが授業に集中しなくなって、後期の受験直前の子供たちは非常に勉強しづらかったようだ。
 ところがうちの塾生たちは、先に合格が決まった生徒たちも、休まず塾に来て、勉強に集中していた。それは、入試が終わった自分たちでも、こんなに集中しているんだから、入試が残っている生徒たちは、もっとできるぞ、という応援、そして最後まで一緒に頑張ろうというエールだった。
 公立入試が一本化した今年は、少し寂しいが、その光景はない。
そして入試直前の最後の今週は、万が一の感染防止、濃厚接触の可能性もなくすため、すべてオンラインでの授業とホームルームや自習室対応。

 頑張れ、受験生!

トラックバック一覧