記事一覧

[巻頭言2009/05より] 志

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2009年05月号)

 「難関高校受験研究会Special Program」、たくさんの皆様にご参加いただきありがとうございました。年々、多くの皆様に熱心にご参加いただいているので、今年も子育てのヒントになるように、そしてご両親での参加も多いので、仕事のヒントにもなるようにと特別講演の企画を工夫した。

 毎年繰り返しの話になるが、子育ては、とてもエネルギーと時間がかかる。責任は大きい。しかしだからこそ、「親というもの」は子供が成長することにともに立ち会える素晴らしいものなのだ。ぜひ本人が成長して乗り越えるという目標に向けて、高い志を常に持ち、お子様を応援していただきたいと思う。私たちはそのサポートを全力でやっていきます。

 このあと5・6月は、教室学年別で「難関高校受験研究会Advanced Program」を開催する。こちらは、具体的な学習法や塾での学習の様子のご報告が中心のものとなる。もちろん「子育てのヒント」も用意している。ぜひご参加ください。

※この内容は2009/05塾だよりに掲載したものです。
 この回は、これだけだと単なるお知らせですね(苦笑;)。
 保護者対象のイベントも、毎年いろいろと工夫しながら提供してきた。
 遥か昔(笑)の保護者会に始まり、この頃からの十数年間は、「難関高校受験研究会Special Program」と銘打ち、いわゆる入試報告会に加えて、保護者の皆さまのための「教育講演会」を開催してきた。
 できるだけ保護者の役割、そしてその素晴らしさをお伝えできるように講演者の人選と内容を工夫してきた。
 千葉では、さすがにすべての塾生の保護者が入る会場が少なくなってきて、会場が簡単に抑えられなくなってきた(年度初めに抽選など)。さらに、この年開催の写真の施設の閉館などもあり、最近は、参加限定したイベントに。そしてコロナ禍で、形を変えての実施になっている。
 また、環境が整い、大きな会場での開催できる日が来ることを願う。

 今、できうる最大限で努力していきます。

ファイル 519-1.jpg ファイル 519-2.jpg
この年の会場の様子、二階席までほぼ満員ですね。
 
ファイル 519-3.jpg
入試報告の様子

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.jasmec.co.jp/cgi-bin/diarykan/diary-tb.cgi/519

トラックバック一覧