記事一覧

感染拡大を警戒しながら夏期講習前期のラストスパート

コロナ禍で、今年の夏期講習は非常に変則的に開催中。
それでも、うちの塾名物の「夏」にするために、スタッフが必死に指導している。

もちろん感染防止には、最善の注意を払って。
密と換気には十分注意。
空気清浄機のみならず、強制的に排気も。
ファイル 449-1.jpg

近隣の小中高校での感染ケースが出始めてきている。幸い濃厚接触の疑いのケースはないが、これからはわからない。
もしも該当の生徒が出た場合は、自宅から授業にリモート参加の予定。どこの教室のどのクラスからもリアルタイム双方向で配信できるように準備は整えている。

4月5月のように緊急事態宣言となって、通塾自粛となった場合は独自映像授業配信システムも併用して、またフル稼働する予定。
これは、ICT技術を先行して研究していたので、3月の急な学校休校要請に伴う通塾停止の時点ですぐに稼働することができ、素早く対応した。
ファイル 449-2.jpg

なかなか優れもののシステムで、iPadやタブレット、そしてスマホでも再生可能。そして軽快に動きます。
ファイル 449-3.jpg ファイル 449-4.jpg

有事のときだけではもったいないので、夏期講習中も演習テストの解説講座などに積極的に活用中!!
ファイル 449-5.jpg

幸い、文部科学省が公表したガイドラインによると、小中高校生の感染リスクは非常に低いとのこと。
なんとか夏期講習が無事に実施できることを祈っている。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.jasmec.co.jp/cgi-bin/diarykan/diary-tb.cgi/449

トラックバック一覧