記事一覧

[巻頭言2020/04より] 今、できることに集中

Shingaku Express / 誉田進学塾だより 巻頭言より
(2020年04月号)
今、できることに集中

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染防止のための休講等の対応に、皆さまから、ご理解ご協力をいただいたことに感謝します。ありがとうございました。

 (これを書いているのは春期講習前なので、まだ先がはっきりしていないことをご容赦いただいた上で)、全国一斉の学校休校要請に対応して、公益社団法人全国学習塾協会の指針に従い、2週間の対面集団授業の休講、自宅学習対応や個別フォロー、時間帯変更による分散登下校での振替授業などの緊急措置を取らせていただいた。実は、休校要請前日、北海道の全道休校に続き、市川市が翌日全市休校発表との事前情報を得て、地域一体の休校に備え、北海道最大手塾との情報交換や市川の状況調査など準備を始めていた矢先の全国休校要請だった。そのおかげで速やかに対処することができ、また以前から情報収集していた映像授業配信システムも急遽準備を進め、siriusで稼働できた。

 さて改めて今、3.11の直後にここ(巻頭言)に書いた以下の話を再度、敢えてそのまま掲載したい。

 この未曾有の自然の猛威に対して、無力であることを感じるかもしれない。確かに、自分一人ができることはとても小さなこと。しかし、それでも自分の力でできることだけに集中することが本当は一番大切だ。

 子供たちにできることは、今はただ勉強することしかない。でもそれは、次の時代を切り拓く「未来の大人たち」にとって、その「未来のとき」に力を発揮するためには、必要なことなのだ。今は他に何もできない。しかし次の主役となるときは、必ず順番に巡ってくるのだ。

 そして、その手本となるべき大人たちも、今、自分たちができることに全力を尽くすことが一番大切。その真剣な後ろ姿を見て、次を継ぐ者が育つ。

 どうか保護者の皆様も、自分のできることに精一杯集中し、充実した日々を送っていただきたい。子供たちの行動にあれこれ言うよりも、まずは自らの姿でお手本を示すこと。その姿を見て、子供はいつか超えていく。

※この内容は2020/04塾だよりに掲載したものです。
 新型コロナ感染拡大によって、全国の学校が休校になり、そのまま春休みに入る時期に書いています。
 誉田進学塾グループは、公益社団法人全国学習塾協会加盟塾として協会ガイドラインを遵守し、3月初めの2週間の通塾停止のあと、停止期間の振替授業と春期講習でいったん通塾体制に戻りました。
 さらに、その時点で緊急事態宣言を想定、発動される日を予測して、それまでにすべての準備を整え、通塾できないときの体制づくりを終えました。
 現在も感染拡大が収まらない状況ですが、最終的な人類の英知の勝利を信じ、長期戦になっても、子供たちの安全を守るとともに、そのような状況下でも学力を最大限に伸ばせるよう努力します。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.jasmec.co.jp/cgi-bin/diarykan/diary-tb.cgi/444

トラックバック一覧