記事一覧

開塾満40年になりました。ありがとうございました。

ファイル 421-2.jpg

この10月、開塾満40年になりました。

10月開設と記憶していたので、確かめもしなかったが、調べてみると授業開始は11月。最初の新聞折り込み(下記のような白黒の簡素なもの)の「開設のごあいさつ」を掲載する。
ファイル 421-3.jpg

『 誉田進学塾だより 号外 昭和53年9月26日
誉田進学塾(誉田駅前) 十月二日(月) 開設のごあいさつ

燈火親しむ候-勉強の秋です。知識欲旺盛な青少年期に、しっかり勉強をつんでおくことはいつの世でも大切なことです。
たとえばすじみちをたて、理論的に考える力、ものをしっかり覚える習慣、文章表現や文章読解力、さらにいろんなことがらを整理・分類したりする方法を身につけること、これらはその人の一生についてまわることなのです。それらは勉強という脳の意識的なトレーニングによって培われるわけです。
いろいろな制約を離れ純粋に勉強のみに集中できる場こそ塾です。今まで伸びなかった学力がそこで活力をえて伸び出せば、良い塾であることの証になるのです。
私たちは塾教育の原点を肝に銘じ、生徒ひとりひとりの動機を大切にして、まずきちっと相対してわかりやすく、ていねいに、すじみちをたてて説明します。
したがって全時間授業形式をとります。テストだけやって説明で終わる塾ではありません。ひとつひとつの重要事項をよく理解させ、基礎から発展問題へと真の実力をつくりあげていきます。それによって生徒が自信と自覚をもって明日の自己像を追求して行けるなら、私どもも幸です。』

時代を超えて不変のものが、開塾の志。
心新たに頑張ります。
感謝。ありがとうございました。

(ここに記載するのを忘れていました)

ファイル 421-1.jpg

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.jasmec.co.jp/cgi-bin/diarykan/diary-tb.cgi/421

トラックバック一覧