ツイート

記事一覧

2021年新年度に向けて

2021年新年度に向けて

垂直登攀の一年にします

 「未来は誰にもわからない」を、実感した昨年一年だったのではないでしょうか。

 コロナ禍によって、子供たちの環境は大きく様変わりしてしまいました。昨春の全国学校一斉休校、緊急事態宣言による学校休校、長期休暇短縮などから、学びのペースが激変したことで、学力差の拡大が懸念されています。また入試への感染拡大の影響も不安要素でしょう。

 一方、「教育」の大きな変革は待ったなしで進んでいます。いよいよ大学入試「共通テスト」の実施直前です。従来のセンター試験から「思考力、判断力、表現力」を問う形への変化が注目されるところです。さらに学習指導要領は、昨年の小学校に続き、今年は中学校で全面改訂されます。とくに内容一新される英語では、小学校で約700語の英単語が既習扱いとなり、従来の「中学終了時まで時にの約1200語」に対して「合計約2500語」の語彙力が必要となります。

 加えてコロナ禍で「GIGAスクール」が先倒しになり、新年度前に全小中学生に一人一台のPC/タブレット端末が配布され、いよいよICT教育元年へと進みます。

 「未来は自らの意思で切り拓く」。このような変革の中、私たち誉田進学塾グループは強い意志と信念で乗り切ってきました。緊急事態に伴う通塾できない期間は、授業のオンライン配信(誉田進学塾V-system)や双方向型映像指導などで迅速に対応、生徒の成長を一瞬でも止めることにのないよう最大限に支えました。さらに通塾再開後は、感染防止を徹底し学力を伸ばしています。また学習指導要領改訂を先取りしカリキュラムも進化させ、GIGAスクールを見据えてAIi型学習の新技術開発も先行してスタートを切っています。その対応に、今までより多くの塾生と保護者の皆様から、温かいご支持をいただいていることに感謝します。

 しかし目指すべきは、環境への受け身の適応ではなく、教育改革の根底にある「思考力、判断力、表現力」を育て「分析型、解決型」の能力をの伸ばすことへの挑戦と考えます。

 私たちは開塾以来42年間、「真の意味での英才教育」を目指して、子供たちが自らの力で未来を切り拓くことができるよう、保護者の皆様とともに育てることに邁進してきました。「本格的な勉強」によって適切な負荷をかけ、本質的な「人間力」を磨くための本物のトレーニングの開発です。「学ぶ楽しさ」を真正面から伝え、真剣によき道へと導く指導者のもと、お互いに「切磋琢磨」しながら、ともに成長する真の意味での仲間がいる、まるで「磁場」のような環境で、意欲を生み出し、困難に挑戦し達成する経験こそが、教育の本質であると信じています。その本質的な指導の成果が、驚異の「合格力」なのです。

 「合格力」という成果を上げ続けながら、その指導を発展させることは容易ではありませんが、この激動の時代は、私たちの真価が試されていると受け止め、強い信念を持ち続け、新しい一年を「垂直登攀」する一年にすると決意します。

 小中高一貫指導で、ひとり一人の子供たちを、責任をもって育て伸ばすことで、結果としての「合格力」を伸ばすと同時に、教育の真の使命を通じて、地域の未来に貢献します。

 誉田進学塾グループにご期待ください。